2008年11月アーカイブ

ちょっと正装しないといけなくなった時、洋服とか靴とかアクセサリーとか、普段整理が悪いので揃えるのが苦労を通り越して苦しみです。揃ってみたところで、いざちゃんと着られるのか、髪型は?とかもう地獄。オシャレの趣味は全然ないもんですから。スタイリストがいてくれる身分の人は楽だなー。ま、私が正装なんて一年に一度あるかないかですもんね。それが今年は2度目です。とほほ。
アクセサリー類は幸い家族がその方面に散財しているので、欲しくもないけどいくつかもらっているもので十分間に合い、この歳になってこういう家族の有り難みが少し分かって来ました。
最後にして最大の難関は、そう、髪型!!自作の「たまちゅー」でボリュームアップしたことはしたものの、もともと髪の少ない私。その上普段からボサボサ頭ときていますから、いざ馬子にも衣装と言っても頭だけは最後の大問題なのです。午後からの場合だと当日の朝美容院という手もありますが。
前回は前の晩、急遽100円ショップに走ってつけ毛をゲット、あれこれ試行錯誤で頭にくっつけて何とかうまく行ったのでした。今回もそれでいくべ、とは思っていたのですが、うまく自分でつけられるかどうかは当日の朝の勝負なので最後まで不安でした。

それが、じゃーん、ワンタッチで簡単取り付けOKの豪華つけ毛が完成!!

これ、どこでも売ってる100円の髪挟み(あーん、名前知りません。クリップ?)私は毎日これのお世話になっていて4、5コくらいスペア揃えてます。

hair1.jpg
これに短いカーリーヘアーの30cm位の長さのつけ毛(もちろん\100)を3本、クリップをうまく隠すように巻き付けると、こんな豪華なアップスタイルに。

hair2.jpg

ちょっと重いけど、クリップですぐ取り付けられて一発で装着完了。これは大事に一生使い回そう〜。

後で調べたら\2000位でこういうカーリーつけ毛って買えるんですね。でもヘアピンとかでつけるのって大変。使い慣れたこのクリップなら安心〜。

千匹猫まであと259
マンスリーアートオーディションに応募した絵とその色違い(猫の)バージョンです。
猫で数えたらダブっているので増えたのは1匹なのですが、カウントダウンでは絵の枚数で数えてます^^

千匹猫まであと261
実はお友達のPokerfaceさんの撮られた素晴らしい紅葉写真にミッチーによく似た猫のこんなポーズがあったので、是非イラストにしたくて描きました。
家族の作文(年頭の挨拶のような)をワープロ打ちしつつ校正するよう頼まれていて、締切があさってなんですが、猫絵を一枚でも描いてからでないと他の仕事をする気になりません。なので眠い頭にむち打って描きました。

案はあるのですが近頃リアルが忙しくてクタクタ、夜絵筆を執らずに寝てしまう日が続いています。ストレス溜まります。
サイドバーから年賀状ダウンロードサイトへリンクしましたので、どうぞご覧下さい。

コアリズムもどきを続けています。一日数分ですが。
体重は1、2kg減りましたね、そう言えば。それとウエスト、確かに絞られて来ました。下腹も筋肉の力で凹んだようです。とは言えもとがもとなので、あんまり期待されても困りますけど。

それと発見・体得したのは、若さの基本は足(の筋肉)だとばかり思っていたのですが、それにも増して胴体の筋肉は大切だということです。そんなこと生まれてこの方思ったことありませんでしたが。メディアでも足腰が大事だということはよく言われているけど、腹筋、背筋、側腹の筋肉のことはあまり言いませんよね。贅肉のことは大々的に取り上げられるけど。それとごく最近になって大腰筋という名前がクローズアップされて来ましたけど。

今回コアリズムもどきをやって劇的に変わったのは歩く時の身のこなし。部屋の中で物をよけたりがすごく楽でびっくりです。今までは何かと言えば机の角などにお尻をぶっつけていたのですが、ひらりひらりと障害物をよけて移動できます。全身の関節の動きがすごくスムーズ。それと料理などで台所などに何時間立ちっぱなしでいても疲れません。庭を歩くときなどついつい軽く走って見たくなるくらい重力を感じない身軽さ!いやー、ホントにこれが一生続いたらギネスものかも。
こっそり始めて見ることをオススメします。もちろん自己流でいいんです。

