2007年1月アーカイブ

ストレス最高値

| コメント(0)

精神的な疲れは1日遅れでこたえますね。
親戚が一人来て、家族全員で3日間温泉を泊まり歩いたのですが、頭がもとのペースに戻るのに苦労しています。
平素から色々事情があって極限状態でかろうじて持ちこたえていた精神バランスが乱されるとダメージ大きいです。いやー、自殺する人の心境が少し理解できるほど。

人はどういう風にして「きれる」のか、自分がそうなりかけて初めて気づいたのですが、「きれる」のは攻撃ではなく「自衛」の行動なのでは、と思います。今の子供たち(ばかりではありませんが)を取り巻く環境はあまりにも無理解に満ちていて、心が常にトゲにつつかれている状態にあるのでは。例えば「しっかり勉強していい点とりなさい」と言いつつ「夜更かししないで早く寝なさい」と言う。勉強することと早寝することは相反するのに、この2つの指令を同時に発すると子供の頭の回路がショートしてしまう。勿論親心としてはどちらも本音だし、子供のためを思ってのことなのでしょう。子供としても親の言うことを全部聞かねば、という気持ちがあるからこそ、その矛盾をどう処理していいか分からなくなる。
相反することの同時処理以外でも、例えば既に能力の限界ぎりぎりになっているにもかかわらず、次から次へと要求を出されるとか、イヤでイヤでたまらないのに顔にも態度にも出せずにまいっていることに気づいてもらえず無遠慮な対応をされ続けるとか。
適当にわがままな人間ならうまく立ち回れるのでしょうが、まじめな人間はこの相反の狭間ににっちもさっちも動きがとれなくなるのですよね。そしてどうしたらいいのか判断しかねた脳がパニックに陥り、全ての選択肢に対して猛烈な拒絶を表す……こういう理由で「きれる」ケースも少なくないのではないか、と思います。

子供の時から「情緒の安定」には定評があった私ですが、この頃自分の精神の崩壊をちょっと真剣に危惧するようになりました。
なんでこんなに暗いこと書いているんだろう、と思ったら、いつも隣にあるお絵かき用のパソコンを温泉から帰ってまだ起動していない。もう連続6日も絵筆を握ってない。あー、猫絵を描いていることで救われているんだなー、とつくづく感じます。

初代「ハマ吉T」

| コメント(0)

温泉ボケでネットもイマイチ調子が戻りません。体の健康とハングリー精神は相反するという定説があるのかないのか。
予告なしにT-selectの「猫柄Tシャツ週間」が始まっていました。最初の生産化作品となった「Today's menu」がお蔭さまで、やはりいい線行ってます。
元祖「ハマ吉Tシャツ」も掲載されていて今日初めて気づいてびっくりしたんですが、最初の頃のハマ吉の鼻、トレードマークの大文字(だいもんじ)じゃなかったんです。いきあたりばったりキャラクター。

言われたら言い返すのはあまりにも「品格」に欠けるので、これはお得意の顰蹙漫才ですが、「機械」発言をした大臣の側は、その論理で言えば「部品」じゃないの?ひょっとして工場主かオペレータのつもりならド厚かましい。こういう規格はずれの不良部品が多すぎるからマシン本体も潤滑に動かないんですよ。

金儲けだけを至上の価値と見なし、子供を産もうとしている女性、産んだ女性を何十年にもわたって差別・冷遇・あまつさえ蔑視してきた国・社会のあり方が、今やっとその結果の重大さに直面しているというのに、いまだにこの発言が出る。「女性が子供を産みたくない国」となり滅亡した史上初の事例として歴史に残るかもね。

来客で……

| コメント(0)

接待にてんてこまいで描きかけの絵も暫くお預けです。猫たちもバタバタする私たちを落ち着かない顔で見上げています。
一晩留守にするので、トッピー王子に猫用出入り口の特訓をしました。その場所の内側から外へお尻を押して出してみたり、外に座らせておいて自分が猛スピードで中へ回り、内から呼んで入らせてみたり。「今日中に覚えてね」と言いながら。さすが賢いトッピー王子、すぐに覚えてくれて、今では専らそこから出入りしています。

