新情報−その1 ウツにはカブラ

| コメント(4)

連休中の体験に基づくリポートです。

ウツにはカブラの古漬け

前々から小松菜・大根葉・カブラなどを塩漬けにし、十二分に発酵させた古漬けによって気分の落ち込みを救われていたのですが、今年の連休の間はカブラだけを漬けたものを大量に食べました。


その結果、今までにも増してものすごい「やる気」が湧いて、今まで「今度やろう、明日やろう」と延ばし延ばしにしていた家事をたくさん片付けることが出来ました。それも全然イヤじゃなく。かといって「喜々として」と言ったらウソになるかも知れませんが、まあ、平常心で粛々とこなすことが出来た、というところでしょうか。
それと今までは一つ片付けたらヤレヤレで、それ以上のことは考える余力など残ってなかったのに、今回は「そう言えば次はこれもだな」という風にえらく前向きな姿勢で取り組むことが出来たのが画期的でした。
対人関係でも精神的重荷だった人との関係を非常にうまく処理できる方策を見つけることができました。気持ちに余裕が出来て、人を思いやる気持ち(色々事情があって薄れかけていました)がよみがえったようです。

胃腸の細胞は2、3日、特に腸の内壁の細胞は1日で全部新しく生まれ変わっているそうです。そんな特異な器官ですから、肉体作りだけでなく「向精神作用」まで持っていること、つまり精神状態まで司っていることは十分納得できる感じです。ウツというと心、心というと「脳」の問題と思っていましたが、実は腸が解決してくれることだったとは本当に意外です。カブラの古漬けさえあれば、これからの人生、随分明るく生きていけると思います。
この効果、私だけでしょうか?どなたか、気の滅入る時、お試し頂けませんか?

コメント(4)

ウツにはカブラ・・・なんのこと?!と思いましたが・・・。
最近、ウツっぽいのです。前向きになれない!
読ませていただいて納得しました♪
試してみたいですが、タクアンとハクサイしかありません。
来年(先は長いですね)、沢山お漬物にして試してみます。

えっ、ippoさんがウツっぽい?そんなこともあるのでしょうか。仕事のし過ぎではないですか。私はしなさ過ぎですが。
カブラ、このあたりではまだ売ってます。それも結構安いです。どこか農家で、まだ畑に生えているかも。要は微生物ですから小松菜や大根菜でも十分効果はありますよ。ただカブラはダントツですごい効き目でした。カブラ自体の栄養素に関係しているのかも知れません。今年の冬は私も自分で種を蒔こうと思います。

おはようございます。
悩みがあるんです(笑)

今のカブラって大きくって硬い部分があるでしょう。
最近見かけないようになったような・・・道の駅に行ってみよう。
古漬けでなければダメなんでしょう。

カブラの三杯漬けが好きでこればっかり(長く保存できるでしょ)、阿保の一つ覚え(笑)

余談ですが・・・
母が蒔いてる畑を見ると、競い合ってカブを大きくさせようと細い一本の根っこだけで大きく円く成長してます。重なり合ってる所もあります(種の蒔き方の問題ですが・・・)
この成長ぶりからみても力強くい気合が伺えます。

ippoさん
悩みは野草や蝶々たちに和らげてもらって下さい。私は猫が忘れさせてくれます。
少々硬くなったのでも、漬け物になったあと細かく刻めば苦になりませんよ。正真正銘の立派な繊維ですしね。私は薹が立って花が咲いているような茎まで漬けますが、意外に柔らかくなります。三杯酢、私も大好きで毎年暮れにはいっぱい作りました、が、ただ今少し食べ飽きた状態。
カブラ、玉の殆どが土より上に出てしまっても一本の細い根の先がちょっと土を被っているだけで元気に生きていますよね。それを犬が蹴散らしてカラカラになったものも漬けてみましたが、これもおいしく漬かりました。もう何でもありの私ですから参考にならないかも。

コメントする

このブログ記事について

このページは、mojuniが2006年5月 9日 14:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「壁紙1枚UPしてます」です。

次のブログ記事は「新情報−その2 キズにニンニク煮汁」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261