2011年9月アーカイブ

千匹猫まであと55匹

今日、母屋の庭の入り口でサプライズ。
どこからともなくいい匂い...まさか?と思って見上げてみたら、何ともうキンモクセイが一分咲きでした。例年10月中旬に開くのに、9月に咲くとは、私の記憶の中では初めてのことです。朝晩寒いくらいの日が続いたせいでしょう。温暖化というのに何というギャップ。

明日からいよいよ10月ですね。ああー、来年の年賀状、パスしようかしら。龍なんて描けないよー。

猫友日めくりカレンダー、皆様ももう受け取られたでしょうか。福岡から近い私は昨日受け取りましたよー。
最初に2/4のゴローちゃんにご対面。何と、TPOを考えない真夏のゴローちゃんでした。
掲載して頂いた2枚のイラスト、どちらもディスプレイで見ていたより深い色合いでした。もう少し明るい色調を心がけた方がいいのかな。印刷インクの特性を考慮しないと。
とにもかくにも、プリンター出力じゃない印刷物、うれしいですーー。

ヤフオクに出品

| コメント(0)
ニュースですー。
石猫と猫小物入れの2点をヤフーオークションに出品しています。
引越に当たり少しでも荷物減らして行かねば、と。アトリエで販売することを考えていましたが、その時はその時また作ることにします。

stonecat9au.jpg


110930_003302.jpg

キーボード、マウスは含まれませんよーー。いや、ご所望とあらばお分けしないこともない..?
販売用に制作したもので、自分で使っていたものではありません。

シンプルな価格設定にするため、送料込みにしています。どちらも実質中身1000円くらいからスタートです。時間給考えると、100円ってのはとても無理です。悪しからず。
千匹猫まであと56匹
ART-MeterさんにUPしました。

反抗期
突然の三毛猫お姉ちゃんの出現に不満顔のプッチー。
何だよ、今までボクだけを可愛がってくれてたのに~~
ご飯なんていらないぞ、の顔。

2泊でまた引越先の草刈りに出かけていました。
ゴローちゃんも一緒。
人間不在の間にゴローちゃんとハマちゃん、トッピーたちの間で大乱闘が繰り広げられるとか、トトロや他の子たちがご飯を食べに来られないとかという事態を避けるため、問題児を同行することにしたのです。
片道130km、高速で3時間ほどという長距離移動。普段停まっている車の中で寝るのは大好きでも、果たしておとなしくしていてくれるのか?本当は猫の館の女の子たちの安寧のために、トッピーも連れて行こうと話していたのですが、荷物が多くなりとても2匹も乗せていけなくなったのでゴローちゃんだけ。

結局行きはニャーニャー鳴き通し。夜半過ぎに出発して到着したのは7時半。何のための高速料金?毎回昼間から出発寸前までバタバタして、いつも寝ている時間帯に疲れ切って運転するのですから、SA、PAのたびにちょっと一眠り、を繰り返し、本来の所用時間の倍以上かかります。
次回からは下の道で行こう!!その方が眠くならないし、眠くなってもコンビニとかいっぱいあるし。

小屋の中から眺める庭の木立と遠くの山。もう夏の輝きは残り少なです。

201109kusakari.jpg

ミッチーのいた縁側に朝の木漏れ日。柔らかい秋の日差しになりました。

201109mitchiengawa.jpg

着いた日の夜は冷え込み、ゴローちゃんはダウンコートの上に丸くなって寝ました。
まるであの石猫そっくり。

石猫ゴローちゃん     石猫9 

メンバーの中で1人だけ引越先に一番乗りしたゴローちゃんは、終始緊張していましたが、時々木立の間を疾走して幹に駆け上ったり、平地ではできない遊びもしていました。私の後をついてまわり、お互いの所在を確認しあうようにしてはぐれないように気をつけました。ゴローちゃんは犬に似て、呼ぶと返事をして飛んでくるので安心です。

シェフはここから高速バスで用事で出かけたので帰路は私とゴローちゃんの水入らず。
万一飛び出ると大変なので窓が開けられず、普段いれないクーラーを入れてやると、来る時よりはかなり静かでした。慣れもあるだろうし、私と2人きりなので落ち着くのかも。下の道で4時間あまり、高速より余程早く帰宅できました。もっとも睡眠十分にとっての昼間のドライブでしたから当たり前かも。