脱ズボラー宣言?

| コメント(2)

一昨日、昨日、今日と冬晴れが続き、今日はまた格別に日差しが強いので猫の寝床に敷いている座布団やセーター類を全部日に干しました。ボロばっかり、壮観です。通りすがりの人々の顰蹙を買っていることでしょう。夕べ深夜に天気予報になかった突然の大雨が降ったので人間用の布団は干したい気持ちを押さえました。
で、3日連続で掃除・皿洗いを敢行し、部屋の掃除機がけもやったし、珍しくすがすがしい気持ちで机に向かっています。この分だと「脱ズボラー宣言」までこぎ着けるのか??まあ、あんまり大口はたたかないことにしておきます。
やっぱり暖冬で早くから春めいたことが「家事やる気」を起こさせたのかも。永久凍土も溶け出すくらいだからたかだか30年くらい眠っていただけ(学生時代くらいまでは自他共に認めるはりきり人間だったのです!!)の私のやる気には効果大だったかも知れません。
それ以外だと、ひょっとして今年のお正月以来マイブームになっているお餅!お餅はホントにズボラーに優しい食べ物で、オーブントースターを新調して結構頻繁に食べてます。主食として。(あ、夜中にお腹空いても食べてます……夜中に食べると確かに脂肪の付き方が半端じゃないですよ。)お餅のねばりが性格を変えてくれてるのかも。

暖房のない吹きっさらしの部屋に暮らしているのでどうしても恐ろしく厚着しています。下着も中着も上着もそれぞれ二枚ずつくらい身につけているとご想像下さい。

ところがスパッツ類を重ね着すると一枚ずつはゆるいゴムでも毛利家の教えのごとくじわーっとウエストを締め付けて、いかにも体に良くなさそう。そこで最近思い切って一枚減らしたんです。お腹周りがゆるゆるで体が軽くなった気分。
で、その代わりというかレッグウォーマーを二枚重ねにしました。今まで夜中にパソコンしていると足先がしんしんと冷えていたのですが、この服装改革のあと体全体も寒さを感じないし、特に足先がポカポカなんです。
時には使い捨てカイロを足三里などに貼り付けることもあったんですが、たった\300くらいのレッグウォーマー二枚でこんなに暖かくなるなんて幸せ。ポイントはくるぶしをしっかり深々と覆うことです。プードルの足のトリミング、ちゃんと意味あるんですね。
それにしても昔は足先が冷えるなんて理解できなかったんですが、年をとったんでしょうか。

今問題になっている納豆ですが、今日猫の麦ご飯に缶詰と一緒に1パック混ぜて与えてみました。7匹分です。
トッピー王子、茶の介は喜んで食べました。口内炎姉さんも食べていたので「よかった」と思いましたが、あとで見たらその場に吐いていました...悪いことしたみたい。でも体にいいと思うんですが。

トッピー王子、顔を手直ししました。
千匹猫まであと520

新しいものと今までのイラストと写真を組み合わせて安直にトッピー王子の王国を描きました。
ダウンロードはこちらのサイト→loftworkからお願い致します。
一番下にあります。

自衛策?

| コメント(0)

どの程度有効か、はたまた全くの気休めか。今朝のニュース番組でも新たに警鐘が鳴らされていたので、今日から始めることにしたmy自衛策。鳥インフルエンザに、です。
起床時と就寝前、そして出来れば外出前にMITCHI OILを綿棒に浸して鼻の穴にぬり、スプーン一杯くらいを口に含む、を実行することにしました。有効性は身を以て実験するしかありません。
板藍根も追加注文しておきました。

トッピー王子です。超可愛いですよ。
千匹猫まであと521

壁紙ダウンロードはこちらのサイト→loftworkからお願い致します。
一番下にあります。

春とはいえ、何か寂しい絵になりました。

久々のバカネタ。
大きい猫たちは自由に出入りできるようにしているのですが、その出入り口、トッピー王子はまだ知らないようです。日中は日差しがいいと玄関開け放して自由に遊ばせるのですが、少し長い外出の時は中に入れておきます。外から呼び込んで、暖かい場所で背中をなでて座らせ、「ここにおり、ね」と言って素早く出て行く私。トッピーはまだ外で遊びたい気もあるけど、ママが一緒にお昼寝してくれるなら寝てもいいかな〜と思った矢先、一人取り残されるのです。で、「おりおり詐欺」

