2011年3月アーカイブ

今日日中は17℃、茶の介の散歩の時はもう夏の格好をしていても汗ばむほどでした。でも夜になるとまたもやダウンコートを着込む冷え込み。河川敷のサクラもまだ蕾が固いままです。

29、30、31と連日何やかやの用事があってクタクタです。

29日は引越先へ行って来ました。未明に出発して未明に帰宅。今月金欠なので下の道で行こうと思いましたが、待てよ、通勤割りが使えるじゃないか、と気がついてネットで100km以内の出口を調べて1100円位の出費ですませることが出来ました。時間的にも1時間位の節約。帰りも通勤割りか深夜割りを使おうかと思ったのですが、疲れていたので下の道にしました。途中コンビニでちょっと一休み、と思ったらまるまる3時間も寝てしまいました。運転席で。どこでも爆睡できる人。でも気をつけないとエコノミークラス症候群で危ないですね。

 

昨日は狂犬病の予防注射へ3匹車に乗せて行って来ました。

一昨年まで市がやってるものを受けていましたが、去年から他府県の動物病院の出張注射のお世話になっています。市のは一匹3000円弱かかりますが、一匹分で3匹打ってもらえますから、こっちで受けなきゃバカみたいです。ついでにフィラリア予防薬も一年分もらいました。良いのか悪いのか知りませんが血液検査なしで薬がもらえました。

毎年近所の公民館での狂犬病の注射と、かかりつけの病院での血液検査・フィラリア予防薬購入で、この季節3匹の言うことを聞かない犬を二度も連れて行かないといけなかったのが、一度ですむことになり、しかも金銭的にも3分の1とはとても助かります。

今日は私の特定健診に行って来ました。地震やら原発やらですっかりそんな気にならなくて、もし予約取れなかったら今年は行かなくていいや、と思っていたのですが、何とか最終日が空いていました。

体重は変化無し、あと朝一番9時からの予約だったので、万一早朝高血圧が出たらヤバイと、夕べ納豆を食べておいたところ、116と66という理想的な数値でほっとしました。上と下の差は50くらいがいいらしいです。尿はタンパクも糖もなし、これもちょっとほっとしました。

胃カメラ、家族の中で私だけ一度も飲んだことないのです。でも「ガン検診はうけてはいけない」とかいう本もあるし。何か心配なことがあるまで受けないでおこう。なんて言うのがいけないのかも。

千匹猫まであと113匹

NO NUKES(原発反対)の方はサイズ的に小さすぎて中途半端ですが、ハガキ程度なら印刷して使えます。

ダウンロードにもUPしてあります。

昔、魂を吸い取られて死んでしまうとか言って写真を恐れた人々を今笑うことは出来るが、原発は恐ろしいからと反対した人々を後に笑える人が生き残っているだろうか。

新しい科学技術を恐れるのは未開人、使いこなしてこそ文明人という図式が原子力にも言えるだろうか。

事故がなくても運転中年々歳々たまって行く廃棄物の処理、円満に寿命をまっとうして廃炉にする際の手間だけでも大問題なのに。

原発やむなしという人々は、今回のように万一の事故の時、犠牲になるのは自分ではないから平気と思っているのだろうか。逃げ遅れる人、処理にあたる作業員、そういう人は必ずでるものなのに。

 

電力需要をまかなうためには原発を廃止するわけにはいかない、と言われると多くの人はそれ以上何も言わなくなってしまう。

でも原発がなくなると一人当たりの消費可能電力はどのくらいになるのか、一度示して欲しい。

その値が出た時点で、それ以内でまかなうために自分が何を使わないようにすればいいのかを考えてみたい。

遊興施設の夜間営業、店の看板などやめる。テレビもオイルショックの時のように早々と放送終了にする。そんなこんなで試算すれば、本当に必要な電力なんて今の半分以下では?

 

さてこの3、4日ほど連日早朝、時には真夜中に鳥の声で目が覚めています。

ウグイスがもう鳴いてる?いえ、そんな素敵なことではなく...

毎日ムクドリを猫が捕まえて来て、「キーッ」という鳴き声とガツンとガラス窓にぶつかる音で目が覚めるのです。もう~、勘弁して~。鳥インフルも怖いよー。

猫より先に捕まえるために一緒になって追いかけると逃げながら緑色のフンを落として、それがほっぺたに~。生温かい~。慌ててアルコールティッシュで拭き吹き。

多分捕まえて来るのは優しいリカちゃんと見えて、鳥たちは致命傷は負ってなく、半分は何とか飛び去ることができました。

いつかは床の隅に落ちたところを、ふとっちょの最年長黒猫姉さんが押さえてくれて他の子たちの魔手から逃れることができました。姉さんは何故か鳥を咬もうとしなかった。私の気持ちを分かってくれたんでしょうか。

