2006年12月アーカイブ

千匹猫まであと541

いよいよ大晦日の朝を迎えようとしています。
昨日大掃除する予定が布団を干しただけでストップ。
ピーナッツ効果で眠くならないので、またまた猫一匹描いて夜更かししてしまいました。

人間の皆様も猫の皆様も、よいお年をお迎え下さい。

ピーナッツの力

| コメント(0)

最近何度か経験した不思議な効果、夕べも試してみたらバッチリだったので本物のようです。
それはピーナッツ。落花生でも南京豆でも、つまり皮付きでも何でもOKですが、それを夜、寝る前に食べて寝ると朝の調子がすこぶるグーです。眠気もなくスパッと起きられます。何だか関節の動きまでなめらかな感じ。

安いピーナッツが大量に売られていたのを試しに一つ買って、そしたらとっても新鮮だし美味しかったので次にまた大量購入。夜中お腹が空いたらポリポリ食べてます。脂肪も気になりますが、ピーナッツは確かに健康食品だと自分で確認しました。
安いと言えば昨日たまたま寄った生協で天津甘栗が激安で売られていました。29日一日限定で。スイカとクリには目がない私、早速また大量購入。自分の美容のため半分はプレゼントにします。
今日は寒いけどうれしい晴天、さて、これから布団干して大掃除だ〜。

千匹猫まであと542

寒くて寒くて眠れないので一枚猫絵描きました。描いてる時は寒さは完璧に忘れてます。
スケートをしているトッピー王子にしたかったのですが、スケート靴をネット検索するのが面倒だったので(喝!)

年末寒波到来

| コメント(0)

お正月はうんと寒い方が気が引き締まっていいですね。子供の頃、朝起きて雪が積もっているお正月が大好きでした。火鉢でお餅を焼いて砂糖醤油をつけて年の数よりたくさん食べたっけ。ちゃんちゃんこなんか着ちゃってさ〜。
それが今では「門松は冥土の旅の一里塚」という心境に近くなったりして、ああ、過ぎ去ったン十年、一体何をして来たんだろうと反省しきり。
人生は短く、成し遂げられることはホントに少ないです。かといって昔にもどってやり直すなんてまっぴら、来世にまた生まれ変わるのも願い下げです。

今夜は友人の年賀状作成を手伝いに出張サービスしてました。毎年私のイラストを使ってくれるということはファンでしょうか。

千匹猫まであと543

窓ガラスをガタガタ言わせて口笛のような真冬の突風が吹き荒れる一日でした。大掃除もせんと、猫絵をせっせと描いています。トッピー王子です。

注連飾りや鏡餅は買い込みました。早めに買わないと安いものが売り切れてしまうので。(せ、せこ)
車の飾りは去年のように手作りにするつもりです。

千匹猫まであと546


深夜ふと時間が空いたので、やっぱりまた猫を描きました。トッピー王子です。

千匹猫まであと547

年賀状書き終えたら明日から形だけでも大掃除などやらないと。ゆっくりできるのは今夜までかな、と思いチョコチョコッと描きました。とか何とか言って明日も描いてたりして。
ありそうでなかったハマ吉招き猫も登場。

年賀状年内投函禁止令の制定を〜。
胃痛までして昨日からやっと取りかかった年賀状印刷、たった今めでたく完了!と言いたいけどハガキが一枚足りなくなってこれから買いに行かねば。余裕をもって買ったのに足りなくなったの原因はプリンタと私、どっちにあるか……私の方に90%くらいありますね。

先日インクが残量僅かとなっていたので、壁紙など作って遊んでいたのですが、インクも買ったし、もう先延ばしする理由も切れてしまったので観念して印刷開始しました。この期に及んでも上下の余白などの微調整で結構手間取ります。印刷に関してはうるさい環境に身をおいたせいで、字と字の間隔など少しでもひっかかるとどんなに時間がかかっても手直ししないといられないのです。そんなことより部屋のゴミの方を気にするべきなのにっ。