急に木枯らしが吹き荒れて山には雪、里には雷雨と大荒れだった一昨日から一転、昨日は暖かく穏やかな一日だったので、三連休退屈している家族をまた近場の温泉と産直市に連れて行きました。ガソリン下がっているので助かります。
今月は捨て猫が一気に3匹来るし(厳密に捨て猫と言えるのは内1匹だけなんですがね)、猫の病院代が目玉飛び出るくらい嵩んで、財布の中にはかき集めた小銭で数千円程度、それを握りしめて産直市へ。
この市場へはこれで3、4回目。最初は楽しくて見た物何でもいっぱい買い込んだものですが、近頃はお菓子類は買わず、飲食をせずというストイックショッピングで(だけどお菓子を買わないと楽しさガタ減りですね)、お目当てのオリジナルウインナーなどどうしてもそこで買わないと損なものに絞って、さらにレジの外のゴミ箱の中に皆が捨てていった立派なダイコンの葉っぱをごっそり拾って(漬け物にすべえ)意気揚々と帰りました。こういうの、全然恥ずかしくない人。
明日天気がまたよければ今度は山へ紅葉を見に行こうかなと思っています。ならもう寝なきゃ。

仔猫たちは元気♪

| コメント(6)

兄妹キジ猫と後から来た黒猫、3匹の仔猫たちはもうすっかりうち解けて一緒にかけっこしまくりです。ただ不思議と今までの子たちのように取っ組み合いってあまりしないです。中でもキジのお兄ちゃん、ゴローは取っ組み合い大好きみたいですが、他の2匹がイマイチ乗り気でない。可哀想。最初妹と再会した時、すごく喜んで抱きついていったら「フーッ」された時、すっごく意外心外不可解でどうしていいか分からないと言った表情でした。めげずにノビノビした性格のまま育って欲しいです。
私は他の大人猫たちの世話もあるので一日の内仔猫たちと過ごせる時間は昼間で計1時間程度、夜はシェフと交代で仔猫たちと一緒に寝ています。トイレと食事の世話はもっぱら私。トイレはザルと新聞紙なのでコストはかかりません。床がタイルになっているトイレに先ず新聞を敷き、その上に手でちぎって小さく丸めた新聞を入れたもの。でも使用者数が増えたので間に合わず床のタイルに直に新聞紙を広げて置いてある場所も作ったら、こちらでも直接カキカキして大小やってくれます。心配だった布団の上のしくじりは最初にゴローちゃんが2度やっただけ、その後は皆無で助かります。みんな、良い子です♪

山に積雪!

| コメント(0)

我が家の南には高い山脈が連なって見えるのですが、何とその尾根がうっすらと白くなっています。ところどころには雪景とやらもくっきりと見えて、その辺りはかなりの積雪だろうと思われます。ここに暮らしてもうン十年(何とか半世紀までにはならないけど)ですが、11月半ばでこんな景色を見るのは初めてです。温暖化って単純に気温が右肩上がりになるんじゃなく、地球表面の大気がスクランブルされながら向かうんでしょうかね。今は北極から寒気が降り注いでいる風向きなんでしょうね。
そう言えば今年の手荒れも随分早手回しに始まり、10月末くらいにやけに指も甲も平も乾燥するなーという感じ。知り合いの看護の仕事をしている方のためにミッチーオイルと、ミッチーラノリンを作りました。自分でもそろそろラノリンの方を使わなければ。
ミッチーオイル・ミッチーラノリンに関してはこちらに作り方があります。オイルはオリーブ油でなくても例えば台所にあるサラダ油でもゴマ油でもOK、ラノリンもワセリンでも大丈夫ですよ。とにかく安く手作りできますから、このご時世助かります。