かく言う自分は今日のお天気に「晴れ晴れ詐欺」されました。よく晴れて気持ちいい天気なので、久々に万年布団を干し、汗ばんだのでセーターとチョッキ(ダサイ、あー、もう一つの言い方が浮かばない)を脱ぎ捨て茶の介の散歩に小一時間かけて回っていると急に空一面に雲が。風もとたんに冷たくなり慌てて散歩終了、服装をもとの完全武装に戻し一息つきました。

それにしても例年暖房なし、吹きっさらしの家で目いっぱい着ぶくれている私がさすがに「もう春かな〜」と思うのは2月の終わりごろなんですが、今年は大寒の今どき、既に少し動くと汗ばむ状態。雨に濡れた土も黒々として既に春の香りです。やはり温暖化でしょうか。

↑あ、「ベスト」

「早起きはなんとやら」かどうか、久々に7時のNHKニュースを見ていたら、やりきれないニュースが耳に入りました。
ニュース自体は猫の絵本が自費出版されるというものですが、その本は戦争中の悲しい実体験をもとに制作されたものだそうです。
現在確か74才になられる体験者(女性)は、今も猫の保護活動を続けておられるそうですが、戦争末期、飼い猫を軍用の毛皮や食料のため差し出すようにという周りの圧力に抗しきれず、毎晩一緒に寝ていた飼い猫を自らの手で袋に入れて連れて行ったということです。このようなことが本当にあったとは、恥ずかしながら全然知りませんでした。
中国の文化大革命時期には犬(猫はネズミを獲るからOKだったかしら?)を飼うことは人間の食料を圧迫するという理由で殺されたことがあったようで、映画「老人と犬」では無理矢理犬を取り上げられるシーンも出てきます。
またしても毛皮に関する忌まわしい出来事。それも時の政権のでたらめな政策でかくも簡単に動物たちが虐殺されるとは。軍隊のための毛皮供出などと言って、納品した業者は決してタダで納めていたのではないはずです。同じように供出させられた貴金属がその後どうなったのかからも押して知るべしです。
日に日にきな臭くなっていく日本、このような出来事が再発しないという保証はありません。が、当時の人々と違い少なくとも我々は戦後民主主義を体験して来ているのだし、多くの戦争体験談を見聞きしているはずです。この方の猫にまつわる悲惨な体験と痛みを今みんなで分かち合い、このような魔手から動物を守る意志を強く持つことが大切だと思います。

この世の全ての行動は突き詰めれば誰かの利益のために起こされる。動物を殺して利益を得る人間が必ずいるのですから。

千匹猫まであと523

またまたお掃除お助け隊、お料理お助け隊です。こんな絵描いてる間に自分でやれー。

夕べは献血で無くなった血を補おうと、野菜ジュース、牛乳を多めに飲み、さらに晩ご飯を制限なく食べたらお腹を壊しました……。
で、超早めに23時頃ベッドにごろんとなり今朝5時過ぎに目を覚まして一枚描きました。
今日こそは溜まりに溜まった家事を片付けようか、と思っているのですが気温はかなり低いし……。
それにしてもお助け隊の子たちの眼差しにみなぎるやる気、私のやる気を反映しているのでしょうが、行動に移せないのは何が障碍になっているんでしょうかね〜。

夜中に春の庭に座る猫の絵、追加しました。

400ml献血

| コメント(3)

今日の昼、スーパーへ食事と買い物へ行きました。敷地内に新しく開店したご飯屋で色々好きなおかずを取れる形式の店。一皿\105\〜158というところ。ラーメンが\298。二人で入って\1,200ほどだったので、まあこれから作るのが面倒でお弁当もちょっとマンネリか、という時には選択肢が増えたかな。(そんなことじゃいけないんですけどね)