プリンタ、HPの色が気に入っているのでずっとHPなのですが、今の機種はフチ無しが3辺しかできないのです。そのため下が切れたりしてレイアウトにすっごく手間取ります。早く全面フチ無しプリントができるプリンタ欲しいです。
ホントはプロ使用のプリンタ欲しいけど、そんなこと言ってたら破産です。きっとどこかの誰かさんが私のイラストを私よりきれいな画質でプリントしてるんだろうな〜と想像して指をくわえてます。

生ブリプラスの結果

| コメント(2)

ふむ、グーです。うすーく上皮化している部分が今までより長く伸びているようです。
心配だったのは生ものなので腐敗の関係でキズに良くない現象が起きないかということ。多少なりともその予防策になるかなと思ってMITCHI OILで練ったのです。
包帯替えの時、念のためブリ入りでないMITCHI OILをつけた脱脂綿でキズ全体をそっと拭き、その後また「MITCHI OIL練り生ブリ膏薬」を薄く塗ったラップで処置しました。ラップって何?という方はこちらを参照下さい。
練ったものが余ったら酸化を防ぐため冷凍保存して、処置の直前に出してきて溶かして使います。ブリの肉も冷凍してあるので当分大丈夫。
茶の介のキズにも塗ってみました。茶の介はすぐ舐めてしまいますが、まあ体にもいいだろうし。

これはひょっとしたら革命的な出来事かも。

ブリの油を加味したMITCHI OIL、効き目は目に見えてすごいです。で、ブリのアラを見かけるたびに少々高くても買ってしまいます。今日はついに生のブリの身を傷薬に、という非常識な実験をしました。

我が家のシェフがブリ大根を作るというので、私は「ブリ南京にしてよ」と言ったのですが、そんな得体の知れない新作料理コケンにかかわると思ってるのか、どうしてもブリ大根にすると言う。このブリ大根、人によってはまったく別物を食べているのでは、ということをシェフの作ったものを食べて初めて悟りました。見た目も味も私の作るものと似ても似つかないのです。こればっかりは自分の作るものの方が好き。少し生臭いけどブリの油がたっぷり摂取できるし薄味なので塩分をあまり気にせずいっぱい食べられるから。

シェフは湯通しして臭みを抜くので肝心のDHCだかEPAだかの豊富な油が大部分流れ出てしまいます。
「ミッチーに塗るから湯通ししたお湯の油捨てないでね」と言うと「いっそ生の身を塗ってみたら?」
この案、私も考えつかない訳ではなかったのですが、生のブリの身を傷口にぃ……というのは少し勇気がいるので最後の手段にとっておいたのです。が、効果は生の方が優れているのではないか、という気はしますから、この際試してみました。
ブリの身の油の多そうなところと血合いのところを少量をつぶしたものとほんの少しのMITCHI OIL カレンデュラプラスとを混ぜてペースト状にし、それを塗りました。ミッチーは平気な顔をしていたので安心しました。結果報告は明朝。昼頃かな。

壁紙別バージョンを描きました。ついでに千匹猫にもカウント。ちょっと強引に上半身しかない子もカウントしちゃいました。
千匹猫まであと550

お正月用壁紙「ハマ吉と弟たち」、副題は「猫は必ずダイダイを落とす」。なんか映画みたい。
ダウンロードはこちらのサイト→loftworkからお願い致します。
一番下にあります。

千匹猫まであと553

もう〜、年賀状の方いつになったら手を付けるのか。
ハマ吉の新年ご挨拶図です。デスクトップ壁紙にもいかがでしょう。ダウンロードはこちらのサイト→loftworkからお願い致します。
一番下にあります。

MITCHI OIL ブリプラス

| コメント(2)

夜、包帯替えをした時の感じでは……うーん、いい感じでした。暫く続けてみます。つまり、今使っているMITCHI OILはカレンデュラとブリが加味されているというわけです。
どうやってブリの油を採取したかといえば、油の多そうな白っぽいところを、器に入れて湯煎にしました。油と水の混じったものが溜まります。目の超細かい網で細かい肉のかけらなどを濾し取ると、網に油がいっぱいくっついて来ますからその裏側から油分を回収しました。もっといい方法がないものかと思いますが。