そうかと思えば別の日、元気よく飛んでいるうちに窓を開けてやらなきゃ、と必死で開けて、さあ、どこにいるのかと振り向いたとたん目に入った光景は...いつもはおっとりして動きの鈍いシャム兄が一体いつのまに~という感じでムクドリの首をガブリとくわえてすまして座ってる。慌てて口から奪い取ると(この子も素直に引き渡してくれた)、幸い血は出ておらず目をキョロキョロさせている。でも恐怖で体は縮こまってしまっていました。そっと猫たちが見てない窓から外に出してやると、取敢ず飛んで行って低い木の枝に留まりました。ショックから立ち直ったら飛べそうだけど、それまでに猫に見つからないといいが、と思いつつ二度寝。後でその木の周りを見たけど姿はありませんでした。無事に飛んだと思います。

さて、明日の朝はどうなることか。

 

ダウンロードはloftworkさんからお願い致します。

Where have all the people gone...懐かしい言葉です。

戦争も原発も同じ。誰も動物たちの犠牲を数えない。

千匹猫まであと115匹

鉛筆の線画に「ゆめいろのえのぐ」とIrfanViewで着色しました。

原発事故の議論

| コメント(2)

知らなかったのですが朝まで生テレビで原発事故の話をしています。

今夜は眠いから早く寝ようと思っていたのに。

 

それにしても今まで経済評論家だったはずの人や金儲け大好きだったはずの人や政治家がこの問題をいかにも分かったように発言しているのにものすごく違和感。

かといってその道の専門家の意見はことごとく他人事のように聞こえる。顔も声も妙にのんびりしている。ひょっとして「くれぐれも不安をあおらないようにお願いしますよ」と固く言い含められているのかと考えてしまう。

討論には時折笑い声が混じる。

10km以内にある自宅で動けない夫と共にそのまま残ると言っていたおばあさん...こういう人達の横に座って同じ議論ができるのか。

考えられない

| コメント(0)

今更何を言っても無意味でしょうが、作業員の人の被曝...。

上からあれだけ給水しているんだから炉からの漏れがなくても床が水浸しということぐらい誰でも予測できるのに短靴で入るなんて。放水してなかったところかも知れませんが、マッチ箱が吹き飛んで雨だって降ってるのに。こういう程度の認識の人が原発を作り運転していたんです。あまりの事態に正常な判断力さえ失われているのかも。

さらに規則では保安院の人間が現場に同行しないといけないのに行ってなかったとは。己の命が大事、このドタバタでは作業員が何人か犠牲になるのも織り込み済みということでしょう。

今の東京電力と政府の対応を全ての国民ははっきりと記憶しておかねばならないと思います。

いざという時のあらゆる対策を熟知して尚かつ自らを犠牲にして事態収拾に向かう覚悟のある者にしか原発建設の許可を与えてはならないということ。そんな人がいるはずなどない。それを誰もが知っていたはずなのに、催眠術にかかったかのように次々と原発を建設していった。

これからは他人事ではありません。

今まで体を張って反原発に取り組んでこられた方たちに本当に申し訳なく思います。

かと言って電力会社や行政に積極的に抗議に出かける勇気と行動力はなかなか持てない。

危機がはっきりと見えて警告を発する先覚者、危機を隠して目前の利益を追求する愚か者、そしていつまでも動かないサイレントマジョリティー、こういう人々が一定の割合で常に存在するのが人間社会なのでしょうか。

せめてカンパとか署名とかには参加しなくては。

 

という話題です。昨日はまいった~。

午後、猫の館の2階で散歩から帰った茶の介の世話をしていると、1階でギャオーギャオーという鳴き声。

走って下りて見ると台所の方から叫び声。トッピーが誰か女の子を追い詰めているようです。ガラッと戸を開けて「こらっ」と言ったその瞬間、鼻に飛び込んで来た異臭。やっちゃったー、脱糞。可哀想に。

トッピーを捕まえると、チョベリバー(古、死語)、両腕、両足の白い毛に茶色のとばっちりが。そのまま腕を掴んでぶら下げて、表の井戸水のところへ行き、ジャージャー。日に当たる場所だし井戸水なのでまあまあ温かい。トッピーは少し抗議しましたが、四の五の言わせず手足を水洗い。タオルで拭いて車の中に監禁。車も日が当たっていて暖かいので風邪引くことはないでしょう。

 

その後現場の床に飛び散っている○○を拭いて脱臭剤をかけ、一段落して被害者を捜すと、天袋の上から下を見ていました。怪我をしている様子もないので一安心したのですが、下りようとして近づいて来たその子を抱き下ろして、ギャー。背中からお尻にべっとりと~~。

こりゃー井戸水ではあきまへん。そのまま買い物カゴの中に入れてフタをして母屋の風呂場へ連れて行き、お湯をジャージャー。バスタオル2枚で十分拭いて、暖かい寝床に入れてやりました。その後ご機嫌伺いに美味しい缶詰を差し入れ。

それにしても背中の上のほうまで...過去最大の汚染面積、悲惨でした。

 

こんなしょーもないことを書いて何になる...いえ、単なる日記ですから。

今日は疲労困憊なので猫絵なしで寝ますzzz

あ、車に監禁というのはこの頃ちょくちょくやっています。何せ部屋数はいっぱいあるのにちゃんと戸のしまる部屋というのが一部屋しかなくて!!(あばら屋ですけん)その部屋はジブリたちFIVカップルが使っています。いざという時に隔離できる場所としてハマ吉号にお願いするしかないのです。