買い物は家族の付き合いで洋服売り場に行ったのですが、びっくり。私が買える値段帯の安物衣料にまで毛皮が使われているのです。コート類は毛皮の付いてないものを探すのが難しいくらい。日本でこうですから本場の中国などではもっと激しいのではないでしょうか。おまけに人口が多いし。してみると犠牲になっている動物たちの数は……そら恐ろしい数に上ると思われます。それを産業として振興している地域にとっては空前のドル箱。他の確かな産業を根付かせない限り毛皮生産を止めさせるのは至難の業でしょうね。動物たちに呼びかけをして、みんなその地方から逃げ出すように出来ればどんなにいいでしょう。

そんな夢物語を思い描くより「消費が減れば産業も廃れる」という図式を実現させるのが唯一の方法のようです。

食事・買い物が終わって20年ぶりくらいの献血をしました。今は免許証で本人確認したりするんですね。それに400mlも取られました。200mlという選択肢もあるのですが「今日は400でお願いしています」と半ば強制。まあ、私なら少々取られたって平気だろうとOKしたのですが、後で歩く時足が少し重かったし体全体がやっぱりしんどい。今日あたり今年の初泳ぎに行こうかと思っていたのですが中止しました。
それと驚くことにせっかくの献血希望者の中にかなりの高率で献血不適合の人がいました。血が薄すぎるとか。若い人でもです。薬も飲んでない、ワクチンも打ってない、ダイエットやってない私の優秀な血、有効に使って欲しいです。

千匹猫まであと527

久々に「ゆめいろのえのぐ」を使って見ました。優しい色の変化に富んだ絵が描け、捨てがたい魅力のフリーソフトです。小さい子供さんから○○の手習いという方まで、どなたにも簡単に使える点はすごい希少価値。
ダウンロードサイトはこちらですゆめいろのえのぐ

ちょっとショッキングかも知れませんのでご注意下さい。
-------------------------
表情ちょっと手直ししました。

長年使って来た大好きなクローバーの背景画を一新、またこの際、「毛皮廃絶」の主張を前面に打ち出すことにしました。
毛皮についての考え方は人それぞれだと思いますが、今、毛皮大好きの人も、こういう動物愛護・アニマルライツの運動をどこか胡散臭いと思っている人も、毛皮にされる運命にある動物たちの気持ちを考えてみて頂きたいです。

「緑の散歩道」千匹猫イラストのホームページ

千匹猫まであと529

ハマ吉はNO-FURバージョンもあります。キャンペーンのページ
黒猫はうちに実在する太ッちょレディです。いるのかいないのかイマイチよく分からない存在で、手もかからないのですが、夜中にキーボードと私の間のスペースに無理矢理割って入ってどっかり寝そべり、冷たい鼻の頭を手の甲に押しつけたりします。おかげでキーボードの隙間をブラシで掃除するとこの子の毛がいっぱい。前にファンの吐き出し口をお尻でふさがれてHDDがクラッシュしました。

話は変わりますが先日相棒が急に「ミルキーが食べたい」と言うのでそれこそ何十年ぶりかで買って食べました。ところが、味には二人ともがっかり。「こんなにおいしくないものだったのかな〜。他の無名のメーカーのミルクキャンデーの方がよっぽど新鮮なミルクの香りだよ〜」とさんざん愚痴ったのですが、なるほどね〜、我々の舌はごまかされなかったのですね。
個人的にはミルキーの世代というよりグリコのおまけの方が印象に残っています。応募したのか当たりが出たのか、白いドレスを着たフランス人形を2、3コもらったっけ。記憶のアルバムのもっとも古いページあたりに残っています。私の生まれた田舎町にも不二家のお店があり、そこでお菓子を食べた記憶もあります。パラソルチョコレートもよく買いました。あの頃ダントツにかわいいお菓子でした。食べないで矯めつ眇めつ長いこと見つめていたのを思い出します。
雪印といい不二家といい、日本の歴史に残るメーカーが何という不祥事。腐敗はせめて役人と政治家だけにして欲しいです。

子ギツネバージョンです。

ダウンロードはこちらのサイト→loftworkからお願い致します。
一番下にあります。
キャンペーンのページからもリンクしています。)

