2010年5月アーカイブ

疲れる〜

| コメント(4)

今日は隣の県まで仕事で早朝から出かけました。
朝5時半起きで、7時半出発。その間にミッチーの点滴も済ませました。点滴中に吐き気が来て、少し水様のものを吐きました。全体的にはだんだん元気になって来てはいます。ご飯はみんなの為に開けた一般食の缶詰をちょくちょく食べています。今は何でも食べるものを食べさせることにしました。

その仕事、予定では今日夕方までということだったのに、30分で終了。何でも午前中に終わろうということに予定が変わったそうで、私に通知がなかった。憤慨。
場合によっては午後別口の仕事も出来る訳でホントにバカにしてる!
ま、私の場合は早く終わってくれるのが何よりだったので、帰りも高速でまっすぐ帰って来ました。
帰ってすぐ絵本に取りかかりたかったのですが、何だかとても眠くて眠くてミッチーと一緒にウトウト。でも熟睡できなくて疲れが取れず何にも手につきませんでした。
絵本制作期間に出かけないといけない仕事が入るのはホントに困ります。来年からは断ろう。絵本じゃなく仕事の方を。

柑橘皮のその後

| コメント(0)

今日はミルサーで前回より細かいペースト状にして自宅のお風呂で使いました。頭からつま先までこれ一つ。2コ分位の量です。石けんは全く使いませんでした。

髪と顔はそれぞれ2度洗い。かなりなめらかなペースト状にしたので、タオルにつけて体を洗っても前回のように痛いという感覚はなく、いい感じです。

髪、乾いてからどうなるか楽しみでしたが、ふんわりしていてこちらもGooです。ツヤはありそうなものなのに、どちらかというとありません。しかし、ミッチーオイルを顔に塗った後、その手で撫でるので問題なし。

柑橘皮での洗顔、もうかれこれ1週間になりますが、心なしかシミが目立たなくなった気がします。手の甲なんか色も白くなってキメがとっても細かくなりました。

もし髪のボリュームが増えたら言うことなしですが。

3日位前に、いやもっとかな?ミキサーにかけた柑橘皮、ペットボトルに詰めて今日スパに持って行き、髪も体も顔も洗いました。結果、Gooです。

但し!!面の皮鉄仮面の私。皮膚のデリケートな方は真似しないで下さい。

泡が全然立たないのでタオルに染み込ませて体を洗うのは勘狂いますね。結構痛い?
髪は汚れが落ちたのか落ちてないのか分からない感じ。なので最初それを使い、次に石けん、三度目にまた柑橘皮、というふうに使いました。
顔は二度洗い。

刺激は全然なく、肌のキメがとっても細かくなったような気がします。手の甲なんか、最近はよる年波と日焼けでかなり汚くなっていたのですが、10年は若返ったかな、というくらい、白くきめ細か。
これから一生続けます!!

頂き物の大量の甘夏の皮、青カビが生えて来たので、さてどうするか。
青カビはペニシリンだし。「火の鳥」でも青カビを集めて病人に飲ませたら、薬の10倍くらい必要だが効き目はある、と書いてあったし。なので黴びたものも捨てないことに。

これ以上カビがはびこるのを防ぐためにどうするか。
日に干す、か、それとも?
お餅の保存は水に漬けるし、と思って、とりあえずカビを洗い落として水に漬けてみました。
すると、みるみる皮の油分が水にしみ出し、油の虹の輪が水面に現れました。それじゃあこのまま洗剤液として使えるのでは?と思ってその容器の中に洗い物を入れて洗ってみると、案の定、キレイさっぱりの洗い上がり。
これならカビの心配もなく、つけ置き洗いも出来る、まさにズボラーのための柑橘皮利用法。
写真は洗い桶に漬けた甘夏の皮。この中にざっと水洗いした食器を暫く漬けておくのです。

jupixidiji.jpg


それから、ついに自分の顔を実験台に!!
夕べ、ミキサーでドロドロにした液の残りで洗顔しました。
心配した刺激やかぶれはまったくなく、錯覚かも知れませんがお肌とってもしっとりです。これは強靱な面の皮の賜物なんでしょうから、決して他の方にはお薦めできません。
ミキサーにかけてから2、3日の時間が経ったので、かぶれを起こす成分は揮発してしまったのかも知れません。常温においていますが腐敗臭は全くなく、ミカンの香りが爽やかです。この香りがあるかないかで使うか捨てるかの判断をしています。

今度は洗髪にも使ってみようと思います。
うまく行けば食器洗い、洗濯、浴用の全ての洗剤・石けんが不要に?!