昨日友人に頼んでおいた官製はがき年賀状100枚が届き、いよいよ急かされまくりですが、まだ自家用のデザイン正式に決まっていません。あと2つくらいUPしたい案があるのですが、なかなかまとめてる時間がとれません。掃除や片付け、やる気なくてもやってるように見せないといけないから年末年始って大キライ。


hamabura.jpg
仔猫騒動に紛れている間に、T-selectさんにハマ吉Tシャツが復刻掲載されていました。
猫家族が増えて楽しい中にも忙しさが増し何やらかんやらあって、これから苦手な年末年始に向かい、どうしても気分がアンニュイになりがちなところにうれしい出来事でした。
赤地(というか黒っぽい落ち着いた赤です)に白黒のはっきりした図柄、人相悪い顔してぶらさがってるハマ吉のデザイン。クリスマスを意識してこの色合いにしました。冬に着ると温かく華やかになるように。作者の意図をちゃんと斟酌して下さりこのタイミングで復刻して下さったことがうれしいです。

やられた...

| コメント(4)

類は友を呼ぶと言うか、屋上屋を架す(「重ねる」と覚えていたんですが)と言うか、泣きっ面に蜂と言うか、千客万来?...
これでご想像がつくと思いますが、あああ、やられました。つい2、3時間前のこと、新入り仔猫たちのいる建物から我が家へ戻って来た私の前を歩く小さい黒い影。これはどう見ても黒猫ではありませんか!我が家には黒猫もどき(毛の根本が白いので黒猫とは言えない)が一匹いるのですが、ずんぐりむっくりの体型のその子とは似ても似つかないほっそりした、しかもまだ中猫のちょっと手前くらいの仔猫ではありませんか!!

や、やられた...誰かが昨日の夜、我が家の玄関先に捨てていったに違いありません!!犯人に天罰を!!

でも人間を全然怖がらないこの黒猫(オスでした)、抱かれるとじっとしています。あんまり飢えてもいないので、さっきまで飼われていたのでしょう。
とりあえずゴローちゃんたちと一緒の場所へ。お互い「フーッ」「ウ〜〜」ですが、不思議とゴローちゃんの妹が来た時よりは反応が穏やかです。その上、実の兄に対してあんなに拒否反応を示した妹ちゃん(あ、リカちゃんという名前になりました)、この赤の他人の、しかも自分より二回りほど大きい新入りの兄さんには黙って近づいて手で触ったり鼻をくっつけたり。黒ちゃんはウーと威嚇しますがリカちゃんは平気。へー、こりゃまた不思議なこともあるもんです。
黒ちゃん、表情が分かりづらい黒猫としてはとっても可愛いです。名前はジュリーにするかな。

しかし、このままではいよいよ人里には住んでられないことになるのでは?早くどこか山奥に隠遁先を探さねば!!

仔猫、仲良く遊ぶ♪

| コメント(0)

やっと兄妹らしく追いかけっこや取っ組み合いをして遊ぶようになりほっとしました。妹ちゃんはまだ時々ギャーと大声を出す時もありますが、自分からお兄ちゃんを追いかけて走って行くようになりました。仔猫を2匹も引き取ったのは、私がいない時に猫同士で遊べるからという理由から(もちろん一匹でも多く助けてやりたいからでもありますが)なので、やっと一安心です。次に心配だったのは他の在来猫たちとの折り合いですが、一応一匹を除く全てのメンバーと面会した結果、特に険悪な成り行きにはならず、こちらも何とかうまく行きそう。ただある時から突然ケンカを始めるケースもあり、男の子が増えると心配です。

トイレはほぼ100%ちゃんと出来る子たちです。お兄ちゃんは2、3度布団などの上にしくじりましたが、もう大丈夫みたい。これは助かります。ただ、こちらもある時突然癖が悪くなる場合もあるのでまだまだ油断禁物です。


redox-bg.jpgなかなか我が家用にしようと思うものが描けなかったのですが、これは候補です。和風にしました。
年賀状だけでなく、絵馬のようにして車のお守りにしようかなと思います。
ダウンロードはロフトワークさんからお願い致します。