昨日、王子とお守り役のお兄ちゃん2匹を病院へ連れて行きました。財布の具合の回復を待っていたのでは手遅れになるかもと。口内炎姉さんも青っ鼻が出ているので薬をもらって計\8,400ほど。連れて行った2匹は2本ずつ注射もされました。
土日の2日間ほどせっせと鼻の穴にMITCHI OILを垂らし続けたのは、悪化を食い止める役にはたったように思います。ゲホーッゲホーッという王子の大きな咳の音は確かに小さくなり、回数も目立って減っていました。

今日は午前中車の定期点検に行き、その前にセルフ洗車を初体験。昨日何とか内部に掃除機だけはかけたのですが、洗車までするときっと風邪がひどくなるだろうな、と思ってやめといたんですが正解でした。普段色んなものを車内に持ち込んでいるので、ディーラーに持っていく時には大量の見苦しいものを持ち出すのに一苦労です。万一立ち往生したら、遭難したら、水没したら、風呂に行きたくなったら、同乗者が空腹で騒ぎ出したら……に備えているんです。

前世の因縁

| コメント(5)

ちょっと怖いお話です。

保育園児〜小学校低学年の頃だったと思いますが、頻繁に同じ恐ろしい夢を見て、夜寝るのが怖かったほどだった時期がありました。ある時などその夢の中で大声で泣いて、その声で目が覚めると本当に涙を流して泣いていたことを覚えています。

その夢というのは……文字にするのが憚られるほど怖いので描写しませんが、20年ほどの時を経てその夢に出てきた場所が実在し、しかもその目と鼻の先に住むことになったという不思議な巡り合わせが起こったのです。
その場所は当時の仕事場と住み家から直線距離で200mほどのところにあり、何度もその前を通ってうろちょろしていました。そこがあの夢の場所だと気づくまで10年以上もかかりました。

そこはある国立大学医学部の建物の動物実験の部屋でした。私の前世はきっとそこの実験動物だったに違いない、と思うようになりました。(運命だとか前世だとか、普段は全然口にしないし考えることもないのですが、この事だけはそう思います。)

さらに念が入っていることには、若き日の私の母も、何とその場所を何度も通っていた時期があったというのです。
不思議を通り越して怖いものがあるでしょ。その上もう一つ因縁めいたことがあるのですがそれは伏せておきます。

今年になって毛皮の実情を知って以来、犠牲になっている動物たちのことが頭を離れず、どぎつい絵を描いて不快に感じられる方もおられるかも知れませんが、こういうわけで私にとっては描かずにはおられない自分自身の問題なのです。

NO FURキャンペーン壁紙UPしました。
食べ物を集めに行って人間に捉まり帰ってこないお母さんをいつまでも待っている子ウサギです。

ダウンロードはこちらのサイト→loftworkからお願い致します。
一番下にあります。
キャンペーンのページからもリンクしています。)

今日もまた一枚作成。刺激の少ないタイプです。
→毛皮廃絶キャンペーンのページ

3日前から先ず喉の痛み〜鼻水〜頭痛、くしゃみとエスカレートする症状と格闘しています。熱もないし大して重症ではないのですが、どうも頭の芯の痛みが取れません。
かろうじてやっていたなけなしの家事も放棄、今日の午後は思いっきり昼寝して夜中に目が冴えてしまいました。こんなことしてるからなかなか良くなりませんね。
飲んだ薬はやはり「板藍根」(banlangen、ばんらんこん)。こんなこともあろうかと秋口に近所の薬局で取り寄せてもらっていたのです。でも友人知人に配って、もう残り少な。
中国のテレビのインフルエンザの予防法という番組でも漢方薬としては「板藍根」が挙がっていました。SARS流行の時には売り切れたとか。確かに今回もよく効きました。分けてあげた友人も効いたと返事が来ました。
今、日本では薬としては認められていないので健康食品として売られています。丸山ワクチンも社会問題になりましたが薬の認可というのも、ウイルス入りのものが堂々と通ったりしてるし、既存の製薬会社の利権保護のためにあるんじゃないかと思ったりして。こーせー省にはMITCHI OILをぶっかけてやりたいくらい膿が溜まってますね。