ドライブ旅行で少しは大人になって性格良くなるかな、と淡い期待も持っていたのですが、帰宅早々ハマちゃんにうなりちらしていました。はぁー、処置無し。

夏の最後のセミ

| コメント(2)
恐らくそうではないかな、と思います。
急に秋めいた連休、昨日も今日も文句なしの秋晴れで、さすがのズボラーの私も一念発起、猫の館の冬支度に2日連続で奔走していました。猫たちのために布団や毛布類を一斉に日に干し、さらにこの夏サバイバルできた一番の大恩人、遮光シートを取り外しました。
遮光シート

遮光率80%のものです。これを窓枠のサッシに洗濯ばさみや目玉クリップでとめていました。何たるズボラー。
この遮光シートは少なくとも3年は使っています。メートル250円したものを買い足し買い足し、全部で100mほど買いましたが、これがなければ命が危ういですから高いとは言えません。当時で80%が最高だったのですが、先日コメリで90%のものを発見。280円だったかな。今度必要になったら90%を買う~。
夏のドライブには必ず持って行って、SAで昼寝する時など車を覆います。^ ^)V。ふふー。涼しさ独り占め。

シェフはまたまた慣れない刈り払い機で母屋の庭の草刈りをしてくれました。
その時のこと、1匹のセミが草を刈ってる最中のシェフの周りを何度も何度もグルグル飛び回るのです。危ないなーと心配して見ていましたが、刃に当たることはなく、その内どこかへ飛び去りました。何故かな、と考えると、刃の回転音の中に耳を澄ませばセミの鳴き声に似ていると思えるような要素が混じっていることに気付きました。秋口になって生まれて来て、周りには仲間が1匹も見あたらず、この刈り払い機の音をてっきり仲間だと勘違いしたのに違いありません。哀れ。

そんなこんなで今日は二人とも午後から日が暮れるまで働き通し。芸術の秋なのに、労働の秋しています。猫絵描きたいです。
あ、ART-Meterさんで明日から一度に3作が掲載されます。

lele de beaさんの「家猫娘~ニートキャット~」、歌詞がYouTubeに掲載されました。

もう一度歌詞を読みながらじっくりお聴き下さい。とっても深い意味に切なくなります。

歌詞を見る方法は→ 

画像の中の矢印をクリックして下さい。

動画が始まったら画像にマウスを乗せると下にメニューが現れます。

右下隅から2つ目のYouTubeの文字をクリックしてYouTubeへ飛んで下さい。

「もっと見る」というバーをクリックして下さい。

台風一過の爽やかな秋空の下、大勢の子供たちをペットボトルに詰めてクロネコさんに持って行きました。

上の一文、何年か経ったら自分でも意味不明でしょうね。

この夏、7月始め頃にどっさり食べたビワの実の種を、そこらに捨てて生えて来られても困るのでゴミとして捨てるしかないと、ビニール袋に入れたまますっかり忘れていた危ない私。2ヶ月後くらいに「何これ?」思って黒いものが入っている袋を開けると...何ということでしょう。

水もない、土もない、空気も殆どないビニール袋の中に押し込められた何十コものビワの種が、黒い皮を破り、下から鮮やかな緑色の胚乳?を見せて、根と芽を伸ばして、小さい葉っぱまでつけて、一生懸命生きようとしている命の健気さ。

大急ぎで袋から出して手近にあった段ボールの上に並べ薄く土を被せ水をかけ、地上の風と光にあててやりました。

 

biwa110822.jpg

こんなに大勢のビワの子、どうしてやったらいいものか...こんなにまでして生まれて来たんだから絶対生かしてやりたい。植える土地ならいっぱいあるけど、いかんせん、私は近々引っ越しする身、この子たちの将来に責任持てません。

ビワと言えばウサギ、ウサギさんの大好物だそうです。猫専門の私ですが、ウサギの絵本のご縁でこのことを知っていたのです。早速このご縁を頼って、引き取って頂ける方々を見つけることが出来、今日は一度に大勢を送り出しました。(あっ、まだまだ残ってるんですよ。次々と芽を出しているところ。)

 

pipababy.jpg

 

売ってる苗のように黒いやわらかポットに入れようかと思いましたが、それだと傷つかないように荷造りするのはかなり難しい。荷物も大きくなるし。と色々考えて、グッドアイデアが生まれました。

2リットルのペットボトルを、上の部分をフタとして被せられるようになるところ(持ちやすいよう細くなっているところ)で上下に切り離し、中にぎっちりお詰め合わせ願って苗木を入れれば、必要な強度を保ち、水は漏れず、空気は流通する最高のコンパクトなコンテナに。

引越先にもビワの木があるので、これから毎年でもビワの苗木市が開けそう?