今朝やったネットでの脳年齢テスト、今またやってみました。
36歳〜〜♪
だから時間帯によって全然頭の働きって違うんですね。当たり前ですが。つまり健康診断の判定なんていい加減。

下にご紹介した脳年齢テスト、面白いですよ。

今日は特筆すべき出来事がまだまだありました。

生まれて初めて他人?の体に注射針を刺しました。先生の勧めでミッチーの点滴、セットを持ち帰って自分ですることに。セット一式の組み立て方や針の刺し方を練習して、ミッチーの背中に太い針を刺しました。私は怖かったけど、思いの外ミッチーは平気にしていました。これで費用が半額以下になります。

絹も洗いました

| コメント(0)

柑橘皮洗剤で。
この前写真アップしたあのドロドロ液、半分残してあったもので、思い切って絹のカーディガンを洗って見ました。
洗面器の中で手洗いしましたが、洗濯液が少し黒く汚れましたからちゃんと汚れは落ちたということですね。
乾いた後、風合いは今までの綿や化繊と同様ふんわりしています。気になるミカン皮の黄色い色もシミになったりしていません。
繊維への影響、長いスパンではどうなるか分かりませんが、これなら純毛セーターの洗濯にも使ってみようと思いました。

脳年齢テストの±

| コメント(0)

今朝は市の健康診断に行って来ました。年齢的にある項目が無料の年回りだったので。受けた項目はその無料の1項目だけ。
まさか今こんなに忙しくなっているとは知らず2ヶ月ほど前に申し込んでおいたものです。でも想定外だったからこそ無理してでも受けに行けたのです。

早々と済んだのでおまけの色々測定も受けました。体脂肪・血圧・欠陥血管年齢・骨密度・脳年齢など。
係員の人が不慣れで不手際が目立ったんですが、待ってる人が少なかったのですぐに済みほっとしました。
が、ほっと出来なかったのは脳年齢。
ここんとこ10日ほど、いえミッチーの看病も計算に入れると一ヶ月くらい夜昼とない心身の疲労の極地だったし朝に弱い人だということもあるのでしょうが、脳年齢がまさかの8歳も上。げー。
テストの内容はディスプレイにランダムに表示される多くの数字の中から1から順に数字を押さえていくというもの。調子よくピッピッとハイピッチで行ける時もあったけど、「ええ?12がないよ〜」などと暫く考え込むことも。
私にとって天敵の数字なんかじゃなく、猫の顔にしてくれたらなあ。このテストの信頼度ってどの程度なんだろ。
なので今ネットでも脳年齢テストのサイト探して再度トライ。
脳年齢テスト01 脳トレ瞬間記憶
http://flashfabrica.com/f_learning/brain/brain.html
すると今度は8歳若く出ました。つまり差し引きするとまさに年相応ってことか。それもちょっと不本意かも。

シェフは何でも去年の入院時に同じような測定を受け、肉体的にも頭脳的にも35歳位だと判定され、看護師さんや先生たちもビックリしたとか。
だけどさー、膝は痛いしお腹の手術もしたじゃんさー。忘れ物はほぼ毎日だしさー。私なんてY字バランスも片足スクワットもできるのに〜。納得出来ませんーー。

jupixiyifen1.jpgjupixiyifen.jpg
上はミキサーで作った洗濯液の状態です。まだ細かい粒々がありますが、この位で使います。省エネ省エネ。

下は洗濯機のネットに詰まった皮。もう一度使っても結構汚れ落ちがいいです。
欠点という程のものでもないのですが、先日スパで湯上がりにズボンを穿こうとしたら、ポケットが外反しかかっていたのでつい全部引っ張り出したら(何でつっこまなかったんだか?)、ボロボロボロッ...と細かいミカン皮の粉の乾いた固まりが大量にこぼれ落ちました。恥ずかしー。
干す時にパンパンとはたいたのですが、何せズボラーのすること、表だけを適当にはたいただけ、まさかポケットの中にまで潜んでいたとは。

それとかTシャツの袖の内側とかにもたまっていましたね。

これを防ぐためには、ミキサーにかけた後、何かで固形分を濾せばいいんでしょうけど。またはストッキングのようなものに詰めるとか。ストッキングを使えば2度目に使うのも楽ですね。次回はそうします。

今日はご近所さんに頂いた大量の原料があるので、たっぷりと使いました。
すすぎの時に覗いて見ると、やはり色がとても鮮やかに見えました。漂白作用があるのかなあ。

家族約一名が、洗顔やお風呂で使ってみようかと言うので、「顔にいきなり使うとかぶれるかも知れない」と忠告しておきました。うちの一族は皮膚はいたって丈夫なので多分大丈夫でしょうが。(胃はさらに丈夫です!!)