ハマ吉号はその名の通り、ハマちゃんのお気に入りの場所なのですが、この頃はシャム兄とトッピーの隔離に使うことが多くなりました。二人して猫の館の女の子たちをいじめようと、出入り口で張っているのをよく見かけるので(知能犯、というか性悪なやつら)、そんな時は車に閉じ込めてしまいます。これが結構居心地のいい場所らしく、本人達はお仕置きと思うどころか中でくつろいでいます。車を日なたに停めておいてやるともう極楽です。二人は仲良しなのでケンカの心配もないし。

ハマちゃんを一人で入れておくとたまに大小をやってくれます。さすがに座席とかではなく、助手席の足もと。最初泥よけの敷物の上にやられたので、今ではあらかじめペットシーツを敷いておきます。でもスプレーには処置無し。シャム兄とトッピーはスプレーはあまりしないのでまあ安心です。

それにしても車検とか点検の時、やっぱり匂うんだろうなぁとちょっと気兼ね。

千匹猫まであと116匹

ついでに「買い占めやめよう」ポスター風にしました。

ダウンロードは画像クリックでloftworkさんからお願い致します。

jibliposlofbb.jpg

 

モデルはジブリです。FIVのせいか体毛がかなり薄くなってお腹なんかツルツル、人間みたい。この冬は寒かっただろうと思います。今日あんまり天気がいいので1年ぶりくらいでしょうか、庭で散歩させてやりました。冬の間は部屋の中に日が差し込んでいたので日向ぼっこは出来ていたのですが、この頃めっきり日が高くなって全然日に当たれなくなっていたので。

でも散歩させている周りには追っても追ってもゴローちゃん、トム、シャム兄とオス猫たちが近づいて来て、万一の場合が心配で私は気が休まりません。幸いというか珍しくというかみんな友好的で、ジブリは久々のお日様にすっかり喜んで地面でゴロゴロ転がっていました。20分ほど経って郵便屋さんが来てブレーキの音にジブリがパニクりそうになったので部屋に連れて帰りました。

まるで原発と一緒で万が一暴走したら手に負えません。私にまで咬みついたりして首輪が外れて逃げたりしたら一大事です。念のため首輪は2つつけてあります。

ジブリとルームメイトのラグドールの女の子の日向ぼっこ・夕涼みのために3階建てのケージを買ってあったのですが、今それは茶の介の家になっています。今度余裕が出来たらまたもう一つ買ってやらねば。

 

鉛筆画を続けていて大発見。

それはパソコンとペンタプで描くよりずっと早く仕上がること。これで3分くらい。(下書だけですが)

こんな簡単な線画でもパソコンで描くと5倍くらいの時間がかかると思います。理由はやはりペンタブでは厳密に思い通りの線が引けないことだと思います。タブレット面も長年の使い込みで磨り減ってひっかかるところもあるし。新品だとしても僅かなタイムラグがありますし。

その点紙に鉛筆というのは違う。そんなこと考えたこともなかったけど、こんなに大きな違いがあるとは。

本物の指で握る鉛筆はまるで体の一部のようなもの、タイムラグはありません。それに失敗すると消しゴム使うのがめんどうなので(汚れるしカスは出るし)、気合い入れて描くためでしょうか。

心臓が痛い

| コメント(0)

2、3日前、左胸に今まで感じたことのない違和感を感じてちょっと怖かったです。

まさか心筋梗塞?ううー、血圧は毎日チェックしているけど~、コレステロールは心配なほど高い訳じゃなかったし~。

(血圧ですが、原発の重大ニュースを不安な気持ちで聞いた直後20以上上がっていました。すぐ下がりましたが、一日中何度となくこういう状態が繰り返されているんだなと思うと怖い。)

連日、夜というか明け方、そろそろ眠くなったので寝ようと思う頃、それと朝起きて一番にテレビのスイッチを入れた時、判で押したように悪いニュースが耳と目に飛び込んで来る。

海水から高濃度の放射能とか、格納容器の温度が設計限度を超えてたとか、たくさんの野菜の出荷停止とか。

これでは本当に心臓に持病のある人は耐えられないですね。

ニュース見なければいいじゃないか、という訳でもないし、かといってバカ番組なんか見る心境じゃありません。

地震と津波だけならどれほど迅速に救助・復興にとりかかれたか。一電力会社のおかげでこんな事態になってしまう。無事収束できたとしても拍手してる場合じゃなく、この罪を糾弾しなくてはならないと思います。

千匹猫まであと117匹

またまた署名運動のための絵です。

日曜日と昨晩、久々に普通の番組を見ました。

日曜洋画劇場の「プラダを着た悪魔」、どうせつまらんファッションチャラチャラ映画だろうと思っていたのですが、のっけから面白くて最後まで見てしまいました。アメリカの労働って血も涙もないんだなあ、とつくづく日本社会の特殊性を感じました。でもま、とにかく面白かったです。