MITCHI OILと混ぜてもそれほど外見は変わりません。キズに塗ってもいつもと変わりない様子なので特にしみるとかいうこともないようです。

-----------------------------------
今夜(20日)の状況はさらにいいです。新しい表皮がぐんと伸びてきていました。
今日もまたブリのアラを買いました。今年の暮れはブリが安くて助かります。

手術から丸一週間預かった猫は今日無事に飼い主に引き取られていきました。キズも順調に回復しましたし、トイレもきれいに使ってくれたのでほとんど手はかかりませんでした。最後の日の今日、今までで一番たくさんご飯を食べて大もしていました。発砲スチロールの暖かい箱も一緒に持って帰るよう強く勧めた(強要した)ので、帰ってからも暖かく過ごせることでしょう。

さて、いつも白髪やら関節痛などで人間が恩恵にあずかっているブリのアラ、今回また閃いて油をMITCHI OILに混ぜて今朝ミッチーのキズに塗って見ました。効果のほどは夜の包帯替えの時に分かります。

千匹猫まであと、554

またまたミッチーの肖像です。
ケータイ待ち受け画面のイラストから作りました。
こんなことしてる場合じゃないんですが、毎年暮れの押し詰まった時期にヒマそうなことしている私。

ケータイの画面の中に住んでいてフタを開けると目が合う猫の壁紙5枚、UPしています。
ダウンロードはこちらのサイト→loftworkからお願い致します。
一番下にあります。

2年ほど前に作ったものですが、今見直すとやっぱり可愛いので公開しました。年賀状も作らんとこんなことやって……

千匹猫まであと、555

ミッチーの肖像です。

預かっている猫、5日目の昨日、やっと大をしました。食べる量が普通の量になったらとたんに出るものが出たんですね。ひょっとすると一昨日の夜にしていたのかも知れませんが、トイレに枯れ草を使っているため狭い締め切った風呂場にもかかわらず匂いはまったくなし、覗き込んで初めて発見した次第です。
昨日の昼間だっこすると初めてゴロゴロ言いました(^^)

茶の介近況 06/12/15

| コメント(2)

冬の長雨と年末多忙のせいで、茶の介は2、3日散歩なしでした。でも雨の日は猫たちは寝て過ごすものですから、割に静かです。
ところが、猫のためにご飯を炊いてやる時間がなく、暫く以前のように缶詰をストレートでお出しすることが続いたためか、キズがまた少し悪化の兆し。
今日慌ててまた玄米、カボチャなどを混ぜたご飯に戻しました。

預かっている野良猫はだんだん風呂場の環境に慣れて来たのか、昨日今日とドライフードを口にするようになり、量も少しずつ増えて来ました。フーッとかシャーッとか全然言わないおとなしい子で、昨日意を決してお腹のキズの確認をしました。そーっと脇の下に手を入れ、寝床の箱から抱え出したところ、怯えているけどじっとしてお腹を見せてくれました。
今まで飼い猫の時は4、5cmほどの切開でしたが、今回は野良ということで2cmほどの小さい切開にしてくれていました。抜糸の必要ない糸で縫い、その上に接着剤をぬってるとのことで、縫い目は全く見えません。赤身も全くなく順調に治っています。やはりすぐ外に放さなくてよかったです。冷たい雨続きだったし。

自家用はこれでいこうと思います。もうこれでイノシシとは12年間おさらばできます♪
ダウンロードはこちらのサイト→loftworkからお願い致します。
一番下にあります。

ふと気づくと来年の今頃はネズミ年の賀状!!千載一遇の猫の出番じゃあ〜りませんか〜。今から作っちゃいますか?

さらにふと気づくと、次のイノシシ年が回って来る頃、果たして自分が健康でパソコンに向かっていられるのかどうか……いや、パソコンがあるのかどうか……いやいや地球が……人類が……

手術を終えて夕方に迎えに行く前にこの猫の客室を設営せねば……という訳で風呂場の大掃除(する気は全然なかったのに)。傷口がくっつくまでご逗留の予定。野良猫だから家の中に入れただけでも暖かく感じるだろうし、依頼者宅に帰ればまた野良生活に戻されるとのことなので、暖房器具は使わず、そのかわり発砲スチロールの箱と段ボール箱、それにウールのセーターなどを使って暖かい寝床を作ってやりました。