柑橘皮がどっと

| コメント(0)

ご近所の方にお願いしたミカンの皮、今朝起きたら玄関先に小箱一杯届いていました^^;いや、うれしいですーー。うちだけの消費量じゃとても毎日(でもないか)の洗濯、まかなえませんものね。

昨日洗ったもの、今日取り入れたんですが、乾くと一層フワフワ感がアップしていい感じです。匂いは全然ありません。汚れも残ってません。これは日常的に使えそうです。あとは洗濯機本体に対するデメリットがあるのかないのか、あるとすればどの程度か、という問題のみです。

あ、それと肝心な点を書き忘れていましたが、都会暮らしの場合、この排水を下水に流すことは、洗剤を流すことと比べてどうなんでしょう?環境毒はないけれど、河川や海水の富栄養化は促進してしまうのでは。

実は何故ズボラーな私がこんな実験やってるのかと言うと、今度引っ越す先での排水処理の問題を考えているからなのです。下水が全く完備していないところなので、合併浄化槽とやらを敷設しないといけないのですが、この際環境に悪い物質を使わない・流さない生活を目指すことに決めたのです。そこでは浄化槽から先、浄水場や河川に流れ込むことはありません。敷地内の土に染み込ませる・植木の水などに再利用する、など現地で水蒸気に戻るもの。なのでもともと地面に落ちて土に戻るミカンの皮なら、洗濯機の中で汚れを落としてもらってから土に染み込んでもらえば問題ないのじゃないかと。
遠大なテーマです。

食器洗いにはもうこれしか使わなくなった柑橘類の皮、前々から試して見たかった衣類の洗濯への利用をついにやって見ました。
ついに、というのは、何しろ未知のことなので、汚れがちゃんと落ちるのかはまだしも、服が傷みはしないか、洗濯機が壊れないか等々不安要素もあったものですから、おいそれとは踏み切れなかったのです。

で先日ついに変色してもいいような私の衣類、綿のTシャツやズボン(今風に言えばパンツ)などを洗って見ました。古い二槽式の洗濯機で。汚れ落ちのテストのため、泥汚れの目立つ靴下も入れました。

結果:
結論を言えば、非常に満足!!
干して取り入れて何日もほったらかしていて、今日初めて着たのですが、何とも着心地のいいのにびっくりです。Tシャツとズボンを地肌に着たのですが、もうお肌が喜んでる〜というか、ぴったり擦りつきたい感じ。
以前洗剤を合成洗剤から粉石けんに変えてみた時にも着心地の良さに感激しましたが、その時以上。粉石けんは結局高価なのでやめてしまいましたが、ミカンの皮ならタダだし。

汚れ落ちの方もTシャツやズボンの表の汚れはきれいに落ちていました。黒ずんだ靴下はNG。泥系の汚れは難しいようです。
そうそう、肝心な匂い。これは乾いてしまえば全くミカンで洗ったなんて気付きません。

で早速今日、洗濯のために甘夏2コの皮をむき、ミキサーで前より丁寧にドロドロ状にして、私の上から下まで3日分くらいを洗いました。全自動の方で。
後でまだ汚れたエプロン2枚が出て来て、全自動の悲しさ、まだ使える洗い汁を捨ててしまったのが悔やまれましたが、ゴミ取り網の中にびっしりと皮の固形分が詰まっていたので、それをまた使って洗いました。2度目もちゃんと綺麗になりましたよ。

洗濯機から取り出した時には細かいミカンの皮の残骸が固まりになって貼り付いている部分があったり、全体にチラホラとくっついている場合がありますが、干す時パンパンとはらえば問題ありません。乾くと自然に取れたりもするようです。


柑橘の産地なので探せば格安のものがいくらでも手に入ります。今日は甘夏が13コで198円というのをゲット。さらにご近所の方にもミカン類の皮をくれるよう頼んでおきました。

今日洗ったものの中には絹のパッチ(おじんくさー。今風に言えばスパッツ?)もあり、まだ濡れている段階ですが手触りはとてもしっとりフワフワでした。乾くのか楽しみ。

それと不思議なのは洗ったのは全て古いものばかりだったのですが、心なしか全部色が鮮やかになっているような感じがするのです。今更触媒作用などないと思うのですが。今日洗ったものも同様に赤は赤、青は青、それぞれとても鮮明に見えました。不思議。

あと純毛のセーターが洗濯を待っているのですが、これにも使うかどうするか?