MITCHI OILと言えばトッピー王子がこのところ変な咳をして、2度ほど水のようなものを吐いていました。病院へ連れて行かねば、と思いつつ自分も風邪引きだし財布も重症なので、MITCHI OILをスポイドにとって鼻の穴と口に垂らしてみると、咳の回数がぐんと減り、音も小さくなりました。勿論様子を見て、ぶり返すようならすぐ病院へ連れて行きます。ハマちゃんはMITCHI OILをペロペロ舐めるほど好きなのですが、トッピー王子はかなり嫌がりました。序でに自分の鼻の穴にもさしておいたら鼻水はおさまりましたよ。

自分で分かっているだけでは何の意味もないのだと、「毛皮廃絶」の願いを込めた画像を2種類制作しました。何かのお役に立てれば、どうぞお使い下さい。今後も追々増やしていきます。
トップページ右上の画像から専用ページへリンクしています。

少しどぎつい画像かも知れませんが、実情はこんなものではありません。
NPOなどの団体へのリンクや個人的に参加申請も考えましたが、活動しておられる方を直接知っているわけではないので現段階ではあくまで一人だけのささやかな運動にしておきます。
(と、思っていましたが、その後「毛皮に反対する一般消費者の同盟」というサイトを見つけ、こちらのスタンスが一番自分に合っていると思われたため、毛皮廃絶ページにリンクを張らせて頂きました。)

「猫は必ずダイダイを落とす」の定説はやっぱり真理でした。今日ハマ吉が鏡餅の隣のビデオに飛び乗り、飛び降りる時、ど根性スダチがついにコロリ。(ど根性は餅じゃなくこのスダチ君だったのですよね)
意味不明だけど、ついつい床からスダチを拾い上げ、また載せて見た私。でも人為的に元のような崖っぷちに載せることは不可能でした。そもそも私が飾った時そんな危なっかしい位置に置いた覚えはありません。ということは、私が置いた後、早くも転がり落ちそうな目にあったスダチ君がどっこい自力で持ちこたえた姿があれだったのでしょう。とにかく新年早々楽しませてくれて、いやそれ以上に元気をくれてありがとう、です。
というわけでハマ吉鏡餅の絵を描きました。
千匹猫まであと533

毛皮反対の旗印

| コメント(0)

先日ゲストブックにまりおんさんから頂いた書込、あれ以来ずっと胸に重くのしかかっています。

何日かかけて毛皮反対の意思表示としてウサギの絵を描きました。参加しているクリエイターのポータルサイトに掲載しています。
ファッションデザイナーの方に見て頂いて、たとえ一人でも毛皮を使わないデザイナーさんが増えることを祈る、こんな消極的な方法でも今自分にできる行動を起こさなければ、と思いました。

ゴーストライター

| コメント(0)

家族の年頭挨拶の代筆で一日つぶれました。まあ文章書くのは好きだし、ついついのめり込んでしまうので苦にはなりませんが、困ったのは「座右の銘」を一つ挙げて欲しいとの条件。自分自身もそんなもの特にないので、何一つ思い浮かびません。本人に聞いても「とにかくまじめに生きる……」なんて眠たいこと言うばかり。それではその線で、と考えても「誠心誠意」とか「真実一路」とか今時流行らない四字熟語しか思いつかないです。
中学高校時代ならもっといっぱい格言やら諺やら思い浮かんだことだろうと思いますが、近頃の時流に自分自身も流されて行動の規範なるものを見失って来ているな、と自覚させられました。

ふと気がつけばこの頃ずっと健康法ネタを書いていません。実は暮れからこっち、ちくちく胃が痛い日が続き「ひょっとしていよいよガン?」なんて人知れず心配していました。ということは健康法を考えていられるうちは申し分なく健康なんですね。

千匹猫まであと534

ウサギかな、ミッチーかな?

