新情報−その2 キズにニンニク煮汁

| コメント(7)

5/6に「よっしーさん」からコメントで次のような情報を頂きました。
----------------------------------------------
そういえば、裂傷や擦り傷によく効くという、人間用のハーブバスもあります。
作り方は、皮付きのにんにく数かけにフォークで穴をあけて、ナズナ、ツルコケモモ、コンフリーをそれぞれひとつかみ、大きな鍋に水をいれて30〜40分煮詰めます。冷めたらにんにくを取り出して汁を絞ります。
これを漉したものを少量お湯に入れてつかると、傷口の治りが良くなるそうですよ。
-----------------------------------------------
で、これを早速試してみました。

ツルコケモモというのは見たことも聞いたこともなく調べたみたら「クランベリー」(これなら聞いたことあります)のことだそうですが、どっちにしても入手不能なので今回は使えませんでした。
幸い我が家にはコンフリーが植えてあり、草取りしないままの庭にはぺんぺん草が生えているのをチラッと見て知っていました♪
材料も水も分量はアバウトですが、鍋で煮詰めて煮汁を瓶に取り冷蔵しました。うっすらニンニクの匂いはしますが全然気になることはありません。

早速自分の手と足のキズに塗って人体実験。塗った直後の乾燥は全然しみないし、何となく気持ちいいです。
バンドエイドを貼って一晩おいて明くる朝、起きてすぐ足のキズのバンドエイドを剥いでみると、おお、優秀!傷口はきれいにくっついて腫れもなく痛みもありません。猫のひっかきキズで、出来てすぐに手当したものですから、ひょっとして他の薬やMITCHI OILでも同様だったかも知れないとも思いました。が、とにかく少なくとも悪化はしていないし、良くなっていることを確認。手のキズの方も痛みがとれて、いい方向に向かっていました。

ただ問題が1つ。
ネギ、タマネギ、ニンニクなどは犬猫に与えてはいけない食べ物です。何でも血液を溶かすとか。
これを猫のキズに塗って、そこから血が溶けていったらどうしよう、という不安があります。食べるのと塗布するのとは全然違うでしょうが、塗っても安全という情報はどこにもありません。

でも自分自身に数回使用して、確かにキズにいいということを確認後、ついに意を決してうちの子に実験台になってもらいました。茶の介のように大きく深いキズではなく、小さいキズなので万一の場合でも何とかMITCHI OILで回復できるかと。

結果、心配した血液の溶解は起こらず、キズの状態も好転していることを確認。茶の介にも使って見ました。ニンニク煮汁を倍くらいに薄めて、そこに生理食塩水程度の塩を入れたものを風呂上がりに脱脂綿でピチャピチャ塗りました。最初、塩を入れるのを思いつかなかった時はしみるのか、鳴き声を上げて怒りましたが、2度目から塩入りにすると殆ど平気になりました。

その結果、今までと全然違う現象が見られました。
MITCHI OILの場合、エリザベスカラーをしている茶の介は舐め取ることが出来ないので、周りの毛皮は濡れたようになるし、余分なオイルがキズ口の周囲に浸出液やら何やらと一緒にカサブタ様になって固まり、見た目非常に醜く汚い外観を呈していました。このような痂皮が出来ることは治癒を遅らせるとのことで良くありません。
ニンニク煮汁だと、不思議に浸出液が全くありません。キズは湯上がりの時と同じ、膿も血もリンパ液も付着してないきれいな状態のままです。肝心の治り具合ですが、目に見えてということはありませんが、一見色も自然で辺縁部の状態も良好なようです。毛もちゃんと育っています。

この2日間、ニンニク煮汁オンリーで手当しています。塗った後、ラップで覆って乾燥を防いでいます。こうすると数時間経過後、少し浸出液がありますが、全体的にはきれいな状態です。肉芽の盛り上がりも順調です。特に悪化の兆しがなければMITCHI OILからニンニク煮汁に切り替えて治療してみます。

長々とお読み頂いてありがとうございました。

コメント(7)

なんと!!!
散歩道さん、早速結果を教えていただいてありがとうございます。
『入浴剤』としてしか考えていなかったので(ちなみに、一鍋分でお風呂2回分)、直接塗るというのは思いつきませんでした。またまた目からうろこです。
しかも、そんなに効きましたか!

