2008年7月アーカイブ

待望の雨

| コメント(0)

早かった梅雨明け以来、何だかまとまった雨って初めて降ったような気がします。
昨日夕方、そろそろ日もかげったし、茶の介の散歩をしてからプールに行こうかと思っていたら、ゴロゴロ、ピカピカと始まりパラパラと雨粒が落ち始めました。慌てて茶の介の散歩を取りやめ家の中に入ってパソコンを終了、コードも抜きました。やがてガラガラ、ピシャーッと近くに落ちたような音が何度も。

ほどなく猫たちがみんな家の中に駆け込んで来て、トッピーなんかは大きな音がする度に飛び上がっていました。窓際の棚に飛び上がったとたんガラガラドーンと大音響で、転げ落ちるようにして飛び降り新たな隠れ場所を探してウロウロ。母屋の方では犬が家の中へ逃げ込んで来たそうです。オス・メスいる中のオスの方。大体こういう天変地異には男の方が怖がりのようですね。人間も含めて。
雷の派手さのわりには雨は大したことなかったのですが、庭の水撒きから解放されたのは有り難かったです。明日も降ってくれないかなー。


2008zanshoimaiToppylek.jpg
トッピー残暑見舞いを作りました。
ダウンロードはロフトワークさんからお願い致します。

千匹猫まであと277

暑中見舞いからトッピーを抜き出しました。

千匹猫まであと278

ミッチーの真夏の寝姿です。

急ぎの用事があるのについ描いてしまいました。

寒冷紗にはまる

| コメント(0)

いやー、これほどの効果があるとは驚きです。黒いビニールヒモを編んだだけのものなのに。
帰宅して確認した茶の介の部屋の涼しさに、これはもう屋根全体に広げるしかない、とホームセンターへ。す、すると何ともう残り10m余りしかないっ。私が買い占めてしまったのか。仕方ないので取り寄せてもらうように頼み、とりあえず10mだけ持って帰って人間の居室の真上に追加しました。
この効果で、かんかん照りの日でも天井からの照り返しを気にせずに仕事にとりかかれます。表の日陰などから家に入って来ると、暑いことは暑いのですが、ずっと部屋の中にいると気になりません。そもそもずっと部屋にいられる、それも正気で、ということ自体、画期的なこと。

残り2mばかりの半端も買って、こちらは車用にしました。駐車場が午後になって西日が当たるので、夕方の外出が大変だったのですが、お蔭で涼しく乗ることができます。これはこの時期、車に積んでどこへでも持っていこうと思います。日の当たるところに駐車する時には外からかけて、走行中は何なら身にまとったりして^^

実際何度涼しくなっているのかと、今部屋の温度計をみたら30℃ジャスト。体感温度はかなり涼しいのですが、何だ、夜中でも30℃もあるなんて。でも今までなら32〜33℃はあったはずです。
明日日中にまた温度計見てみます。

連日屋根に登って日に何度となくホースで放水して冷やさないと、まるっきりオーブンの中のようになるコンクリート陸屋根住宅。今回この真夏のかんかん照りの続く中、2日ほど留守にして出かける必要がありました。天気予報を何度もチェックして曇りか雨にならないか、夕立が降る気配はないか、とはかない望みをかけてもムダ、あざ笑うかのように連日晴れマーク、予想最高気温も35℃なんて日が続いている最中です。
自由に出入りできる子たちは、てんでに涼しいところで昼寝できるのですが、今うちには猫エイズで隔離部屋にいる茶の介と、認知症のために外に出せない高齢猫の2匹がいて、この子たちのために何らかの対策を講じてやらないことには可哀想です。

高齢猫の方は別の建物で、こちらは北向きにタイル張りのフロとトイレがあるので、そこの水道の蛇口をひねり、一滴一滴ポタポタと落ちる状態にしておくことで建物全体の温度が見違えるほど下がるという方法を発見、一件落着です。

茶の介の部屋の方は、前にも書いたように屋根の上にフジの枝が伸びて来たことにより、去年と比べると少しはマシですが、水撒きが出来ないと夕方には殺人的高温になるはず。

茶の介の部屋の前の北向きの土間に、やはりポタポタ水冷却設備をしつらえ、そこへ面している茶の介の部屋のガラス戸を開け、四角い格子になっている鉄製の枠を柱に打ち付けて風通しをよくしてやりました。これは前々からしてやって欲しいとシェフに頼んでいてもラチがあかなかったのですが、今回女手ひとつで取付完了。火事場のバカ力というものでしょうか。切羽詰まればできるものですね。