あんなハシタナイ運動、よくやるよと思っていたコアリズム。確かに実行したら速効があるには違いありませんよね。
で、こっそり「もどき」をやってみています。すると案外これがスムーズにできました。できるとなると意外に楽しくなるんですよね。もちろん誰も見てないところでやってます。あんなに高速でやって胃腸がねじ切れたり脊椎にガタが来たらえらいことなので自然な低速で、1回1、2分、一日数回程度です。するとそれでも胴体の筋肉がすごくしっかりしてきたのが分かります。前に片足スクワットと真央ちゃんポーズ(あ、いよいよ明日から真央ちゃん登場ですね、頑張れー)で足腰の筋肉が鍛えられた時、歩いている時の足取りの軽さが「上等のスニーカーを履いてるみたい」と書いたことがあったと思いますが、今度はさらに上の腹筋、背筋まで増強された結果、もうスニーカーどころか雲の上を飛び跳ねているような身軽さですよ、ホント。これが一生キープできればいいんですが。一生といっても実質ン十年位か...なら頑張れるかも!!
今、さらに上の肩と首まで動かす練習をしています。インドの首振りダンス、やれるかな〜。

今はやりのコラーゲンとかヒアルロン酸とか、そういうものをむやみに体内に取り入れるの抵抗があるので(無知蒙昧と言われそうですがコラーゲンって膠原病の「膠原」のことだし気味悪い)、自前の筋肉で骨と関節をカバーする方針です。

千匹猫まであと262

先に来た男の子の妹ですが...今まで数十匹飼った中で一番、フ、不可解な性格。とにかく四六時中、ウー、フーと怒ってます。兄とじゃれ合うこともなく、兄が抱きついていくとマジケンカに。これではせっかくおっとりして優しい性格の兄までがイジメ猫になってしまうのではと心配。あまりに激しいこの子の鳴き声に、お守り役として一緒の建物にいてもらってる高齢徘徊おばさんはもう我関せずで別の部屋へ退避してます。私もどうしていいやら分かりませんー。
でも今朝、お兄ちゃんがトイレした後、同じ場所でおしっこしてました。トイレはちゃんと使えるようになりそうです。


fri081112.jpg


この可愛い寝姿、その実時折小さい声で「ううー、ううー」とうなっているのです。手前にいる実の兄に対して。

もう一匹のキジ猫も引き取りたいというシェフの願いを叶えるべく、仔猫を引き取りに行ったんです。そしたらぶったまげ、何と残っているのはキジが1匹と黒猫が2匹とばかり思っていたら、キジ猫が2匹いるではありませんか。もともと5匹兄弟だったんですね。

先に連れて帰った子とうり二つの子と、両のほっぺたのところが白い子と。ハマちゃん、トッピーたちとの折り合いを考えたのと将来そこでまた仔猫を増やさないために、女の子を引き取ることにしました。

連れて帰ったらお互いさぞ喜んで一緒に遊ぶだろうと思ったのに...仔猫に関する新発見、仔猫は6日で兄弟を忘れる!!いえ、かりに赤の他人だったとしても同じ年頃の赤ちゃん猫同士、すぐに一緒にじゃれ合うだろうとばかり思っていたんですが、この女の子は「フーッフーッ」と怒りまくり。お兄ちゃんは好意で舐めてやろうとするのにマジでギャーギャーと大声をあげて威嚇。しまいにお兄ちゃんもだんだん腹が立って本気モードで噛みつく始末。はぁ〜〜、まさかこんな成り行きになろうとは。2匹にとってよかれと思ったのに。こんなチビのうちから実の兄にさえこの態度では、そのうちゲンたちに引き合わせた時、どうなることやらと気が重くなります。
明日には仲良くなっていてくれますように。

画像に私の手が写っているのですがお見苦しいので修正しました。手には自信ありません、顔ならまだ何とか?


goro081112.jpg

500万画素ケータイ持ってる意味あまりないくらいピントの合わない写真しか撮れなかったのですが、今日は奇跡的にバッチリ、モデルのポーズもよく(欲を言えばこっちを向いて欲しかったけど)まあまあ満足いく写真が撮れましたのでUPします。
この子は天性のタレントなのか、カメラの自動ピント合わせのジッジーというかすかな音を聞きつけてか、シャッター押すその瞬間にこっちを見てくれることが多いです。親孝行〜