夕べはもう少しで見逃すところだった「スタジオジブリ物語」、やっぱり見てよかった。

「もののけ姫」のしし神というものの半透明の姿がまるで放射能のことのように思えました。

「一つの妖怪がヨーロッパにあらわれている、――」という共産党宣言の言葉も思い出してしまう。
一旦コントロールを失えば誰一人手に負えないと分かりきっている放射能という妖怪をよくもマッチ箱のようなもので囲んで今日まで養い続けて来た愚かな人間、私たち。

表面温度が100℃以下だと聞いて、やや収束へと舵取りができたか、と思ったら、今朝未明にも何やら深刻そうな記者会見場面。前にも圧力容器破損か、という局面だったかと思うのですが東京電力の人間が全員それまでと違って言葉もしどろもどろ、「申し訳ない」と謝ったりしているのを見てアイヤーと思いましたが、今朝も同じく全員口ごもって何言ってるか全然聞き取れない。記者の質問も早口で聞き取れない。画面にタイトルも出ないので全くもって何が起こったのか分からない。

どうやら海水から異常に高い放射能が測定されたということらしいです。そりゃそんなこともあって当然。

今後農業漁業に与える影響は測り知れません。タダでさえ狭い国土も地盤沈下で一層狭くなり漁港も破壊され田畑は潮に浸かってしまっているのに、農地漁港が無事でもそこでとれた野菜や魚が食べられない。大勢の農家や漁師の人々の生活はどうなるのか。 東京電力はこれほどの被害をどう弁償できるのか。それとも天災だから責任はないというのか。

日本人特有の「一億総懺悔」でもいいから、とにかく原発は廃止。もう誰も騙されない。

千匹猫まであと118匹

ケータイ待受の子と今夜の新作です。

署名した『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』運動のために描きました。

 

節電のため今までと違う描き方をしています。

ダウンロードはロフトワークさんからお願い致します。

落書きですが。

節電プロジェクトになんちゃって参加作品です。

saveenergy.jpg

ダウンロードはloftworkさんからお願い致します。

今日というか昨日、20日の満月は普通の満月じゃなく、何でも月が地球に大接近していて、一番遠い時と比べると14%も大きく30%も明るく見えるとか。厳密に言うと再接近は20日の未明、つまり19日の夜らしいです。

日付が変わってしまってややこしいですが、昨日はあいにくの雨で満月は見られなかったものの、一昨日19日には綺麗なほぼ満月が見られました。18時過ぎに山から昇ったばかりの頃に最初に見て「ああ、忘れていたけどもう満月かな」と思った時にはうっすらとぼやけていて朧月夜という感じ、ああ、やはり春は来たんだなあと思いました。それから真夜中を回った頃、表で猫のケンカの声がしたので飛び出してみると、少しグレーがかった黒い空にホンの少しシルクスクリーンをかけたような白い月が浮かんでいて、幻想的な光景が見られました。この時が一番大きく見える時間帯に近かったと後で知り、ラッキーでした。ケンカしてくれた猫は恩人?

被災地の荒涼とした廃墟の上にもこの月が出ているのか、人々はどんな思いで見上げているのかと考えずにはいられませんでした。今まで満月の夜にはミッチーやハマちゃんを抱き上げて「ほら、お月様、ミッチーの病気とケガを治して下さいとお願いしようね」とか「ハマちゃんが元気で長生きしますように」とかいうことばかり祈っていましたが、初めて他の人のために祈りました。

昨日の昼間、今を盛りに咲きそろっている庭の水仙のコロニーの中で一番可愛い形の花を選んで写真に撮りました。花びらの丸いものです。とがったような長い花びらのが多いのですが、この丸まった形の花が好き。

suisen.jpg

 

その側でトムが来て寝そべったのでこちらもパチリ。

我が家で一番大型の男の子になりましたが、性格は一番温厚、というか天然。

食べ物があればハッピーな人。それでいいのだよ。

tom20110320.jpg

 

tsukushi2011.jpglinsnake.jpg
もう一人の蛇つかい女
昨日のマリちゃんは木の枝が横笛を、この子は上のビワの木の葉が、それぞれ原画を連想させます。

気がつけば春

| コメント(2)

日付変わって昨日は彼岸の入り。

庭のサクランボの花がかなり前から満開になっていました。このところの真冬への逆戻りで時間が止まったように長いこと咲いています。

マリちゃんと桜のツーショットを、と思っていたら、以心伝心か、マリちゃんが木に登ってくれました。何だかアンリ・ルソーの「蛇つかいの女」の目とうり二つ。

marisnake.jpg

昨日は前の空き地の用水路沿いのところにつくしがいっぱい出ているのを発見。写真撮る時間がなかったのでできれば明日、というか今日撮りたいと思います。 森羅万象は変わりない時間を刻んでいるんですね。

9日が予定日だった東京郊外に住む姪から8日遅れで無事生まれたという写メールが届き一安心。突然時代が変わって大変な時代になってしまったけど、細い姪と似ても似つかない頑丈そうな顔の男の子。早くも頼もしい感じです。この姪が生まれたのだってついこの前なのに。人間の一生ってホントに短いものですね。