でも、天井からのコンクリートの殺人的照り返し、これを何とかブロックしてやらないと、少々の風通しでは効果薄。
そこで窮余の策を思いつき、ホームセンターで寒冷紗、遮光率80%というのを買って来ました。\250/mを10mx3=30m。エライ出費ですがこれで涼しくなるなら安い物。
出かける時間が迫る夜、屋根に登って暗い中、めちゃくちゃでもとにかく屋根に広げて飛ばないように押さえて...後は天に祈る気持ちで出かけました。

丸2日足らずの留守の後、夕方帰宅して真っ先に茶の助の部屋を覗いて見ると、おおっ、奇跡のように涼しいっ!!

寒冷紗、また買い足して人間の部屋の上にも広げようと思います。

これら一連の暑さ対策に要した時間、延々5時間ほど、出発の時間に食い込み、仕方なく高速で行く羽目に。おかげさまで最近では高速に入るのもすっかり慣れ、恐怖感はなくなりました。ETCもあるし楽々通行。今月は何やかんやで高速料金\7500ほど使っちゃいました。

燃費ぐんぐん↓♪

| コメント(2)

ん、燃費って下がるのがいいんですよね?

ガソリン急騰の折からテレビでも燃費節約の走り方を教えていますね。先日見た番組で「アクセルの踏み方を一定に」と聞き、早速実行。

実は教習所では確か「踏み込んで暫くしたらゆるめ(または足を離し)、また踏み込むようにする」と聞いたような気がするのですが、そんなに力を入れないにしろ、踏んで離して、を繰り返していた私。

最初の車、カローラ�では燃費9kmくらいだったんですが、Spikeになってからは当初11km、最近では15kmくらいでした。
で、そのアクセル操作をやってみたら、何と街中走行なのに、たちどころに公称燃費(17.6kmだったかな)を越えて最高20kmを突破。その時はよっぽど好条件が重なっていたのでしょうが、現在でも16〜17kmを維持しています。

青信号になって出発する時、駐車場から出る時にはガクンとダウンしますが、アクセルの踏み込みをごく軽く一定にすると、目に見えて燃費の数字が伸びて行きます。
一説によれば、燃費を気にするあまりこういう大事大事にいたわるような運転をしていると、エンジンが甘やかされてしまって高速走行などここ一番という時、馬力が出せなくなると聞きましたが本当でしょうか。でも今は燃費が一番大事だしー。

誤嚥騒動

| コメント(2)

知らぬ間に喉元に忍び寄る老いの影...字余り。
いえね、こちらではずっと伏せていたのですが、この10日間というもの、誤嚥による咳き込みで夜も寝られない大騒動だったんです。
何かを誤嚥したようなのですが、今までと違って「あ、今ご飯粒が飛び込んだっ」とかいう明確な感覚もなく、多分スイカかせんべいを食べていた時だと思うのですが、気がつくと咳き込み始め、いつまで経っても詰まっていると思われるものが排出されないのです。今までたまに一日くらい経ってご飯粒なんかが出てきたりしたことあったかと思うのですが(これだけで十分年寄りくさ)、一週間経っても夜中の咳き込みが激しく目が覚めて咳き込んで、また寝て目が覚めて...の繰り返し。良く体がもつね、と思うのですが全身症状は至って元気溌剌。プールにも行ってました。
友人が心配して病院に行け行けというのを無視していましたが、さすがに一週間も続いたので、近所の呼吸器専門の先生に夕方駆け込みで診て頂いたら、大きい病院で気管支鏡で検査を、と勧められました。鉛筆くらいのファイバーを呑む検査らしいんですが、これって危険じゃないの?