ロック死す

| コメント(0)

昨日の朝、朝日の中でロックが死んでいました。うちの前の県道、交通事故です。
3/30にマッチャンが同じく事故で死んでまだ2ヶ月も経たないのに。11匹の新入り子猫たちのうち2匹が相次いで事故死です。だから室内飼い、という考え方も確かにもっともな面があります。人間だって危険な道路、何も知らない子猫たちをそんなところに自由に行き来させた飼い主が悪いのですから。

山の家に引っ越すのを待てなかったマッチャンとロック、もう木の枝を揺らす風になって先に住んでいるかも知れません。

今日は早朝3時から起きて、ミッチーの世話、朝風呂(スパへ。昨晩行く気力がなくて朝に)、その後書類の発送、パソコンの発送、シェフは大工事、私はミッチーの病院通い...目まぐるしい1日でした。

こんな調子の日がもう5日くらい続いていて、そろそろ精神的にも肉体的にも限界。
その合間を縫って絵本も制作中です。

もともとシングルタスク人間なので脳にかなりの負荷がかかり、壊れる寸前。
スーパーのレジでお金を払う時に何度も正しい紙幣・コインが取り出せない。
代引きで払う金額を封筒に入れて用意していたのが、\3150なのに\3015しか入れてなかった。
などなど、呆けの始まりかと心配な出来事が続いていますーー。

絵本、5頁ほど描けました♪自分ではストーリーも絵も気に入っています。

ミッチー峠越す?

| コメント(2)

補液を初めてから10日目、そろそろ2日に1回でもいいかな、という先生の言葉。
ご飯食べっぷりも今日の夕方にはかなり元に戻って来ました。今回も奇跡の復活なるか?いや、復活させねば。

今日の点滴には黄色いビタミンを注射で入れたのですが、これがしみたのか、ミッチーにしては珍しく「う〜」とうなって抗議しました。先生には内緒で毎日人間用のマルチビタミンを半錠、砕いて溶かして飲ませてるんですが。前回瀕死の時にも自己判断で飲ませていました。これと「腎臓に息吹き込み」の原始医療で生き返ったと信じているので。腎臓のあたりに口を当てて思い切り強く息を吹きかけるのです。心の中で「腎臓の細胞よ、蘇れ!!」と唱えながら。最低限、お灸もどきの効果は絶対ありますよね!!前回、もう半分死んだようにぐったりしていたミッチーが、これで「ゴロゴロ」と嬉しそうに喉を鳴らして、それからというもの自分で腎臓用カリカリをしっかり食べるようになったんです。根拠に基づいた医療、EBM(evidence-based medicine)とはこのこと。(EBMという言葉、最近よく使われるようになりましたが、しかしそれ以前は根拠に基づかずして何に基づいていたのか??)

その他、背骨の両横のツボマッサージも続けています。
これもちゃんとEBM。べつの子ですが、お腹に毛玉がたまってしまって吐き出せず、ご飯も食べずに元気をなくしていた時、背中のツボを押してやると、見る見るお腹がゴロゴロと音を立て始め、その子もニャーと鳴いて、その後ぐんぐん調子がよくなりました。胃腸の動きが活発になり、下から出すことが出来たのかな。

とにかく、病院任せにせず、飼い主(家族)が絶えずあれこれ工夫を凝らして看病するときっと効果があるはずです。

加藤九段の事件

| コメント(0)

他人事ではないと気になっていたのですが...