麻酔が完全に覚めてないせいもあってか、猫はとてもおとなしく、抱いて近づけると自分でその箱の中に潜り込みました。
その後夜何度か覗きにいったのですが、箱の中は体温でポカポカになっています。この寝床はお土産にお持ち帰りさせてやろうと思います。外側をさらにビニール袋で覆って軒下にでも置いておくように私から注文つければきっとそうしてもらえるでしょう。

何と申しましょうか

| コメント(0)

年末いよいよ押し詰まって来ている時期、行きがかり上、♀の野良猫の不妊手術の面倒を見ることに。
抜糸できないので(あばれるから)その必要のない糸で縫うことになったのですが、すぐに外に放つのは心配なので最低一週間〜10日くらい室内で保護してやったほうがいい、とのことで我が家の使ってない風呂場を提供することになりました。これから床に毛布を敷くなど、受け入れ準備をしなくては。

友人宅に野良猫が住み着き、エサをやっているうちに子供が増え、親子でさらに繁殖するようになったというので、前々から手術を勧めていたのですが、ついに出費の腹をくくったのです。今残っているのはこの♀1匹だけになったとかで、この子を手術すれば心おきなく大事に飼ってもらえるでしょう。猫助け、猫助け。
それにしても今まで何匹も生まれて、交通事故などで死んでいった仔猫たちが不憫です。祝福もされず生まれ、小さい時はまあ可愛いからと無責任なエサを細々ともらい、姿が見えなくなったと言ってはほっとされる存在だった子たち。

前にUPした自分で納得いくイノシシの絵、家族Aに不評だったので別なものを描きました。ダウンロードはこちらのサイト→loftworkからお願い致します。
一番下にあります。

また怖い夢

| コメント(2)

昨日の朝、目が覚める直前にガンを宣告された夢を見ました。精密検査で組織片を何やら遠心分離器のような器械にかけて、それから取り出した試験管の中の液体の色が私の目の前で黒く変化した瞬間、検査技師さんが「ああ……」とうなり、私が「ガンですかっ」と訊ねるところで目が覚めました。ああー、いやな夢。

思えば今年の初夢は「竜巻」の夢でした。洗面所の窓の外に、こちらに向かって来る3本ほどの竜巻の柱を目撃して、逃げるべきか留まるべきかの即決を迫られてへたりこんでいる夢。

このところ夢らしい夢を余り見なくなっていたのですが、やけにリアルな夢で正夢にならないといいけど。万万が一正夢になったら、とにかくミッチーと茶の介のキズを治してやることと千匹猫を完成させること、この2つが命題ですね。

千匹猫まであと、556

年賀状作成してると思わせて、またハマちゃんの肖像一枚。元画像はベクトルソフトで描きました。

年末モード突入

| コメント(0)

まるでブラックホールに引きずり込まれるように意に反してぐんぐん吸い込まれて行く年の暮れ。やですね〜、意味もなくあわただしい季節なんて。いや、新しい年を身辺を清めて迎えるんだから重大な意味がある、と言われればごもっともなんですが、もう何年も前から新年に改まることをやめた私、運気が逃げようが貧乏神が入ってこようが、大掃除なんかより1匹の猫絵を増やす方が大事。もはや完全に変人の域に達してしまいました。
それでも家族は至って正常な人々で、彼らが忙しくするので私もしぶしぶ手伝わなくては。というわけで買い物や掃除にてんてこまいの2日間でした。これからもっと忙しくなるのだな〜、と思うと気が滅入ります。とはいえ一緒に正月を過ごす家族がいるということはこの世で最も幸せなことなのでしょうね。やがて一人きりになる時がくるのかも知れないのですから。そう考えれば大掃除だってがんばれる?