で、今日その大きな病院へ行ったんですが、実は最初の受診した日の夜からめっきり咳の回数が減り、夜もよく寝られるようになりました。
紹介状には気管支内視鏡検査を、と書いてあったのですが、今日の先生は「リスクと効果を比べたら、今すぐ内視鏡という必要はないと思う。先ずCTを撮ったら?」というご意見。私も我が意を得たりとほっとしてCTを撮ってもらいました。
結果、異物らしいものは写らず、肺にごく小さい影(肺炎らしい)があるけど、どうってことない、とのことで、薬も要らず様子見ということになりました。

何が詰まったのか全然自覚なし、というのが気持ち悪いです。スイカを食べている時だとしても、実は例の白身のとこなので種はなかったはず。

老いは足から、とはよく言いますが、私の場合片足スクワットや真央ちゃんポーズで足腰は至って丈夫。でも喉の筋肉なんて鍛えようがない?全くの伏兵でした。
確かにこの頃、食べ物をすするようにすると、ひょいっと喉の奥まで落ち込んで行きそうになることがしばしば。口を開くと喉まで一緒に開いてしまうんですねー。むむ、用心用心。これが私の「第一次老いるショック」なのかなー。

暑い〜

| コメント(2)

雨が降る降るという予報が毎日出て、毎日外れていますー。どういうことじゃっ?来世、選ぶ職業は絶対気象予報士!何が起こっても責任取らなくていいお気楽商売、やめられませんね。

今日目が覚めたのは11:30、それからずっとネットしてたんですが、何だか今日はコンクリート屋根からの照り返しがすごいなーと驚き呆れています。
夕立でもザーッと降ればいいんだけど、とりあえず屋根に放水しないと茶の介が可哀想かな。近頃日に何度となくする放水に取られる時間が合計1時間は優に越えてると思います。それに庭の水撒きもあるし。夏は結構生存競争が忙しい季節ですね。でも昔は薪集めが即生死に関わる冬も大変だっただろうし。仕事だけに全力注いで生きていける人はいいなー。

千匹猫まであと279

何となく落書きしてみました。

夏の虫3話

| コメント(0)

夏はまた昆虫の季節でもありますねー。
先日我が家の玄関のドア、閉めると潰れるところに、何と昆虫界のVIP、クワガタがいました。小さいのですが。
猫のおもちゃになっては可哀想なのでとにかくザルの中に保護し、ネットでエサや飼い方を検索し、キュウリとスイカ、砂糖水を与えました。輪切りにしたキュウリの真ん中に穴を掘って砂糖水の水たまりを作ってやると、そこに頭をつっこんで長い間すすっていました。スイカにも長時間抱きつくようにして食べてました。何だか猫にするととっても素直な子になりそう。昆虫にも性格があるんだなーと思います。何年か前、台所でカマキリを飼っていた(と言えるかどうか?)時にもほのかな心の交流を感じました。昆虫に夢中になる人の気持ちも分かるかも。
このクワガタ、ずっと飼い続ける自信ないし、クワガタにもこの夏の人生設計があるだろうと、夜中に最後の晩餐を盛ったまま、ザルのフタを開けて庭の木の近くに置いておきました。明くる朝、日が昇ってから見たら、もうご出立していました。幸せな虫生を送って欲しいです。

知り合いの方が家庭菜園で作る野菜をよく頂くのですが、昨日頂いたものについて来たのか、夜台所の床に緑色の小さなバッタが。捕まえて外に逃がしてやろうとしたのですが、何度も失敗し(すごくすばしっこい)、とうとうゴジャゴジャ物を置いてある隅の方に隠れてしまいました。水も草もないのに...気になります。

昨日の朝から鳴き声が聞こえ始めたばかりのセミ、今朝家の前に一匹が転がっていました。まだ羽が緑色で羽化して間もないと思われます。体に損傷は見あたらないのですがアリが全身にたかり、完全に息絶えていました。踏まないように、前の草原の方に投げて(ひどかったかな)おきました。これから毎晩何匹も猫たちがくわえて家の中に持ち込んで来るようになるのです。やれやれ。

沢山の命が生まれる影には沢山の死があるのですね。夏はそれらの目撃者になる季節。

千匹猫まであと280

GIFアニメの練習で作ったハマ吉アニメです。

理想の夏

| コメント(2)

何年も前から夢見ていた、木陰で涼しく暮らす夏...これが今年初めて初歩的な成功を収めました。

我が家はコンクリートの陸屋根で一日中どこかに日が当たり、じっくり熱せらるので、窓を開け放っていても明け方まで室温30℃超というのが続いています。あ、エアコンはナシ、扇風機が人間用一つとパソコン用一つ、茶の介用一つの計3つ。