猫にエサをやるなという判決を出せる裁判官は本心なのか苦渋の選択なのか。判決の後に異例の訓示なんかはなかったのか。人間の裁判所は所詮人間の利益しか守らないものなんだ。

原告の人たちは猫が飢え死にする姿を最後まで直視できる自信があるんだなあ。私なら臭かろうが汚かろうが、命と天秤になんかかけられない。

しかし大都会の集合住宅というのはそもそも人間にとってもまともに住める場所じゃない。その鬱憤・ストレスが法律の保護を受けられないノラ猫たちに向けられて、ますます人間社会を殺伐としたものにしていく。そんな場所で猫にエサやりを続けるのも罪作りなこと。猫に対してだけでなく、猫を目の仇にする親を見て育つ子供達はろくな人間になりません。
そんな人たちも根っからの非情な人間ではなく、キャパシティが低いからでしょう。まず自分の快適を確保してからでないと他者を思いやることなどできない。それは生き物の基本なのかも知れないから仕方ない。

飼い猫・外猫が20匹を越えた時点で引っ越しを決意したのもこういう事態を避けたかったからです。幸いうちの場合、敷地・建物が潤沢にあるのでご近所の方はそんな大勢の猫がいるとは気付きません。新入りの子猫たちは夜間外出禁止で育ててますから。不妊去勢手術は全員、オス猫が離れ猫になっても不幸な子猫は生まれません。いつか日本の猫が滅絶危惧種になったら、責任の一端は私にもあります。

猫が見殺しにされる社会は人間にとっても明日は我が身です。捨て猫1匹1匹は歩く「人間の罪」。誰かが助けてやらなければ人類全体が最後の審判を受けることになるでしょう。猫の神様、何とか加藤九段と猫たちをお助け下さい。

猫の布団干し

| コメント(1)

いかにズボラーの私でも思わずうきうきして布団干しやってしまいそうな五月晴れの朝でした。
布団といっても猫たちのものばかり。猫の館の子猫たちの布団は晴れの日には毎日ベランダに干しているのですが、猫屋敷の大人の猫たちのものはついつい長い間ほったらかし。今日は7、8ヶ所もの寝床の夜具を全て引っ張り出してカンカン照りのブロック塀に並べて干しました。途中で何度も裏返しして。

ミッチーの目、一向に改善が見られず、今朝はピンクの涙が出ていました。今日から飲み薬もプラスされましたが、それを飲ませた後、一応涙が止まっていました。これで良くなるか?

ミッチーの目、最初薬が良く効き2日できれいになっていたのですが、その後また悪化。
先生はもう目薬は要らないと言ったけど私は自分の判断でずっと点し続けていたのですが。
結膜・角膜・瞬膜どれもこれも炎症、浮腫を起こしているとのこと。もともと赤ちゃんの時ひどい風邪と結膜炎で角膜に混濁が残っている目なので、正常より弱いのでしょう。白濁していてもガラスに留まったハエをうまく捕るので80〜90%の視力はあると思われ、これ以上悪くならないように祈るばかりです。

腎臓病の方は何とか快方に向かっているようです。吐き気がないのでご飯はほぼ普段通り食べられているのが救いです。でも体重は3.3kg、減ってはいませんが増えてもいません。

毎日補液に行っているのですが、その度に5000円ほどがなくなります...この際冷凍庫の中の永久凍土を掘り起こして食いつなぐか。

二日間の点眼で目はきれいになりました。一時はどうなることかと心配でしたが安心しました。
血液検査の結果、腎臓の数値(クレアチニン)は上がってステージ3の4に近いところまでになっていましたが、貧血は改善されていました。

吐き気が少し見られるようになりましたが、様子を見て腎臓レトルト食を口に入れるとまあ必要最小限ぎりぎり位は摂取できてます。イヤイヤを始めるとそれ以上無理に押し込んでも吐いてしまうので給餌中止。

その後他の子たちの缶詰やカリカリを覗き込んで食べようとするので「みっちゃん、何してるの」と咎めるような口調で言うと慌ててやめます。
夕方補液に行った時、先生にそう話すと「食欲がない訳じゃないなら結構。今は緊急避難的に何でも食べたいものを食べさせましょう」とのこと。

家に帰って子供達のために開けた缶詰のお皿にみっちゃんも頭をつっこんで一緒に食べるのを放っておきました。食べ終わったらすかさず活性炭の薬を飲ませました。久しぶりの禁断のおいしい缶詰に幸せなミッチー。でも1回だけだよ。また夜中から療養食レトルトを食べさせなければ。

昨年末、瀕死の腎不全から奇跡的回復をみせたミッチーが、最近また不調です。
食欲はあったのに体重が少しずつ減って来て、3.5kgから今は3.3kgを切っているかも知れません。背骨もゴツゴツ触るようになったし。
で、金欠なのに毎日補液に通っています。

