2013年11月アーカイブ

寒いっ

| コメント(2)
今朝はこの冬一番の寒さだったとか。
4時頃まで起きていて、真夜中ゴミ出しに表をウロウロしていた頃も日中もそれほど寒いとは思わなかったですが、ただ今夜8時、足もとがすっっごく寒いです。
体はダウンコート着てるんですが、靴下とスリッパだけの足もとが凍えるようです。
ノラ猫たちはどうしていることやら。

そのノラ猫、一昨日一匹捕獲しました。
ゴローちゃん似のオスの大人が2匹いる内の一匹。よく似てるので兄弟で捨てられたのかも知れません。
シャム兄ちゃんが温室の中に追い込んでくれたところを戸を閉めて鍵かけて閉じ込めました。
ご飯と水と暖かい寝床を差し入れて、気長に馴れるのを待つことに。
もと飼い猫らしい目つきなので意外と早くなつくかも知れません。


今朝、シェフの「ああっ、でけへんっ、ちょっと見て」という叫び声で起こされました。
何だ何だ何事だと慌ててベッドから下りようとした時、布団の中で寝ていたクロリーの胸の上にもろ膝をつき、クロリーびっくりして飛び出しました><私としたことが。
いつもは脇のところで寝ているのに今日は膝のところにいた。
昼間もベッドで布団に潜って寝ているので、うっかり寝転んだりしては大変。
大きな紙に猫の絵を描いてベッドの上に置いておくことにしました。


シェフが騒いでいたのは、随分前にネットで買ったフードプロセッサー「マジックブレット」でのタマネギのみじん切りがどうにも出来ないということ。
何度やってもタマネギジュースになってしまう~というので使用方法をネットで検索。
YouTubeで実演動画がありましたが、結論としてこれでタマネギのみじん切りは無理!!
そもそも2cm角に切って容器に入れないといけないなんてそれ自体がすっごい手間、シェフの腕ならその時間で既にみじん切り完了です。
それにこういう器具で切った野菜って恐ろしくマズイ。
料理オンチの私でも分かる、砂を噛むような味気なさです。
まあ、カレーなどに煮込むんなら気にならないかも知れませんが、食感が残る料理には使えないというのが私の結論です。

結局タマネギのみじん切りはシェフが手で切ったのですが、その後豚肉のミンチを作ったら、それはうまくいったそうです。
で、今日の朝、昼、夕食兼用の食事は餃子でした♪

てんてん母さんのコメントにはっと気付いて、てんてんちバージョンの年賀状を作りました~。
後ろの子は何となくうちのシャム兄をイメージしていたのですが、この組み合わせならこうでなきゃ、何でもっと早く気付かなかったのか。


ゆんゆんちゃんにモデル料も払わず、勝手にloftworkさんの無料DLにUPしてます。

何日か前UPしたものをDLして下さった皆様、念のためどちらで行くか再考して頂く時間はありますよね。

2014mojuni年賀状yun.jpg

2014mojuni年賀状yunE.jpg


やっぱり派手になりました。
年に一回のことだからいいですよね。



mojuniのモは

| コメント(3)
野茂さんのモなんですよ、実はね。
先日、前にいた黒猫の名前だったと書いたmojuniという名前の由来、一部だけ公開です。
そのコ(厳密には先代)が来た時は正に野茂選手がアメリカで絶好調の頃でした。

スポーツ全般に興味のない私ですが、当時大阪に住んでいたこともあり、近鉄時代の彼のインタビューを見て、受け答えがとてもハキハキと感じがいい選手だなあ、と前々から注目していたのです。

黒猫、名前がなかなか決まらなくて、色々変更したあげく、一時「ノモ」と呼んでいた時期があったのです。
しかしいくら何でも失礼じゃないかという思いがつきまとって呼びにくいので、その後も二転三転、結局「モ」の字を残してモジュ○で落ち着いたのです。