うまく発芽してくれれば無料でお分けしますので、ウサ飼いさんもどうぞお越し下さい~。

 

荷物をクロネコ宅急便で発送した後、茶の介の散歩とかをしていると、最近見かけるようになった三毛猫の中猫がブロック塀の上にいる。いつも呼んでも逃げていくのですが、逃げる距離がだんだん短くなり、今日は近寄っても逃げずにいる。

何日も続いた台風の間、濡れて辛い思いをしただろうし、急に寒くなって来て野宿も困難になったこと、それとたまたまその時シェフがハマチの刺身を作っていたことがうまく重なり、ハマチの切り落としを見せながら近づいていくと、じっとハマチをガン見して、ついにハマチを食べさせながら頭を撫でることが出来ました。

その後は近づいても全然逃げず、もう普通の飼い猫のように抱けるようになりました。可哀想に、こんなになついている子だったのに、見知らぬところに捨てられてかれこれ一月もチョロチョロ逃げ隠れして暮らしていたのです。

人間のご飯も食べなければならなかったので、取敢ずそのまま猫の館に入れておいたのですが、10分後くらいに様子を見に入ると、さあ大変。

マミちゃんが三毛を追いかけ追い詰めていたのです。マミちゃん、たった2ヶ月ほど前には自分も捨て猫だったというのに。しかたなく三毛のために個室を1つひねり出し、今夜は暖かい寝場所でぐっすり寝ています。

ひょっとしてこの三毛を授かったのはビワの恩返し?

千匹猫まであと57匹

ART-MeterさんにUPした「晩夏」から猫だけを抜き出しTシャツとマグカップとiPhoneケース、トートバッグなどを作りました。
clubT-gorochan.jpg

あ、ゴローちゃんというファイル名にしてしまいましたが、モデルはプッチーです。似てます。
今回は初のサイン入りアイテムに♪
 

台風無事通過

| コメント(0)
こちらはもう雨風ともにおさまりましたが、これから進路に当たる地方の皆様、くれぐれも水害と思わぬ事故にお気をつけ下さい。 夕べの予報では今朝までの雨量が500㎜とのことで、万一に備えて床置きの制作用パソコンを2階に持って行こうか、最低でも机の上に上げようか、とも考えました。(結局しんどいので止め) でも車だけは夜中に少し高い場所に移動。今朝早朝から用事で出かけないといけなかったので、アラームがよく聞こえるよう、そのまま車の中でハマちゃん、トッピーと一緒に寝ました。この頃この大雨だというのに、ハマちゃん、トッピーたちはどこか外で野宿しているのです。部屋に入ればゴローちゃんが即イチャモンつけてうなりちらすから。せめてこの大雨の夜だけでも心地良い車の中を提供。私はどんなところでも熟睡できます。体が小さい(縦方向だけ)というのはこういう時優越感~。 トッピーは私のお腹の上で私の手のひらに指しゃぶり。朝アラームが鳴ってトッピーがどくと、すかさずハマちゃんが次に乗って来ました。ダッシュボードのところで寝ていたのか背中や耳が冷たい。急いでいたけど15分ほどハマちゃんを抱きしめていました。 冬になっても家の中に入って来られないのではみんなが可哀想過ぎる。ゴローちゃんを座敷牢に入れないといかんなーという相談をシェフとしています。

 

憧れ

 

千匹猫まであと59匹

猫ランチタイムをなぞって描きました。水彩で彩色しようかと思ったのですが、失敗するとヤなのでこれはこのままART-MeterさんにUPしました。
スキャンしたものを彩色するかもです。なのでこれが貴重なオリジナル肉筆画です。

モデルはまたプッチー。プッチー、我が家で初めての母親と一緒に暮らしてる仔猫です。なのでイマイチ私にはなついて来なかった感がありました。猫の館にFIV猫さんたちの世話に行くのは一日1~2回、正味一時間位でプッチーたちと接触するのもその時だけ。なので無理もありません。ところがこの頃やっと私もいい母親だと分かってくれて、甘えて来るようになりました。今までは抱き上げるとすぐに降りたがっていたのに、ゴロゴロ鳴いてじっとしています。早く外へ出してやりたい。寒くなる前に。
晩夏