夜もずっと一緒に寝て、今朝目が覚めてミッチーの横顔を見たら、れれっ、ツツーと透明の綺麗な涙が2粒3粒。

びっくりして顔を見ると左目が涙でぐしょぐしょ。

午後補液に行った時に見てもらうと「結膜炎起こしてる」とのこと。特にケンカとか変わったことはなかったのに、夕べは何ともなく、今朝になって急にです、と説明。恐らく脱水が原因だろうとのこと。もともと子猫の時にひどい結膜炎で、結膜の癒着などの後遺症があるのです。
目薬をもらって点眼。
昨日は血液検査と補液で約10,000円、今日は補液と目薬で5,250円。
今月人間は半額のものばかり漁って食いつなぐしかありません。

往復1500Kmを生還

| コメント(0)

よりによって連休のまっただ中、所用で静岡へ車で出かけていました。
田舎の高速ならおかげさまですっかり慣れましたが、名神、名阪、東名とかいう恐ろしげな(だって大事故のニュース多いし)道路の名前に超緊張しました。
渋滞予測ではかなり色んなところが赤くなっていましたが、実際に走るとそれほどのこともありませんでした。行きは到着せねばならない時間が決まっているのでしんどかったです。真夜中に出発したのですが、いくら徹夜平気の私でも高速運転しながらずっと起きているなんて神業もできず、頻繁に休憩・仮眠を取りながら行ったので、まるまる12時間かかりました。ネットのルート案内サイトでは8時間ほどの計算でしたが。

帰りは猫たちの世話が待ってるだけで特に時間の制限はありませんから、おおっぴらに十分休憩を取りながら走り、やはり12時間かかって帰り着きました。

ハマちゃんたちのご加護により無事帰宅できてホントによかった〜。
さていよいよ絵本に本気で取り組みますー。

あ、生還できたのは、もちろん左足ブレーキのおかげでもあります。

◎下の方にコウモリの画像があります。怖いと思う方は要注意です。

真央ちゃんやキム・ヨナ選手たちと同じポーズをしているのに見た目は全然違うとはこれいかに?
という理由で人目を避けて密かに毎日やってるY字バランス、その時の疲労度などで最初からフラフラしてしまう時もありますし、冬の間厚着しているとそれだけで足が上がりにくいですが最近薄着になり割と楽々足が上がります。なので気をよくして一体どのくらいキープ出来るのか、測ってみようと思いつきました。目標1分。

いつも茶の介の散歩中にやるので、茶の介が動き出したり、通行人や車が通るなどの理由でやめていて、せいぜい30秒までだろうと思うのですが、室内で時計の秒針をみながらきちんと測ってみると、目標の1分は楽勝でした。左右とも。でもさすがに足を下ろした時にはお尻や太ももが少し震える感じ。さあ、何歳まで継続できるか、チャレンジですね。膝へ過度の負担となっては何をしているか分からなくなるので要注意です。今の体重なら。

片足スクワットも連続10回というのは膝のことを考えるとやめた方がいいかなと思って、連続は4、5回までにしています。それを一日に2度ならOKかな。

話題は全然変わって、一昨日の夜誰かがコウモリを捕まえて来ました。椅子にかけてあったコートをとったら、ひぇ〜〜何かがひっついてる〜〜〜。何と体長5cm弱のコウモリ。

ウンともスンとも言いませんが、外傷はなく、背中をさすってやると耳を少し動かします。私のコートにしっかりとしがみついて猫の魔手から逃れようとしているいじらしさ。

どう取り扱えばいいのか分からないけど、とにかく箱の中にティッシュとか草の葉とか敷いて、脱脂綿に含ませた水も置いてやり、猫に見つからず風に飛ばされることもない場所に一晩置いておきました。

きっと夜の内にこときれているだろうと思ったのですが、朝見ると箱の縁によじ登り、逆さ向きに貼り付いていました。
体が冷たいので日光にあてて温めてみると、耳の動きが活発になりました。脱脂綿の水を口元に持って行くと、おお、チュッチュッと口元を動かして吸い始めました。最初はチュッチュッでしたが、やがて大きな口を開けて咬み着くようにして飲みました。何故か感動的。

bianfu4.jpg

bianfu.jpg

色々忙しい最中だったのですが、シェフにその事を話すと「肉をやってみたら」
しかし飛びながら生きた虫なんかを食べているんだろうに、肉なんか食べるかなぁ?でもダメもとでシェフが持って来てくれた肉片を口に近づけてみると...おおー、さっきのように大きな口を開けて2、3回咬み着こうとしました。
でも歯のない悲しさ(何かヒゲのようなものがチョロッと生えていますが、いわゆる歯はなさそう)、咬みきれない。
そこで噛まずに食べられそうなモンプチを持って行くと、おおー、2口3口もぐもぐと食べました!!