お彼岸といえば今年三回忌になる身内がお世話になっている萩のお寺に行こうかという話がでていたのですが、今の事情では延期するしかありません。

まだ3月も半ばだというのに今年は本当に色々な出来事がありました。

放水が開始されたというニュースを見ながら大学教授が「水は蒸発する時大量の熱を奪うので効果が期待できる」という小学校の理科のようなことを言うのを聞いて唖然。

「原発」というワードで検索すると下記サイトが見つかりました。

 

原発がどんなものか知ってほしい(全)
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html#page1

今の時期、こんなリンクを張るのは不安をあおるだけ、という側面もあるかも知れませんが、どんな場合でも真実を知ることは大事だと思います。この際、一人一人が徹底的に原発について考えることが絶対必要だと思います。

今日(あ、もう昨日になりました)は午後時折チラホラと雪が舞う寒い一日でした。外へ出してやった猫たちもすぐに猫の館に戻り、ハマちゃんたちもまだ明るいうちから早々と寝床で寝ていました。

これから日本に覆いかかるであろう耐乏生活を先取りして、夕べ2つの寸胴鍋にいっぱいダンゴ汁を作りました。ちょうどミソ味の雑炊が食べたいなと思っていたので私的にはご馳走です。野菜をいっぱい入れてミソは極々少量。何でも味噌は放射能にもいいとか。どういうメカニズムなのか知りませんが。

今週いっぱい毎日これを食べます。(今シェフがいないので。シェフのいない時はいつもこういう食生活。お好み焼きを大量に焼いて食いつなぐとか...いや、悲壮感はありません。何でもおいしく食べられる人^^)

 

うちでも救援物資を送ろうと思いついたのですが、窓口を調べたりしているうちに、過去のボランティア活動の経験などを読むと、不要な衣類など大量に送りつけられても結局無駄になる、だけでなく迷惑になるとかいう記事があり、考え込んでしまいました。送ろうとしているのはまさにその不要品なもので。だって要るものは送れないし。

テレビで古着でも洗濯してあればOKと聞いたのですが自治体やボランティア団体によって違いがあるようですね。今回の災害の規模からして、古着はいらんとか言っていられないとも思うので、ぼちぼち洗濯に励むことにしようかな。

日本と放射能とはよほど因縁があるのか、爆弾でも平和利用でも世界に先駆けた体験をすることになりましたね。原発事故は他国でも先にありましたが、来ることが分かっていた地震によって安全神話(こんなの本気で信じていた人が果たしているのか?)がぶっ飛んだのはこれが初めて。

今ニュースでドイツは場合によっては国内全ての原発の廃止も考えると言っていました。ヨーロッパの国々は真剣に考えているようですね。さすがです。

地震国日本がこんなに分別なく原発を林立させたのは本当に狂気の沙汰です。想定外などとい言葉は無知蒙昧の証明でしかありません。地球にやさしいとかCo2を出さないとか...放射能出すじゃないか!!もともと放射能に満ちていた地球は平気かも知らんが生き物は死に絶える。

 

追記です。

その後検索でこんなのを見つけました。

 

 

goro110316bb.jpg

千匹猫まであと120匹

NEKO HOUSEさんに見習って、節電のため反故の紙にボールペンで描き、スキャナが壊れているのでケータイで写真撮って、「ゆめいろのえのぐ」で仕上げました。

これから当分この手法で描くかも知れません。

大震災と原発事故のことしか考えられなくて、猫を通じて祈りを届けたいと思います。

被災していないにも関わらず、日常生活は猫の散歩も含め普段と何も変わらない生活を送っていられるにも関わらず、昨日あたりから何だか疲労が積もって来ました。

特に夕べ夜中に原発の状況悪化のニュースを聞いて以来、寝込んでしまいそうな気分です。

何か役に立つ絵でも描けないものかとペンを持つ気になったところへ再度燃料棒露出のニュース、3時頃布団に倒れ込んで、朝9時前に目が覚めると圧力容器破損か、というニュース。

他人事のような口調で御用学者かと思うような人たちが楽観論の合間にも「○○の可能性がある」「最悪△△の恐れ」とかチラホラ言って来たシナリオの、その最悪のコースを毎回毎回どんどん進んで行ってるじゃないですか。

こんな事態になっても秩序を乱さない日本人の美徳は世界から驚嘆されているけれど、誰が考えても危険無謀だという方向にみすみすズルズルと向かってしまうのは先の戦争突入の時とまるで同じ。

「三度許すまじ原爆を」と言っていたのに三度目は自ら建設した原発によって悪夢の再来を招いてしまったとは。

 

原発に近い場所でこの瞬間も瓦礫の下で救出を待っている人もいるのでは。東京電力だけでなく原発建設にGOサインを出した責任者はこの人々にどう詫びるのか。

世界の国々も今回の教訓を重く受け止め、原発廃止に舵を切って欲しいです。

今テレビで津波の被害を受けたお宅の中にカメラが入ってリポートしていて、お宅の中に大きな丸太が流れ込んで一階の家財道具が何もかも流されているような状況で、ふいに猫の鳴き声が。

二階から階段を下りて顔を覗かせていました。ゲンちゃん似の「のんのん」という子。

飼い主さん、冷静に「あー、生きてた」と言っていましたが、私だったら記者の人なんかほっといて突進して抱きしめて大泣きです。

明日は我が身かも知れない。

それにしても、のんのん偉い!!