千匹猫まであと60匹
 
眠いのを押して1枚描こうと頑張りました。モデルはプッチー。草は今猫屋敷の周りに生えているもの。

赤い風船

それから前に描いたこの絵もUPしました。
アトリエで販売、と思っていましたが、その頃には売る気しなくなってるかも知れないし。
え?売り惜しみではなく、その頃には腕が上がって、とても過去の作品なんか売り物にはできないだろうな、という高い志から。なので旬のうちにどうぞもらってやって下さいまし。
掲載までには数日かかります。現在掲載中の作品は6点です。→mojuni at ART-Meter
2枚をお買い上げ下さったお方様、ありがとうございます。
もうお手許に届いた頃でしょうか。小豆島から戻った日に通知が入り、旅の疲れも顧みずすぐに梱包して明くる日発送しました。

近頃年末年始の予定を立てていて(恒例の家族サービスの温泉旅行)、なかなかイラスト描く時間がなかったのですが、お蔭様でまた新作をUPする気力が生まれました。
芸術の秋だし、頑張らねば~

雨雨雨、彼岸花

| コメント(0)
引越先の草刈りに行く予定だったのですが、台風の影響で突然強い雨が降る天気との予報で取りやめ。
書類作成の用事があるので、ちょっと助かったところもあります。
こちらも昼前から雨になり、かなりの雨量だった時間もありました。猫たちはどこで寝ているのか心配。猫の館のメンバーはマミちゃん親子が来てから、女の子たち(3匹)は全員表で寝泊まりするようになり、ご飯も外で。まあ、寒くなると中に入るでしょうが。プッチーの遊び相手になってくれるのはトム兄ちゃんだけでプッチーも寂しそう。この子はまだ外に出したことありません。というのは母親と一緒に出してやるべきだろうし、となるとマミママの不妊手術をしないと、あっという間にプッチーに兄弟が出来てしまいます。涼しくなるのを待っていたのですが、そろそろ連れて行かねば。

涼しくなると言えば、毎日入っている猫屋敷の中庭に、今朝気付くと何とこの残暑厳しい中、いつもの場所にちゃんと彼岸花が!!昨日も一昨日もその場所を通ったのに気付かず。まさか一日で伸びたはずはないのですが、2本が40㎝ほどの高さになり、蕾も赤く色づいてもうすぐ咲きそう。毎年毎年、暑い年も冷夏の年も、お彼岸の日をはずさず土の中から伸びてくる彼岸花、立派です。(ただ去年だったか、さすがにズレた...と思って過去ログを見てみたら、確かに母屋の庭の群生地では彼岸に間に合いませんでした。が、猫屋敷の周りのものはちゃんと咲いていました。ブログ書いてるとこういう時にとても役立ちます)
今年も母屋の群生地はチカラシバなどに覆われていて赤い色は見えてないと思います。後で確認に行こう。
それにしてもこの花は不思議な花ですね。あの世とこの世を行き来する能力があるみたい。


ライブやCDで活躍されている神奈川のlele de bea さんというバンドの新曲、何と

「ニートキャット~家猫娘~」

という気になるタイトルの歌に、背景画としてたくさんの1000匹猫たちを採用して頂きました♪♪


作詞作曲・ドラム・ボーカル担当の一瀬一致(いちのせいっち)さんがお気に入りのハマちゃん、トッピー、ミッチーたちの画像をリズムにのせて編集して下さいました。
動画加工の苦手な私は一切お手伝いできず...申し訳ないことこの上ないのですが、他人様が編集して下さった自分の絵の動画を見るのって感動。
女声ボーカルのMasakoさんの声もとっても可愛く魅力的です。ご本人は(私以上の)大の猫好きとのことです。