その後カゴに入れて、猫に見つからないような木の枝にぶら下げて、水とモンプチを3度ほど与えました。最初カゴの中に入れておいたのに、暫くするとまたカゴの外側に逆さまに貼り付いていました。モンプチはその口元のあたりに塗りつけておき、水は時々脱脂綿で与えました。
下に落ちては猫の餌食なので、帽子でセーフティネットを作っておきました。

こりゃうまく生きながらえたらこの子もまた飼ってやらなきゃ、と思っていたのですが、夕方見るとコウモリはもういませんでした。下に落ちた形跡もなく、きっと飛び立って行ったのでしょう。そう思うしかありません。

日本や西洋ではコウモリは気味悪い悪魔の使いのように思われていますが、何と中国では幸福を呼ぶと言われ珍重されてます。コウモリは蝙蝠といい、「福」と同じ音なので。だから助けたというわけではありません。コウモリとかモグラとか好きな人。

時々シャープペンの芯くらいの目を真丸く開けて私を見ていましたが、ミッチー似の可愛い顔でしたよ。確かに幸せな気分をくれました。

ケージ届く

| コメント(0)
Image2024.jpg

ネットで買ったアイリスO山の三段ケージがおととい到着、昨日シェフと二人で組み立てました。
どんなに快適な部屋であったとしても、こんな文句ない五月晴れの日も日光の当たらない部屋に閉じ込められているジブリとシャム子が不憫で、昨日朝「今日はお外で日に当たれるからね」と約束したので絶対ケージ組み立てなきゃ。

と、ところがっ...ジョイントの形状がどうみてもまるで知恵の輪、一体どうやったらこんなもので固定できるんだっというシロモノ。
理科系ではないのですが意外にも機械に強い私だというのに。
ところがよく出来た夫婦というもので、いつもは何かにつけ私が監督しないと工事が無事終わらないシェフが、ちょっと試行錯誤した後、見事パチンッとジョイントをとめたではありませんか!!よかったー、頼りになる夫で。私一人だったら絶対メーカーサポートへ電話して「部品が間違っている」と言ってたかも。

ところがシェフは足が痛くなったとか言って、ジョイントのはめ方を私に伝授することなく現場を離れ休憩に行ってしまい、私は相変わらず頭をひねり続けること暫し。

でも暫くしてアハ体験のように「ああ!」と閃き、20個ほどのジョイントを見事一人でとめ、無事三階建てケージを完成させました。しかし、アイリスさん、このとめ方は図解の必要があるんじゃ?それとも私がよっぽどドン臭いでしょうかねぇ。それともこのようなジョイント方式が今や一般的なもので、私が知らないだけ?

高さがあるので三段目を乗せるのに苦労しましたが、椅子を踏み台にして。

一応何とか約束通り、まだ日のあるうちにジブリとシャム子をベランダに出してやることができました。
初めてのケージに二匹ともおっかなびっくりで、一番下の段に一緒にくっついているばかり。風が強いので日がかげるとすぐに部屋に戻し、一時間弱の日向ぼっこでした。

事前のリサーチでは、何でも塗装がお粗末で手が切れそうだとかいう評価もあり、今回ゲットしたものは格安だったので心配でしたが、全然そんなことはなくキチンと丁寧な塗装がなされていました。ステンレスではなくスチールなので、塗装お宅のシェフが長持ちさせるために吹き付けしようと言うので、仕様書に「エポキシ粉体塗装」とある、と言うと、うるさいシェフも「それは最高。良心的なメーカー」との評価でした。


一日干しておいた人間のフトンを折りたたみベッドに敷くにあたり、ホコリやゴミの堆積しているベッドの下を日も暮れてから二人で掃除。その間、リカちゃんが寝床がないのでウロウロ何度も出たり入ったり。ベッドの上はハマちゃん、シャム兄、トッピー、リカちゃん...など猫屋敷メンバーの寝床にもなります。なので今日一日フトンがないためみんな路頭に迷っていたことでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2010年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年4月です。

次のアーカイブは2010年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261