そのため朝起きてから真夜中まで、暑くてこらえきれなくなったら表に出てホースで植木にも屋根の上にも水を撒き散らすことで、かろうじて温度を下げています。水は地下水をポンプでくみ上げているので水道代はかかりませんが電気代がかさみます。

というのが我が家の夏の生存方法だったのですが、前々から私には快適に過ごす方法が分かっていたのです。お金も要らず手間もかからずに。でもシェフの協力なしには出来ないことで、そのシェフがイマイチ乗り気でなかったため実現しなかったのです。
それは、建物全体を植物で覆うこと。
屋根には中庭のフジの枝を引っ張り上げてそこで広がって頂く。壁にはツタ(甲子園のと同じ種類)を這わせる。これで完璧な省エネ、どころかゼロエネ快適生活ができるはず。

去年のいつ頃だったか、シェフと屋根に登ってみると、全然剪定しなくて好き放題に伸びているフジの枝が、やっと屋根の上にも伸びる空間があると気づき、自力で這い登っているのを発見、ロープで引っ張って屋根の中程まで誘導しておいたのです。今、フジの枝は屋根の真ん中あたり、全体の1/4くらいを覆っています。茶の介の部屋に近い場所なので、茶の介はずいぶんと涼しい思いをしているようです。それが証拠に、昼間外に出してくれと鳴いてねだることがなくなりました。
冬になって葉っぱが屋根の上で枯れると、排水孔が詰まったり長年のうちにはコンクリートが傷んだりというデメリットもあるでしょうが、目の前の煉獄から逃れることが先決。

人間が昼も夜も過ごしている部屋の真上にはまだ枝が伸びていないのですが、廊下の上はすっかり覆われているので通るたびに涼しいなーと思います。来年にはこの部屋の上まで伸びるかなー。そうなったらもうこの世の天国。でもそのうち引っ越すつもりなのですが...もっと早くからしとけばよかった。

初めてのセミの声

| コメント(0)

今朝目が覚めて、今年初めてのセミの鳴き声を聞きました。
長年の地中生活から抜け出し窮屈なカラを脱ぎ捨てて、昇り始めた真夏の太陽と共に木立の幹に這い上がり、初めて目にする地上の景色に希望を膨らませ、大気を震わせて、「さあ、みんな聴けっ夏だ、夏だ、夏本番じゃーっ」と胸を張る...でもその短い命のことを知っているのかいないのか。セミのいない国(ってあるのかな)にも夏はあるのでしょうが、耳もつんざくばかりのセミの声のこだまする日本の夏は世界一〜。桜の下で春死にたいとは思わないけど、夏木立とセミ時雨に包まれて、冷えたスイカを腹一杯食べて、ユウガオが開いて満月が昇るのを見て死ねたら最高かなー。とにかく夏大好きです。

www...バッカみたい

| コメント(0)

うわー、知らなかった〜。今更ながら自分がいかに無知だったかを思い知らされました。
大枚はたいてGETしたドメイン、今日yahoo.comでホスティングを申込みました。つまり先日来お知らせしているところの、あまりの晴れがましさに公にするのが憚られるとというドメインが、今現在稼働中。まだアクセスできるのは自分だけなんですが。
その過程で大発見!
いつも不可欠のものとしてアドレスバーに入力しているwwwの3文字、こ、これが不要なんですねー!!!恐るべし、有料ドメイン!!
今使っているmojunicat.comのドメインにしても、色んな登録サイトでのリンクをhttp://www.mojunicat.comと書き換えて回ったんですが、これもhttp://mojunicat.comでよかったんじゃん!!ああー、また訂正して回らなきゃ。
WEBの基本が分かってない身の悲しさ。

ドメイン取得、今何故急いでいるかというと、昨今の経費節減で、長年お世話になりただの一度も何の不満もなかったdionさんにプロバイダお願いしている電話番号の一つがリストラされるかも、ということに。それと遅かれ早かれ引っ越しをすることになりそうで、引っ越し先にdionのサービスがあるかどうかが怪しいので(つまりかなりの僻地)、電話番号やプロバイダに依存しない独自ドメインを持つ必要が生まれたのです。