一瀬さん、Masakoさん、lele de beaの皆様、素敵な歌をありがとうございます。

↓続きは私の感想なので、先に曲をお聴き下さい↑




オリーブの島

| コメント(2)
先日小豆島に1泊して来ました。激安中の激安、一泊2食付き温泉ホテル、トリプルの部屋で早割クレジット決済ポイント使用で1人5000円を切るプランを見つけたので急遽。朝晩バイキングで腹一杯。部屋も露天風呂もロビーも素晴らしいオーシャンビューでした。
ただ難点は高松から小豆島へ渡るフェリーがこの宿泊代より高い片道6000円超。なので2200円のパーキングに停めて徒歩で乗船。日頃着替えやらiPadやら何でもかんでもゴチャゴチャ車に積んで移動している身には、己の手に提げて移動しなくてはいけないのがしんどかったです。
行きは正午を回ってから家を出発、快晴の屋島ドライブウェイから源平古戦場を見ました。屋島へは何度か来たことあるのですが、自分の車で上るのはまた格別。植生がとてもきれいでした。

瀬戸内海も飽きるほど見ているのですが、ホテルのカフェテラスからの眺めは素敵でした。
静かな海を白いフェリーがひっきりなしに往来。
shodosimahotel.jpg

チェックアウト後はレンタカーで寒霞渓へ、とも思ったのですがせっかく安上がりの旅行なのでホテルの送迎バスで港へ送ってもらい、散々平らげて早々に帰路に。紅葉の季節でもないので今回は純粋に格安温泉とバイキングを楽しんで来ました。

帰路、丸亀城へ立ち寄り、土産物店で実演販売しておられた名産のうちわを買いました。
丸亀城は何でも日本一小さい天守閣、日本一高い石垣だとか。天守閣は修理中で足場が組んであったし、10分ほどの坂道、私以外のメンバーは歩くのパスなので、遠くから写真を撮りました。
この日本離れした美しいカーブの石垣、いつか間近で見たいです。marugamejo.jpg

って物騒な言い方、上の句を書くのは憚られますが英文メール作成で丸一日頭を抱えていました。
2、3海外のサイトへも登録しているため、たまに英語でメール頂くことがあり、失礼にならないよう日本のプチ外交を担う気持ちでマメに返信しています。

手元にEX-wordがあるのですが、近頃は専らwebで辞書引いてます。用法に至ってはズラズラズラーッと詳しく見られますし。もっとも「みんなで間違えれば恐くない」というケースもあるのでその点は要注意でしょうが。
スペルなんていっぱい忘れているので、書き上がったものをwordかyahoo.comのメールでスペルチェック、これも助かります。
高校英語ならこうは書かないだろうと思われるような文面を書いて、検索してみると結構そのままで沢山あがって来るので、知らず知らずのうちにwebから得た知識が蓄積していることが分かります。ああー、高校生の時にこの環境があれば!!

夕べも10時過ぎから異様な眠気。家族も同じようなことを言っています。まさかこの地域に催眠ガスが?
イラストとか色々やりたいことがあるのですが、12時過ぎにベッドに倒れ込んでしまいました。毛布かけるヒマもなかったので寒かったー。

ところが天気予報通り、今日午後になってすごい蒸し暑さのぶり返し。まだまだ夏は去っていないようです。スイカ、あと1つか2つ買おうかな、この夏。

次はちょっと不快な話題なので「続き」の方に移動します。


石猫10匹目

| コメント(2)

 

stonecat102.jpg

プッチー似の仔猫です。仕上げニスでテカテカ。

大きさは3.8 x 2 x 0.7cmです。

 

 

minitrio.jpg

これらのちび石猫は何かに組み込んで加工しようかな、とも考え中。

夕べは 模範的な睡眠が取れて今日は色々能率あがりました。

サイトの一部ページのリンク先を修正したり、絵の具セットを放り込んである段ボール箱の中身を整理したり。

ブログだって驚異の3回更新です!!つまりヒマね。

 

ネムネム...

| コメント(0)
秋眠も暁を覚えずになっちゃいました。どちらも季節の変わり目には違いないから不思議はないのかも。秋の場合、爽やかになるし、何かと勉強や仕事にも活気が出るし、ということで、昔は感じなかったのかも知れませんが、毎日が日曜日のような今では自然がすごく身にしみる?(やだやだ、暑いとか寒いということが一大イベントになるなんて)いや、しかし猫たちを相手にしていると季節の移り変わりというのは確かにとても重大なことです。

ART-Meterさんで先日の猫ランチが早くも掲載されました。
今見たら修正前でも別によかったじゃん?とも思います。
ということは上達してないんだ...

artm-17lek.jpg

ここ2、3日、明け方の寒いこと。

開けっ放しにして通風をよくすることばかりに主眼を置いていた猫の館、その上ケージで暮らしている茶の介には寝床にひえひえボードしてるし(嫌なら他にも寝るスペースはあるのですが)。なので5日の早朝慌てて窓を閉めたり布団を配ったりしました。

マミちゃん親子は布団の置いてある部屋で寝ているし、ゴローちゃんは人間のベッドに潜り込んで来ます。はあー、今年も秋が早足でやって来た~。また冬支度が間に合わないかもー。(こう書いた後で天気予報を聞きましたら、明日からまた暑くなるとか。嬉しいかも?)