その子は程なく行方不明になり、暫くして他の人が拾った黒猫を押しつけられた 引き取ったのです。

1999/10/16~18の間のいつか、お祭りの期間のことなので覚えています。 
拾った人は「お祭り見物で家の近所を歩いていると、排水溝の中で仔猫が鳴いていた、帰りにまた通りかかるとまだ鳴いていた、
排水溝の側に洗濯機があったが、その家の人が洗濯しなかったので助かったのだ」などと言って、うちに持って来たのです。しかも私の留守中。
座敷に入れといたので宜しく、みたいに告げられて、慌てて部屋に入って探しても見つからない。
すると上がり端の所に巻き寿司2本の入った折りとその横に寝ている10cmほどの生まれたての仔猫発見...えーっ、乳飲み子かよ~TT

2番目の黒猫なのでmoju2=mojuniと名付けました。

mojuniは1歳にもならない2000/8/6、恐らく交通事故に遭ったらしく帰って来ませんでした。
明くる日去勢手術に連れて行くつもりだった...
でも、死んだという証拠はないので、もしかして生きてどこかで子孫を残しているのかも。

アメリカで野球の殿堂入りかという話題で久しぶりに野茂さんの名前を聞き、しみじみ思い出してしまいました。





お世話になっているloftworkさんの無料DLの方も疎かにできません。

今までになくちょっとハデハデな賀状になりましたが、不安な世情を吹き飛ばせれば、みたいな?
画像クリックでDLページへどうぞ。

2014nenga-simaumalw.jpg

---------------- 著作権にご注意下さい ----------------
ご使用は個人で家庭用プリンタを用いて印刷、年賀状として交友範囲への郵送に限ります。
個人の方でもネットプリントなどに出すのはNGです。



朝からかなり強い雨、それが止んだら今度は台風のような強い風という散々な日で、外へ出してやったチビトラやカラも早々に建物の中に駆け込み、隔離猫たちは散歩なし。
で、途中まで出来ていたものを一気に仕上げられました。
これからまだ諸々予定が詰まっているので年賀状はこれで打ち切り...かも。
お約束していたところがまだあるのですが、......
いちねこさんの猫さんが手招きしている可愛い猫雑貨のお店、クラッシュベリー様で年賀状3デザインの販売が始まりました。

2014nenga-mokubacrsh.jpg














2014nenga-simauma.jpg














2014nenga-koumacrh.jpg
Crush Berry (楽天市場)
猫雑貨倉庫のクラッシュベリー

いちねこさんデザインの華やかで微笑ましい富士山と猫の賀状もありますので是非ご利用下さい。



loftworkさんの無料DLへもあと何種類かUPするつもりですので、毎年ご利用下さっている皆様は今暫くお待ち下さいね。
超久々にloftworkさんへ無料DL画像をUPしました。
△カレンダー12月のチビトラが可愛いので、丁度シーズンでもあるし、クリスマスカードにしました。

ダウンロードは画像クリックでloftworkさんからお願いします。

mojunisxmas2013.jpg

---------------- 著作権にご注意下さい ----------------
ご使用は個人で家庭用プリンタを用いて印刷、X'masカードとして交友範囲への郵送に限ります。
個人の方でもネットプリントなどに出すのはNGです。

チビトラが来た日

| コメント(4)
chibitora131122.jpg

△カレンダー12月はチビトラがモデルです。
ホントは全身茶色なんですが。

今日「いい夫婦」の日はチビトラが猫の館の庭に捨てられていた日。
何年前だったか忘れてしまって、ブログ内検索したら2011年のこと、たった2年前のことも忘れてしまってる危ない私。
そうそう、この前までチビトラはチビだったんだ。
2年前の今日の夕方、引越先から帰って車を降り猫の館の入り口に歩み寄ったら、駐車場の方からうれしそうに走り寄って来たのです。
捨てられたばかりなのか、体はムクムク、ヨゴレもなく、捨て猫の悲哀など微塵も感じないうちに新しい住処を見つけられた我が家のメンバー中最も恵まれた子。
今ではちょっといじめっ子になってしまいましたが、顔がビリケンさんそっくりなので毎日朝な夕な足の肉球を撫で撫でしながら一日の無事を祈る猫神さまです。



昨日21日は2001年生後1年でミッチーが足に大ケガをした日。
その日の夕方から姿が見えず2日間探し続け、23日の夜9時頃、自分で帰って来た時には右足のかかとから先の皮が剥がれる大ケガ...