ホスティング会社を何故アメリカのyahooにしたかというと、一にも二にも安いから。セットアップ費用も入らず、月12ドルほど。英語でサポート電話かけられないというデメリットを考慮しても、無視できない魅力でした。為替レートによっては高くなる可能性はありますが、その時は国内の会社に寝返ろうと思います。
米yahooでドメイン取得やらアカウント作成などやってて楽しいし英語の勉強になる、というか英語の垣根が少し低く感じられるようになったし、目に見えないメリットがある感じです。カラを打ち破らなきゃね。

千匹猫まであと281
トッピーの暑中見舞いは夏山から。
ダウンロードはロフトワークさんからお願いします。

千匹猫まであと282
ハマ吉海水浴の暑中見舞いハガキです。
ダウンロードは下のリンクからお願いします。

長いこと猫絵の新作を描けないでいましたが、夕べ徹夜で仕事をしていて息抜きに暑中見舞いを作りました。
ダウンロードはロフトワークさんからお願いします。
2008ハマ吉暑中見舞い

テレビでアフリカの国で貧しい人々が万能薬として、まるで私におけるミッチーオイルのように使っているというシアバターなるもののことを見ました。
何のことか知らなかったので検索してみると、ほほー。これはちょうどミッチーオイルで治癒の限界がとっくに来ているミッチーのキズのために探している理想の薬(茶葉にない栄養分を含んだもの)に近いではありませんか。早速アマゾンで注文しました。30g800いくらのものが送料手数料込みで1400円。
昨日から3回ミッチーに使いましたが、キズのところの肉が痩せていたものが、盛り上がって来たようです。表皮の形成がどうなるかはまだ分かりません。

ミッチーオイルには細かい緑茶の粉が浮いているので、どうしてもヤスリのような働きをしてしまうのは否めず、それでなのかどうなのか、神経だか腱だかが浮き上がって見えるようにまで肉痩せしていたのです。これで表皮も首尾良く伸びてくればいいのですが。

自分の手にも塗ってみましたが、確かに保湿性はすごくあると思います。何でもUV効果、殺菌効果もあるとか。
現地の人々が当たり前に手に入れていたものが、先進国に高く売れるようになると品薄になり、それにしか頼れない人々は困っている、と番組で言っていましたが、ミッチーのキズにだけ使わせてもらおうと思います。

誤嚥性肺炎?

| コメント(0)

昨日の昼頃からだったと思いますか、何か分からないけど食べたものが喉に落ち込んだようで、咳き込んでもすっきり取れない、というショッキングな出来事が。いやー、この頃喉の奥の反応が鈍くなったのか、ひょっとした弾みに気管にものが飛び込むってことが以前より多くなっていたんですよねー。年かなー?シェフなんか私よりしょっちゅう。80を越えてる母は人前でお茶を飲んだりする時は「これから飲むぞ、飲むぞ」と自分の喉に言い聞かせてから飲み込まないと、咳き込んで恥ずかしい思いをするのが恐怖だと言っています。

で、私の誤嚥ですが咳をするとみぞおちのあたりに鈍い痛みがあり、ええっ、こんな深いとこまで落ち込んでるの?と怖くなりました。その後痛みの箇所は徐々に上に上がり、夜には喉元とみぞおちの中間くらいの位置に来て、咳き込むと焼け付くような痛みが。少し痰もでます。
これ、ひょっとして誤嚥性肺炎とやらになりかかってるのでは?と素人判断で、飲み残しの抗生物質を飲んで、早い目に寝ました。仕事あるんですが、熱でも出ては面倒だし。体を横たえたら異物が出やすいだろうと。

で、朝目覚めた時、ゴホンと咳が出て結構大量の痰(汚い話でごめんなさい、でも命がけですよー)と一緒に何か分からない異物も完全に取れたようです。痛みも引いて来ました。
体が少しだるいので熱を測ったら37.5度あったので抗生物質をもう少し続けることにしました。(素人判断はいけないのは承知の上で)

自力で咳をしてはき出せるうちはいいけど、その体力がない高齢者だと、これですぐ命が危なくなるんだな、と実感。口からものを食べるという生まれてこのかた何十年も繰り返して来た、生きる上で欠かせない日常の行動、そんなものであっさり死ぬ...人間に用意されている死のプロセスってこんなにさりげなく待ち受けているものか、と天の采配に驚きました。
まあ、ガンになったり交通事故にあったり、強盗に殺されるよりはずっといいのかなぁ。