楽観視やめる!

| コメント(0)

想定外想定外と責任逃れか思考停止のような発言が頻繁に聞かれますが、WIKIで調べて見たら、たかだか65年ほど前の敗戦前後に起こった(軍により秘匿された、或いは敗戦ショックの方がひどくてということもあったのか、余り話題にならない)昭和東南海地震と昭和南海地震でも、9m、6mという津波が押し寄せていたというではありませんか。それで想定外なんて記憶喪失者に想定させたとしか言いようがない。

1944年12月の昭和東南海地震の2年後、1946年12月に昭和南海地震が起こっています。連動じゃないと言われても信じられない。プレートが違うと言われても隣り合っているのだし。

今から私も地震厳戒態勢に入らなければ。

 

 

 

日本の試練

| コメント(0)

来るぞ来るぞと言われていた大地震がついに来た。

これまでの人生で、幸いにも戦争の体験はないけれど、阪神と今回と2度もの大地震を体験することになろうとは、日本はまさに地質学的大変動期に入ったんだなあと思います。

今回の地震は遠く離れた地域とはいえ、明日にもうちの地方でも起こり得ることだし、連動という事態に発展するのではないかという不安があります。

その上、言わんこっちゃない原発事故。

営利を目的とする一電力会社に全国民の命を左右するようなことを許すのはもっての外、という意見を本で読みましたが、それにつきると思います。

「想定外の事態だった」ではすまん。そもそもそういう想定が出来ない人に原発なんか造らせたらあかん。かといって想定の出来る人は原発は造らない。

地震は必ず起こる。原発がなければメルトダウンはない。

日本中の原発を廃止して欲しい。風上の中国も。

 

被災地から遠く離れている私もずっとテレビに見入って、体のどこかの筋肉がずっと緊張しています。食事をしていても何か異様に力を入れて咀嚼している。脳の一部が何かの不安におののいています。

同じ国民ってこういうことなんですね。決して他人事ではない。

これだけの災害が起こると、個人的な話、引越とか今後の人生とかにも色々と影響が出てくるかも知れません。物価も上がるかも知れないし物資も足らなくなるかも。

経済と政治の低迷に天災と人災の追い打ち...どこか戦後の廃墟を連想してしまう。今度も復興できる?

猫イラスト描いていていいのか、意味があるのか、とまで考えてしまいました。でも描く。猫のために描くのだから。

 

 

大変なことに

| コメント(2)

ニュージーランドとか中国とかまわりの国で大きな地震が続いていたのでもしやという予感がしないでもなかったのですが、突然こんなことが起こって、突然命を失ってしまった方が何百人も...

うちの辺りは遠く離れているし太平洋には面していないのですが、予報では50cmほどの津波が来るかも知れないとのこと、場合によっては数倍の高さになるらしいので、少し緊張しました。結局我が家は何事もなかったのですが、東京と静岡に親戚がいるのでメールで安否を尋ねたのですが返信無し。何時間後かに再送しても二人とも返事なし。後で気付いたのですがケータイ通じなくなっていたんですね。メールも?

今までの一生で最大の天災だと思ったら、それもそのはず、平安時代以来、或いは日本始まって以来かも知れないらしいですね。

いつもと変わりなくブログ書いているのは不謹慎かも知れませんが、皆様の地方は大丈夫でしょうか。被災地域の方のブログ訪問しても地震のことまだ誰も書かれていませんでした。単に停電のせいならいいのですが、それどころじゃないから?と思うと心配でたまりません。

ご無事を祈ります。

えー、まだ関係ない人にはどうでもいいけど切実な方には耳より情報です。

 

先日考案したと書いた尿力UP筋トレ、毎日続けているのですが、ふと気付くと切迫尿意というものを一日中全く感じない日々を送っているではないか!!と我ながらビックリしています。

偶然にも前々回の「家庭の医学」テーマ「尿力」の放送日、3/1からだから10日前後で目に見えるすごい効果です。

例えば朝起きてすぐトイレに行く必要を感じなかったり、行くにしても余裕で先に他のことをやれたり。(夜起きている間濃いお茶をがぶ飲みしている上、夜中にトイレに起きることは365日全くないので、カラなはずはありません)

日中も突然切実になってトイレに急ぐなんてことが全くなくなりました。「あ、そろそろ行こうかな~」という感じ。20歳代に戻ったみたい。

これは超オススメ体操ですよ。放送でやってたフラダンスはコツを掴むのが難しいですが、これは簡単。スペースも畳半畳あればできるし、動きをコンパクトにすれば街角や電車の中(吊帯につかまって、が最高)でもできる!!