 

さて、5日6日と立て続けにちょっとした動物レスキュー劇がありました。

5日は隣町で用事があって出かけた帰りに、その町に今度新しくできた超大型スーパーとホームセンターへ寄ったのですが、スーパーでのこと。

テーブルセットのある休憩コーナーで休んでいたら、何と黒いイトトンボが入って来て、2階くらいまでの高さのガラス窓とロール式の日よけネットの間に入り込み、ほって置いたらそのまま死んでしまう。何とかネットのこちら側、室内に誘導して捕まえて店の外に出してやりたい...と思ってネットをゆらし何度もトライ。祈りが通じてイトトンボは店内にふらりふらりと飛び出て、弱っていると見えてツツーと床に落下。帽子を被せて無事確保、店の外へ放してやりました。

その後車で帰路についたら、暫くしてフロントグラスにイトトンボが接近、覗き込むようにして離れて行きましたが、さっきの子?

この夏猫屋敷の庭でも2、3回イトトンボを見かけました。昔山の中に住んでいた頃はいっぱはい飛んでいて、まるで沢に住む妖精のような優雅な姿に見とれたものでしたが、こんな日差しの強い海岸ぶちで姿を見るなんて不思議です。それだけ環境が良くなってきたということなら嬉しい限りです。引越先には勿論たくさんいます♪

えー、後で調べて見て分かりました。このトンボはハグロトンボという種類でしたm(_ _)m

 

もう1件はその明くる日、6日の夜のこと。6月始めに収容した老衰犬さんが、夕方駐車場と草原の境目のところに繋いでおいたところ、何とヒモを引きちぎっていずこともなく姿を消していたのです。

別にねー、いて欲しい訳じゃないですが...むしろ、いなくなったらコレ幸い、というのが本音かも知れませんが...何せ一日数回の垂れ流しの処理がもう大変、遠からぬ将来、オシメをさせなければならない状態になるのは目に見えてるし。

でも一応市の方に保護情報を掲載してもらっているし、いや、今更飼い主なんて名乗り出る可能性は120%ないのですが、一度は保護して飼い犬として過ごした子が、ヒモが切れるというこちらのミスで道端で行き倒れか交通事故死なんてことになっては後味が悪いというもの。

なので暗い夜道を自転車で捜索に出ました。東西3km、南北1kmほどの範囲を探してまわり、最後にうちの駐車場から道路に出た犬の気持ちになって、もう一度西の方へ...すると500mほど行った時、かすかに犬の鳴き声が聞こえたのです。声のする方へ行くと、雑草に埋まった田んぼの間の細い水路に落ち込んでいるのを発見。無事に連れて帰ることが出来ました。本人は呆けてて自力では帰って来ないだろうし、耳が遠くてこちらの呼び声には反応しないのだから、ひとたびヒモが切れて道路へさまよい出たからには、西に行ったか東に行ったか、杳として(へー、こう書くとは初めて知りました。太平洋の洋だとばかり...恥)行方は知れず、こりゃもう今生の縁の切れ目だなあと覚悟はしていたのですが、最後の努力をしたかいがありました。

 

それからおまけで今夜、このブログを書いていたら1羽のアゲハチョウが開け放った玄関からヒラヒラと入って来て、「ああ、猫の餌食か」と思っていたら、何とディスプレイの前に来てキーボードの前に留まりました。羽をつまんで、暗い窓から外へ出してやりました。

2011/9/5~7、命のレスキュー3連発。これは閻魔様に陳述せねば。メモメモ!