今日茶の介の散歩の時、またまた語学ネタを思いつきました。

日本の猫は「ニャーン」「ニャーオ」と鳴きますよね。外国の場合、と言っても英語とシナ・タイ語族の2、3の言語だけしか知りませんが、大体語頭にはmが来て「ミウ」「ミャオ」「ミー」「メーウ」と鳴きます。
で、それがどうした、というと、猫の声の表記なら、両唇音のmよりも舌と口蓋で出すnの音の方が正しいのでは、つまり日本人の音感の方が優れているのでは、と前々から思っていました。「わがえや」(自分の方が全て優れていると思っていること、またはその人、大阪弁?)ですね。

でもミッチーの声は時々「マオーン」というふうに聞こえたりしますから、猫にも各国語があるのかも知れません。

で、「ニャーン、ニャオニャオ」というと中国語で「娘、尿尿」。(「娘(niang)」とはお母さんのこと。)

こう考えてはやはり昨日と同じように笑ってしまいました。道行く車の中から見ている人たちにはこれで決定的に何かの烙印を押されてしまったかも。

茶の介のキズは喩えようもなくスローテンポではありますが、良くなる方向に向かっています。
が、舌にできていた潰瘍はまだあるようです。1日1回ミッチーオイルを垂らしているのですが(これは潰瘍の治療と万一他の猫を咬んだ事態に備えウイルスの力を弱めておけるのではないかとの期待からです)、先日2回目に見えた時、最初に見た時よりやや小さくなり色も目立たなくなっていたように思います。めったに見ることが出来ないので今現在の状態は不明です。

今日は久々に暖かい日差しの中、茶の介の散歩をさせていて、ふっと気がついたのです。言語学の不思議。
私の記憶が正しければ「食べる」のことを「ボーリポーク」と、多分サンスクリットかパーリ語で言うのですが、これはまさに「ボリボリ・パクパク」ではありませんか。
古代インド語と日本語の同源説は一昔前よく聞きましたが、これも一つの例かな〜と一人でニヤニヤ笑いながら空き地で猫にヒモをつけて散歩させてる変な人でした。

千匹猫まであと、557

実物に近い、凛々しいハマ吉です。その実ハマ吉この頃ミッチーにいじめられて私の車の中で寝起きしています。

やっとこさ今日納得のいく一枚が描けました。
イノシシなんてね〜、気乗りしなくて随分苦労しました。(イノシシ年の皆様、ごめんなさい。)
壁紙と同じダウンロードサイトで配布していますので宜しければお使い下さい。→loftwork一番下にあります。

トッピー王子

| コメント(4)

ガリガリだったトピオもようやく体に丸みが出て来ました。もうすごく元気、他の猫たちを追いかけて飛びつき、首根っこを両腕で締め上げて耳や頭に噛みついています。
それにしてもずば抜けて端正でかわいい顔立ち(親ばか丸出しですが)、この頃呼び名も「トッピー王子」と改名。

すこしぼけてますが目線が何とも〜。

今年の締めくくりの大ヒット作、「ブリ南京」を開発しました。

今度の白髪実験はブリをやめて「たまちゅー」オンリーで臨む、と決めたのですが、今日美味しそうなブリのアラがあったのでついつい買ってしまいました。一番肉がいっぱいの血合いのところはハマ吉たちのお刺身に。残りは猫人共用で煮付けにしました。
前回ブリ大根にしたのですが、何だかブリの旨味が大根に吸い取られてしまってブリだかサバだか分からない味になってしまったので、今回は大根は入れないでおこうと、白だしとみりんで味付けしました。魚煮るのに出汁なんて、と思われるでしょうが生臭が苦手な私。我が家のシェフならめんどくさがらずちゃんと臭み抜きをするのでしょうが、猫にもやる目的ですから栄養を逃がしたくないこともあって生から煮込みました。お酒をケチったのでやっぱり少し生臭い。
コンロの隣では折しもカボチャを煮ていて、煮汁がかなり多過ぎたので、ものは試しと余分な汁をブリのナベの方に入れてみました。すると、何と!ブリの味がグンと引き立ち、生臭みも殆ど消えました。スゴイ!
カボチャの味付けはやはり白だしと砂糖。最初少し多めの油で炒め煮にしたので、やや香ばしさがUPしてるかも知れません。ブリ大根のように水からカボチャを入れたらどうなるかは未知数です。
とにかく、これからブリのアラはブリ南京!!

このアーカイブについて

このページには、2006年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年11月です。

次のアーカイブは2007年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261