おまけにクビレも出来て来ます♪

前の記事は言葉だけでの説明になりますがこちら。今度時間があれば図解しようかなと思います。

序でに不思議と効果ある尿意押さえのおまじないはこちらです。トイレで並んでる時人知れずやれます。

 

千匹猫まであと121匹

spring2011clek.jpg

今日は春の自画像^^:を描いて時間潰しました。

まだフリーソフトでの練習段階ですが、フラッシュアニメのページを作りました。

 

flashanime-lek.jpg

猫友日めくりカレンダーを作って下さるスタッフのお一人、てんてん母さんのプロモアニメを作ってみました。

こんな感じでイラスト同様にDLして使って頂けるものを作っていくつもりです。

マリちゃん、今日無事抜糸して来ました。本当は昨日が10日目だったのですが仏滅だし、大安の今日行って来ました。手術した日も偶然でしたが大安だったし。チクチク糸がなくなったらすっかりもとのマリちゃんに戻って、庭を飛び回っています。ご心配下さった皆様、ありがとうございました。

大安の今日はまた「猫友日めくりカレンダー」の申込み開始日。

今年と同じ日、2日分を予約できました♪

申込みはこちらからどうぞ。

2012banner_big01.gif

 プロモーション用?フラッシュアニメをフリーソフトで試作しました。

何とからしいものが出来たのはいいけどどうにもこうにもここに貼り付けることができません。

ので静止画からリンクでご覧頂けます。見て頂くほどの出来ではありませんが。無料版なので広告が入ってます。

イラストそのまま利用してこんなの作れると分かったら、今後ぼちぼち皆様にも使って頂けるようなものを作っていこうかなと思っています。期待して下さる方はご期待下さい♪

そうなったら製品版購入しなくては。今ピンチなので来月くらいに。


flashsmpl.jpg

千匹猫まであと122匹

足腰快調

| コメント(0)

というタイトル自体、何か自分でも口にしたくないような...この若さでってね。

実はこの冬の異常寒波の最中、生まれて初めて何だか足が前に進みにくいような感覚に襲われ、それにふとした時に足腰のバランスが取りにくく、庭でしゃがんで何かしていた時、後ろにゴロンと転げたりしたことがあり、人知れず慌てていました。

先日紹介した片足立ちで体を回転させる運動、毎日機会があるたびに何度もやっていますが、おかげで今ではすっかり元通り足取りが軽く力強くなりました。階段なんてピョンピョン軽々走って上がれます。体重重いままなのに、です。足腰は基本ですね。

このところ日中はすっかり春の日差し。室内は寒くてダウンコートが手放せませんが、一歩表へ出て、ちょっと力仕事でもしたらたちまち汗ばむ陽気です。

力仕事というのは石垣の石の撤去。シェフがハンマーでコンクリを破壊したり、大きな石を次々とバールで掘り出したりするのをちょこっとだけ手伝っています。猫屋敷と猫の館の解体も目前。

なので日中はおちおちイラスト描くこともできず、1000匹猫達成は足踏み状態です。

昨日のひな祭りに合わせたように天から「あられ」が降りました。

夜9時を過ぎた頃、スパからの帰り道、どうもフロントグラスに当たる雨粒の様子が違うし、ヘッドライトに照らし出される雨粒がやけに白っぽい。と、あれよあれよという間に小さい白い粒が車の前の路面にパラパラ、コロコロと転がり始めました。あ、霰だ!!

28日に夏用タイヤに替えちゃったのに。家に着く前に積もったりしたら...。近所の友人は3月いっぱいはスタッドレスのままにすると言っていたけど、私早まったか?

ともかく無事に家に着けましたが、霰はその後雪に変わり、少しですが庭の所々が白くなりました。ホントに変な年です。

夜中にトイレのためマリちゃんを庭に出すと、わざわざまだシャーベット状の場所を歩いて足が冷たかったのか割とさっさとお済ましになりました。

 

さて、話題変わって近頃では猫たちとの会話に色んなうなりを使っています。

うなると言っても敵意のうなりではなく、「にゃーん」といういわゆるよくある猫の鳴き声の真似ではない音で、お願いしたり説得したり。

不思議なことに日本語やその他の人間の言葉で話しかけるより、こちらの言わんとすることがよく伝わります。ケンカやめなさい、ちょっと待って、こっちへ来て、家に入りなさい、等々。

少なくとも「う~う?」と言うとどの子もこちらを注目、耳を澄ませてくれます。

ケンカ仲裁は本日2件成功。

それも今日は最初のケースは縁の下でハマちゃんと誰か女の子、次には天井裏で多分ハマちゃんとシャム兄という、私の姿が見えない場所にいる子たちに向かって、うなりだけでケンカを未然に防ぐことに成功。

近頃ゴローちゃんも私の姿が見えている場所ではまたうなられると分かっているのか、ハマちゃんが近くにいてもあまり因縁つけに行かなくなりました。うなり修行、順調です。

寒いひな祭り

| コメント(2)