9月だったー

| コメント(6)
草刈りとか台風とかでバタバタしていて(いや、ホントの理由はズボラーか老化)すっかりめくるの忘れていた日めくり。
9月の扉絵に掲載して頂いているお月見の図。私にしてはよくもまあ細かく描き込んだものです。

nekotomo2010otsukimi.jpg


モデルはてんてんちの皆さんです。てんてん君の顔はもしかしたらハマちゃんが混じってるかも。

NEKO HOUSEさん、思い出させて下さってありがとうございますーー



千匹猫まであと61匹

ART-MeterさんにUPしたものですが、後で何度も修正し、今ではこんな顔に。

artm-17lek.jpg


ART-Meterさんの方は修正できないので、お買い上げ頂いた方には修正後のものもプリントアウトしてお送りします。

猫神さまの島

| コメント(0)
寡聞な私が今朝のウェークアップ!ぷらすで知りました。
田代島にゃんこザプロジェクトhttp://nyanpro.com/
江川紹子さんが猫好きだということも♪

一億5000万円という目標金額をわずか3ヶ月で達成したので、現在一旦牡蠣オーナーの募集は終了しているそうですが、義援金は引き続き受け付けているとのことです。
集まった資金は牡蠣養殖復興はもちろん、1割は猫基金として猫の食費、医療費、観光客用の施設(流失したトイレなど)建設費に充てられるそうです。

島の人口より猫の頭数が多いそうですが、番組では確か猫100匹と言っていたと思います。すると人口は100人以下?2005年時点で112人、平均年齢71歳の限界集落だそうです。私が移住したら超ヤングだなー。うーん、引越先が決まる前なら一考の価値ありでした。

昔は養蚕、今は漁業の島で、天敵のネズミ退治、豊漁の守り神として猫を大事にしてきた島の人々。WIKIで見ると現在の島民の中には猫が多くて困るという意見もあるそうですが、現実に猫は大切な観光資源になっているそうです。
たった100人ほどの人口の中、本業の牡蠣養殖や漁業の傍ら、そんなに若くない漁師の皆さんが上記サイトの運営や猫グッズの手作りに頑張っておられる姿は本当の意味の猫と人のコラボだと思います。賛否色々な意見があるかとは思いますが、とにかく1人でも多くの人間と1匹でも多くの猫の生活が少しでも楽になることを祈りたいと思います。

残念ながら牡蠣とかアワビとか伊勢エビとかカニとか全部苦手な私たち夫婦。今1000円とか3000円単位の義援金とかネットバンクからの送金とかも検討されているとか。それを待ってみます。

台風ただ今引き続き接近中。夕べは雨風ともに小休止でした。真夜中に車水没という事態を避けるために夕方から少し高い場所に移動していたのですがその心配はありませんでした。が、今また風が強くなって来ました。今から夕方前まで暴風雨の予報。

台風接近中

| コメント(0)
予報を見たら何とこっちに向かってまっしぐら~じゃありませんか。
さっきは30㎜超の雨が降っていました。今は風も出て来ています。今夜から明日未明が山のようです。
今朝、猫の館へ行くと、先日写真に撮ったあの大きなハシゴがベランダに横倒しになっていたので、夕べもかなりの風が吹いたようです。
まさかマミちゃん親子が屋上にいる時にハシゴが外れたんじゃなかろうか、だとしたら一晩中雨ざらしだったことになる...と悲壮な声でマミちゃんプッチーを呼んだら、のんきな顔でどこかから出て来たので一安心。
まあいつも台風が直撃しても南側に高い山脈のあるこの町は全然大したことないのです。
皆様のところも被害がありませんように。

8月の最後の2日間、引越先に草刈りに行って来ました。
およそ2ヶ月ぶり。そしたら何と、車が通れない位に雑草が繁茂していました。シェフが慣れない刈り払い機で奮闘し、小屋の周りと車の通る道だけは何とか確保。私は手で抜きましたが、もう花も終わって種を撒き散らしているので来年もしっかり生えて来るでしょう。とほほ。同じ抜くなら蕾の内に、ですね。
20110831henei.jpg

しかしこんな山の中で草刈りもないもんだわ。
クスノキをどーんと何本も植えたらその下には大きな雑草は生えません。日陰になるからと大木を植えるのを嫌う人もいますが(多分それが正しいのでしょうが)日の光はふんだんすぎるほど溢れているので絶対クスノキ植える!!大木に育つまで長生きせにゃー。いやいや、クスノキは結構すぐに大きくなります。さすが、日本の風土に最適と言われる照葉樹の王者。
うっそうと茂る深い深い森の奥で住むのが夢です。

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261