牛をもう少し自由に描いてみました。緑みどりした年賀状になりました。
ダウンロードはロフトワークさんからお願い致します。

千匹猫まであと263
新入りの男の子です。

何のことか分からない方はこちらをご参照下さい。

今までカテキンが豊富だからと番茶で作る場合が多かったのですが、知り合いの方がシミを消したいという用途でお使いになるというので、久々に玉露を張り込みました。
そしたらびっくり、やっぱり値段の高いお茶は違いますね。番茶だとさらさら感が強かったのですが、玉露の場合、しっとり感が普通じゃありません。化粧水とモイスチャーミルクくらいの違いでしょうか。そして夜塗って寝た次の朝、肌の白さときめ細かさが番茶とは格段に違います。

普段飲んでるのはもちろん番茶、さらに倹約して粉茶の時もありますが、余った玉露を入れたら、はぁー、美味しいこと。同じ美味しいと言ってもラーメンの好みは人それぞれですが、お茶に関しては世間の定説通りのようですね。

子牛だけを透過GIFファイルにしました。ハガキの好きな位置に配置して頂けます。
ダウンロードはロフトワークさんからお願い致します。

犯罪的可愛さの新入り仔猫です。ピンぼけ度がデスクトップには却ってちょうどいいかも。
ダウンロードはロフトワークさんからお願い致します。

男の子でした

| コメント(4)


goro2081106.jpg
てっきり女の子かと思って連れてきたんですが(どっちでもよかったけど)家でよくみたら男の子でした。
それにしても見れば見るほどきれいな毛並み。実は個人的にはこのキジ柄が一番好きなんです。ただ絵には描きにくい^^;なのでいつも簡単な白黒ばかり書いているんですが、この子をじっくり観察してキジ柄のキャラも作ろうかしら?

夕べはとにかくトイレを教え込まないといけないので、高齢徘徊猫さんと同じトイレを使ってもらうべく、何度もその場所へ連れて行き両手を持ってカキカキさせたりしましたがなかなかしない。そうこうしているうちに私は眠ってしまい、朝になってケタタマシイ仔猫の鳴き声で目を覚ますと、何やら落ち着かない様子で廊下を走り回り、これはおしっこしたいのに違いないとトイレに連れていくと、ニャーニャー大声で鳴きながら大量のおしっこ。出ている間中鳴き続けていました。おもろー。
それから2時間ほどして、ご飯を食べた後またおしっこと今度はウンも。りっぱなウンで一安心。

ところでこの子の父母ですが、実は前から顔見知りの猫たちです。そこは喫茶店兼レストランをやってるんですが、前から時々キジ猫と黒猫の仔猫がチョロチョロしていました。私たちは月1、2くらい食べに行くのですが、店の入り口に座っていたり、戸が開くと入って来たりで、そこのオーナーがエサをやっているということは明白。その後姿を見たり見なかったりしていたのですが、ずっと半飼い猫状態で暮らしていたもようです。エサをやり続けるのなら手術すればいいのに、今4匹の仔猫が生まれて弱り果てていたとのこと、1匹引き取ると申し出たらオーナーが泣き出さんばかりに喜んで挨拶に出て来られました。

ところでそのお父さん黒猫ですが、背中や肘に広範囲にハゲが。ハゲの中にブツブツ吹き出物のようなものも。皮膚病なのか何かかけられたのか分かりませんが、ちょうどミッチーオイルを持っていたので(基本的にいつも車に乗せているんですが、夏場は熱で酸化するので乗せっぱなしにはできません)ハゲ全面にたっぷり垂らして塗ってやりました。少しいぶかしがりながらもおとなしく塗らせてくれました。よくなっているといいですが。