冷凍スイカ白身

| コメント(4)

今年はスイカが大きくて甘くて嬉しいです。値段がもう少し安ければ言うことなしなんですが。
財布ピンチでもスイカがなくなるとついまた次のを買って帰ってしまいます。何しろ年に2ヶ月くらいのことですから。夕べも夜中に喉が渇いて、買って帰って玄関に転がしていた大きな1個をサバいて、切れ端のところをかじりながら、いいところを適当な大きさに切って冷凍しました。凍ったスイカを暑い盛りに食べると一遍で汗が引きます。
で、長い間捨てていた厚い白身のついた皮は、緑の皮を薄く剥き、適当な大きさに切ってこれも冷凍。スポーツドリンクより健康的な水分補給になります。何より生ゴミが減って楽ちん。
去年の夏の記事にも書きましたが、今までスイカを買うと一度に生ゴミがいっぱいになるのがイヤで、都会暮らししてる時など買うのをセーブしていたりしましたが、こうやることで全て円満解決、夏の恵みを満喫できてます。
白いところまで食べ尽くすなんて果物の中でスイカが一番好き!な私くらいしかやらないコトかも知れませんが。

初めてのETC♪

| コメント(0)

昨日、初めてETCで高速走りました。
4日前に車検だったんですが、その時車載器をつけてもらったんです。
そもそも高いし危険きわまりない高速なんて走らない!と決めていたので、「タダでもらえる車載器申し込め」という友人のしつこい勧めも断り続けていたのですが、時勢というのは恐ろしいもので、私のような鈍くさい人間でも高速を使ってみようかという時代になりました。下の道の半分くらいの時間で済むとなると、やはり疲労が違いますからね。
で、昨日は往復250kmくらいのドライブで、ちょっと調べ物をして来ました。高速でなければ往復7時間くらいかかっていたと思いますが、お蔭で帰り着いてから夕方プールで一泳ぎ、その後もまだ眠くもならず体力余裕十分です。でももうこのあとイラスト描くのは無理かなー。この頃2時頃にはすっごく眠くなって朝7時8時くらいまで爆睡してしまうので。

Flickrで公開しているうさぎ絵本「お母さんの約束」に中国語訳文を付けました。
とりあえず意味が通るような段階で、間違いのご指摘、もっといい訳文をお寄せ頂ければありがたいです。
きちんとした訳が完成するまではスライドショーには描き込まず、一枚ずつの絵をクリックして頂くとその下に表示されます。

兔子图画书:《妈妈的承诺》

今年の初泳ぎ♪

| コメント(4)

といっても50mプールでのことです。屋内温水プールと違い、やはり空の下の本物のプールは気持ちいいですねー。先月後半くらいから開いていたのですが、今日初めて行って来ました。
4、5日間の遠出から帰ってみたら急に猛暑で疲れがどっと出て猫絵も何もファイトがわかないので、今日思い切って家事も何もかも放りだして夕方30分ほど泳いで来ました。水温25℃とのことでしたが全然冷たくなく、700m泳ぎました。気分爽快。でも体の疲れはまだ芯がとれません。
明日もまた泳ぐぞー。いよいよ夏本番。

かくも長き不在

| コメント(2)

実は足かけ5日ほど留守していました。猫たちにはたっぷりのドライフードと何カ所もの水を残して。
幸い雨模様の天気が多かったようで、風通しのよくない茶の介の部屋もしのぎやすかったと思います。
今日、夕方無事帰宅。ハマちゃんを始め猫という猫が駐車場に集まって歓迎してくれました。全員の無事な顔を見るとほっと一安心です。(猫たちも同じ気持ちだったのでは、と思います)茶の介と高齢猫も短い時間ですが、散歩に出してやり、何匹かのノミ取りをし、久しぶりの缶詰を振る舞い、人間の旅装を解く時間はまだ全然ありません^^;
実はずっと懸案となっていた用事で出かけていたのですが、無事(でもなかったけど)終了。さて、これで晴れて猫イラストに戻れます。というか、一つ仕上げないといけないものもあり、絶対猫絵を描かなくては!!
1000匹猫も随分足踏みしてしまいましたが早く完成させて、その後は新ドメインで新たな展開を、と考えています♪

このアーカイブについて

このページには、2008年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261