ど根性鏡餅

| コメント(0)

新年早々ばかばかしいことやってて危うくケータイ壊れるところでした。
パソコンやテレビなどが置いてあり猫たちの主たる寝床もある部屋にお鏡を飾らない訳にはいかないだろうと、普通の丸餅2個に我が家のスダチをのせた鏡餅もどき、これが何ともすごいど根性パワーを発揮しているので記念写真に納めようとしたら、何とケータイがハングアップ。画面表示がフリーズして電源ボタン押しても電源も切れず。USIMカードを今取り出すのはまずいだろうと充電切れになるまでほっておいたところ、自然に直っていました。今日の異常気象のせいか、或いはほんとにこの鏡餅のパワーのせいか?

続きをご覧下さい^^

強風

| コメント(0)

予報より少し遅れたような気がしますが、やはりすごい強風が吹き荒れています。
夜、車に乗ろうとしてドアを開けたところ、風にあおられてものすごい勢いでドアが閉まり、側頭部を直撃。いやー、こういう危険があるとは、短い運転歴の悲しさ、まったく予期していませんでした。頭も危ないけど、もし少し顔の向きが変わっていて鼻でも直撃されたら、骨折間違いなしでした。頬骨も陥没してたかも。
夜中、だいぶ痩せた月と、そのすぐ下にくっついて動く土星が見えました。「動く」というのは雲がすごいスピードで流れていくのでそう見えるのです。まるで映画に出てくる宇宙ステーションのように、広い面積を占めた雲が空を突っ切って走っていました。あの中は凍った水蒸気がびっしりと並んだ音のない世界なんだろうな〜と、久々に宇宙に思いを馳せながら庭に佇んでいる間にも、近所から屋根や看板が飛んで来ないかと気が気ではありませんでした。
皆様もご無事でこの爆弾低気圧をやり過ごせますよう。

罪と罰

| コメント(2)

新年早々、引き続き凄惨な事件が続いています。が、人間対人間の罪は法律で裁かれます。たとえ時効になったとしても人間社会では許されることはありません。
今日ゲストブックにまりおんさんが書き込んで下さった毛皮生産に関する記事、私はトップページより先に進むことは出来ませんでしたが、想像するだけで十分理解出来ます。
これらもの言わぬ動物たちに対する加害の罪はまだまだ暗黒時代の人間社会では積極的に裁かれることは少ないでしょうが、巡り巡って必ず人間に罰として戻ってくると思います。人間の残虐性が消えないどころか増幅していることもその一つではないでしょうか。人間が滅びることが地球の救いだと、天も地も万物も思い始めているのではないでしょうか。

猫を捨てる、虐待する、捨て猫にエサをやる人を非難するのも同罪です。

千匹猫まであと535

今年はお餅を焼いて砂糖醤油で食べました。いくつでも食べられそうなくらい美味しかったです。鏡開きの日が楽しみ〜。でも、今年は自宅ではお節を作らなかったし出来合のものも全然買わなかったためか、小食のお正月を過ごし、体重増加はゼロです♪

千匹猫まであと536
元日以来、一日一猫守ってます。

大晦日、夕方洗車に行き、その後もう暗くなってから車内に掃除機をかけ、さらに夜になってから庭の葉っぱを集めてちょいちょいと自作注連縄を作り、ハマ吉号の鼻先に飾りました。最初下向きにしか付けられなかったのですが、元日になって走り出したらすぐにうまい具合に上向きになりました。家族からも大好評でした。あ、縄がないから注連縄というのはおかしいか。
それにしても今年は車に飾りを付けている人が数えるほどしかいないみたい。景気が悪いからか、文化が途絶えようとしているのか。
かくいう私もしきたり音痴なのですが、こういう色合いで葉っぱを束ね、白い紙をあしらっただけで何だか神聖な雰囲気を感じてしまう。日本人の土着の宗教観でしょうか。あ、クリスマスリースも同じ色ですね。ということは神聖なものへの感覚は世界共通なのでしょうか。

千匹猫まであと538

元日の朝日を浴びてハマ吉とトッピー王子が今年最初の猫相撲をして遊んでいました。夜になってからこっそり家族から離れてパソコンに向かい漫画風に仕上げました。

とってもきれいな星月夜の大晦日から元旦へと移り変わった夜。
猫にも人間にも平安の訪れる一年であって欲しいと祈ります。

このアーカイブについて

このページには、2007年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年12月です。

次のアーカイブは2007年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261