猫の皮膚にも今のところ害はないとなると、これはうれしい発見ですね。ラップすれば舐めないし。茶の介君の傷がよくなったら、長年のミッチーの傷にも期待できるかもしれませんね。

切り傷や擦り傷が出来た時、少量作れば立派な家庭薬として活躍してくれそう。私も早速試してみたいです。
どうもありがとうございます!

こんばんは。
いろんな手当てがあるのですね。
早速試してみるのが散歩道さんのいいところ。
茶の介ちゃん、幸せ〜♪
ニンニク煮汁で全快すればいいのにね。
結果が楽しみです〜。

ツルコケモモ、コンフリー、未見です。
散歩道さんちにあるのね。コンフリーはハーブだとか・・。(知らなかった)
根が出血の治療に用いるとありましたので、傷にはいいのですね。
一部に弱い毒性が・・・とありましたよ。

よっしーさん
いつも有意義な情報、ありがとうございます。最初は「ニンニクはNG」と決めてかかっていたのですが、溺れる者はなんとやらで、とにかくダメもとでやってみようと思ったのです。
MITCHI OILは毛がべとべとに汚れるのが玉に瑕でしたが、ニンニク汁なら何の跡形も残しませんから扱い易いです。
浸出液がないということ自体、いいことか悪いことかは一概に言えないと思うのですが、ニンニクの殺菌効果か、化膿が一遍で消えたのにはびっくりしました。本当にこれで治ってくれるといいんですが。

ippoさん
さすが、植物にお詳しいippoさん。弱い毒性?気になりますね。
コンフリー、天ぷらにするとおいしいと言って人から頂いたもので、もう10年くらい生えているんじゃないかと思います。紫色のきれいな花が咲きますよ。確かにおいしいですが油をいっぱい吸うのであまりたくさんは食べられません。葉っぱの表面に毛がもしゃもしゃしているのですが、天ぷらにして口の中に入ると気になりません。
ナズナの方も止血作用があると書いてありました。それも内臓出血に効くとか。しかし毛細血管を収縮させるとか、そういう作用ならキズの治りにはイマイチだし?何もかも手探りです。

散歩道さんへ

新しいブログ、今日アップしました。DION歴長かったもんで新しいプロバイダーになれるまで大変っす。HPは少し手直ししたいので、もう少し待ってね♪
 
それから今回から私もHNで通そうかと思います。新ブログではプロフィールの画像に散歩道さんが描いてくれたイラストをアップさせて貰ってます。んでHNですが「vaco」。いっつも家では「vacoちゃん」と呼ばれてます(^ー^)ノなのでこれからは「vacoちゃん」で宜しくです。

それとあと少ししたら「vaco*shop」と言うネットショップでもあろ〜かなぁ〜?とか思案中ですぅ(^。^;) でもまだ頭の中にあるだけなんで実現しないかも〜。つ〜事でブログ引越しのご案内でした!

すんません、誤字が・・・

ネットショップでもやろ〜かなぁ〜?です。

vacoさん
今トロピカルムード満点のお部屋へおじゃましてきました。心地いい空間、あー、うちもあんなふうにしたい〜。ハイジ君、クララちゃんも大満足でしょうね。新緑の季節にスタートした新生活、これから末永くお幸せに。
「vaco*shop」ですか。オリジナルデザインのオートクチュール?それともお菓子かな?両方でも全然OKですね。頑張って実現して下さい〜。
これからもどうぞ宜しくお願いしまーす。

コメントする

このブログ記事について

このページは、mojuniが2006年5月 9日 15:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新情報−その1 ウツにはカブラ」です。

次のブログ記事は「ニンニク煮汁のその後」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261