子供の頃からひな祭りには全然興味なくて、そう言えばイラストとかでもおひな様なんて描いたこと一度もありません。

それよりこんな寒い日がなんで「桃の節句」なんだよ、と太陰暦から太陽暦への切り替えの無茶というか大胆さに、当時の人々の戸惑いはどの程度だったのか、一度ドラマにでもしてみて欲しい、と思います。討ち入りの時に雪が降るかどうか、というのも新旧の暦の違いがよく分かりますが、今日に合わせて桃に咲けというのもめちゃくちゃだよな、と思います。

子供の頃は旧暦なんて全然考えたことなかったけど、この頃は旧暦のゆかしさが身にしみます。

真冬の寒さというここ二日間、真夜中にマリちゃんのトイレに付き合って小一時間も吹きっさらしの庭をブラブラしていましたが、それでもホントの真冬の寒さとはどこか決定的に違うものが感じられます。体の芯まで冷えることがない。強くなってきた日差しに温められた地面の熱を感知しているのでしょうか。

今日も真昼の日差しの中、2時間ほどマリちゃんを自由に遊ばせてやりました。もう庭のクスノキに駆け上ったり空き地や駐車場で全力疾走したり、すっかり体は元通りのよう。夕方まで出しておいてやろうと思っていたのに、まだ日が高いうちから家の中に入りたそうにするので入れてやりました。久方ぶりにお兄ちゃんお姉ちゃんも近づいて来ましたが、すっかり過保護に慣れてしまったのか、今までなら不穏な顔つきの相手にはすかさず先に一発先制パンチくらわす子だったのに、今では「うー」とうなりつつ逃げ腰。この先が思いやられます。

昨日のタケシの家庭の医学は尿、膀胱の話でしたがたまたま私も新しい筋力アップ体操を昨日から始めました。何だかこの頃足もとがふらつく感じがするので、こりゃいかん、と。今までのY字バランスとか片足スクワット、腰割りなどが、いくら自宅の庭とはいえ道路から人目につくような場所ではやりにくいのに対し、これならさほど人目を憚ることもない、というもの。

図解がめんどうなので(イラストレーターなのに)文字にすると

①片足立ちして上げた膝を軽く曲げるか適当に伸ばしたままで

②足首・膝・股関節・ウエスト辺りの脊椎の内転・外転を繰り返す。

 右足を軸足にしたとすると、左足の膝を曲げて持ち上げ、先ず軸足の足首から腰辺りまでを左にひねり、その後徐々に体を右に回転させていく。限度まで右回転したらまた左に向けて回転。回転速度は適当に。足首・膝・腰の全ての関節を動かすことに注意を集中させる。

慣れるまで、特に利き足でない方を軸足にした場合、とってもふらつき、筋肉の疲労感もすごいですが(特に股関節とお尻)、次の日にはとても楽になり、利き足との差が殆どない位になりました。テレビで言っていた3つの筋肉をこれも全部使っていると思います。

慣れると殆ど足首の回転だけを意識しながら一連の動作を安定して反復できるようになりました。

関節への負担もY字バランスや片足スクワットより断然少ないと思います。

この筋トレ、私はどこにももたれずにやっていますが、片足立ちが不安定な場合は机や壁で支えてやればいいと思います。くれぐれも転ばないようご注意下さい。

 

マリちゃんの手術から今日で5日目。抗生物質の薬も昨日の夜で終了。お腹の絆創膏、下から2/3ほどまで、自分で舐めて剥がしています。

毎日最低朝晩2回、庭に連れて出てトイレに付き添っていますが、これがなかなかすんなりしゃがんでくれない。猫の尿力ってスゴイなあと舌を巻きます。昨日の朝、マリちゃんが鳴いて起こしたので、これはオシッコしたくてたまらないんだろうと、自分のトイレを後回しにして庭に連れて出たのに10分15分と経っても全く兆しなし。そのうち自分の方が限界になって一旦撤収。

昨日の夜中も冷たいこぬか雨の降る中30分ほども付き合わされました。穴を掘り始めたので喜んで見ていると、掘った穴に突進して泥をすくい上げたり、中から跳ね出た小石を放り投げたりして遊び始める始末。知能の高い子ほどトイレに集中しないような?

それにしてもあまり水も飲まないし、オシッコ一日2回なんて、猫が腎臓病になりやすいはずですね。

過活動であろうが漏らそうが、出ないよりマシじゃないでしょうか。

 

弥生3月

| コメント(0)

今日は予報に反してちょっと冷たい雨が降っていますが、昨日は暖かい春雨で、スタッドレスタイヤを脱ぎに行きました。雨の日は空いているだろうと。

途中寿司ローにも寄ったのですが、初めて順番待たずに座れました。ビバ、春雨。

タイヤ交換、自分ですればいいのでしょうが車の安全の根幹に関わる部分はプロに頼むことにしています。それにしても去年までは2500円じゃなかったかと思うのですが、3000円也。でもホームページで見たら一本1050円となっていたのでそれでも安くしてくれてるのか、オートバックスさん。

あっ、今朝早朝5時頃、空を見なければいけなかったのに~すっかり忘れて熟睡していました。もっとも雨模様で見えなかったでしょうね、月と金星の大接近。

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261