goro081106.jpgこれはシェフのたっての願いで、ということにしておきます。

既に家の中にいる猫だけで10匹(うち2匹はFIVと高齢のため要介護)、その他外猫少なくとも2匹、近くのコンビニに最近いる片目の悪い猫へのデリバリー一件と手一杯の状態なのに、わざわざこちらから求めて仔猫をもらうなんて狂気の沙汰です。そもそも家にいる猫たちは公称玄関先に捨てていかれた子たちなんですが、その実自分から拾ったコも少なくありません。例えば自転車で歩道を走っていて目の前に行き倒れていたミッチーとか、これから捨てに行くという姉妹仔猫を親の手術を条件に引き取ったゲンたちとか。自分が救わなければ確実に死んでいくという子たち。もし我が家にまだ難民猫を受け入れる余地があるとすれば、最低限この線を崩してはならないという暗黙の了解があったはずなんですが、今回はよそ様で一応エサと雨露しのぐ住処を与えられていて親兄弟と一緒にいる中の一匹を、シェフがいたく心惹かれてしまっている様子だし、彼らのねぐらからものの5mほどのところに交通量の激しい交差点があって何匹かは避けがたく事故に遭うだろうという予測ができたし、それより何より方針を曲げさせるに十分なほどカワイイッ。
でも後ろ髪を引かれつつも一旦そこを離れてホームセンターへ買い物に。そこで私は柄にもなく三色スミレ(ああっ、今風の名前が思い出せない〜)を5株買いました。それは母猫と仔猫4匹を猫のまま連れて帰ることはできないけど、この花を彼らだと思って庭に置こうと思ったからです。これであの子たちのことは忘れよう、と思ったんですが...その帰り道、またその場所の前の交差点を通ることになったんです。
シェフ「またあそこを通るなぁ」
私  「欲しいんだったらもらいに行こか?」
シェフ「...」
私  「行くよ?!」
シェフ「...」
この「...」のところは本当なら「冗談だろっ」とか「アホなっ」という言葉でなければならないのに、何の反論もないということは、シェフは本当にあのコがもらいたいんだ、と私は確信。車をその場所へと滑り込ませたのでした。

この子は4匹兄弟。同じ柄の子がもう1匹。あと2匹は黒猫。母親は白とキジ半々。仔猫をもらいうけて発車しようとしたら、車の横にオスらしき黒猫が座っていました。どうやらそれがお父さんらしい。別れを告げに出てきたのでしょうか。

今回はびっくりするほど可愛いバージョンです。
ダウンロードはロフトワークさんからお願い致します。

とりあえず一つUPしました。我が家ではちょっとハデだというシェフの意見で使わないのですが、宜しければ。
あ、それと挨拶文書くスペースがあまりありません...その代わりと言っちゃ何ですが、それを気付かせないインパクトあると思いますので、めんどくさがりな方にはむしろ最適かも。ハハハ
ダウンロードはロフトワークさんからお願い致します。

近頃我が家のマイブーム、近場のJA産直マーケット〜回転寿司〜クア施設というコース。風邪がまだ十分治ってないことは客観的にも明らかな私を運転手に、今日も出かけたその他家族2人の無謀。(家を目前にして超危険な出来事が...猛省)

JAも色んなニュースがありますが、近場のここは何でも日本最大級の産直市場だとか。併設食堂・喫茶店もあり、それに農協なのに鮮魚も充実しているのが土地柄。おまけに畜産品もあります。「どこ、それ」とお思いでしょうが、個人情報ひた隠しにしていますのであしからず...

海鮮やら寿司の苦手な私、さいさいの寿司屋通いに実のところ閉口していたのですが、寿司命のシェフのためにつきあう覚悟を決めていたところ、今日はどういう風の吹き回しか、その市場でカツカレーを食べることになり回転寿司はパス。助かりました。超特大チキンカツは3人とも半分くらい残して持って帰り、次回我が家のカレーに乗せるべく冷凍しました。

喉が痛くてダウン中

| コメント(4)

連休前から足かけ3日で計500kmほど車で移動してました。運転自体は全然疲れを感じなかったんですが、最後の日の夕方から喉が痛くなり、熱も37度出て体の表面を触ると痛いです。少し濁った鼻水も出るし。昔から今くらいの時期によく風邪を引くんですが今年もやっちゃった感じ。
夜中に目を覚ますと喉が焼け付くように痛いー。マスクを探す気力がなくてタオルを巻いて寝たんですが、そんなもんはずれてしまってるし。
で、夕べは心を入れ替えて喉と鼻の奥にミッチーオイルを垂らし入れました。脱脂綿に含ませて口に含んだり鼻につっこんだり、またはスポイドで。今朝喉は大分良くなりましたがまだ痛みあり。鼻の方はすっきりです。
今年もまた新型インフルエンザの恐怖が覆い被さってますね。いざとなったら鼻にも喉にもミッチーオイルを塗りたくってサバイバルを図ろうと思います。

このアーカイブについて

このページには、2008年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261