ミッチーが行方不明という事実にまだ気がついてない21日の夕方、近くの郵便局の横で夕方から鳴いている仔猫の声。
呼んでも出てこないし用事もあったので素通りし、夜9時頃また通りかかるとまだ鳴いてる。
一旦帰って高級猫缶を持って本格的捕獲に乗り出し、0時頃まで粘ってやっと保護。
郵便局なのでユウユと名付けた子が母屋にいるオス中最年長の長毛猫です。
長毛というとペルシャしか知らなかったのですが、どうやらメインクーン系の方が近いようです。
また猫を拾ったというので家族から大ブーイング、でも白茶長毛のユウユの姿を見るとシェフも
「この猫だったら自分も拾う」

わたしゃ外見で猫を拾うなんてことはしませんよ。

晩秋の山

| コメント(2)
土日の丸2日間、引越先へ行って来ました。
草刈りとトッピーの運動以外に、私は作品作りのための取材もしました。
取材といっても敷地内の木々や草やツタの写真を撮ること。
デジカメを首に提げて敷地内あちこちをパチパチ写して回りました。

行きは真夜中の出発で私一人+トッピーとシャム兄。
例によってまた「電話してちょーおだい」と歌い続け、途中山の中のコンピニで3時間ほど寝て、6時間かけて到着。
県境の長いトンネルの出口は雨が上がったばかりでガスが立ちこめ気温6℃、今回はセーフだけど次回はスタッドレスに履き替えねばなあ。

引越先へ到着すると天気は上々、夏のような青い空に火の鳥のような白い雲。上空には強い風が吹いているみたいです。


phoenixyuncai131116.jpg


夏草を刈った地面には新しい芽がびっしり、朝露がびっしょり。

chair131116.jpg


トッピーもうれしそうです。

toppy131116.jpg

冬枯れと言うにはまだ早い山小屋風景。

131116.jpg


猫屋敷もかなり田舎ですが、引越先は本格的な山の中。
雑念を払い制作に打ち込むのには最適な場所。
せめて毎週土日とか毎月一週間位ぶっ続けで滞在したいものです。



暖かい雨の朝

| コメント(4)
先日の山の冠雪は一日で跡形もなく消え去り、今朝はまたびっくりする程暖かい朝になりました。
夕べ夜中に雲は多かったけど綺麗な星と月が見えていたのに、今朝起きると結構な雨量の雨が降ったようです。
しかも風も強かったようで屋根の下のものも濡れていました。
そんなこともあろうかと、猫の日向ぼっこタイムのためのパオ(布とネット製のサークル、モンゴルのパオに似てるのでそう呼んでます)とか段ボール箱、座布団などを全部取り込んでおいてよかった。

さてちょっと愚痴。これは日記として書いているので、つまらん内容のブログですがご容赦を。

一昨日の夜、早く寝て早朝のスッキリした頭でイラスト描こうと思ったもくろみは脆くも崩れ去り、起きたのは昼近く、おまけに昨日はゴミの日、買い物、銀行、猫の布団干しなど 
滅多にない行事も重なって、結局日中はメールチェックさえままならない忙しさ。
その上一昨日はシェフが夕方大阪へ出発、いつも忘れ物ないか、時間までに準備がちゃんとできるのか私まで気が気ではなく、この疲労とストレスがまたすごい。
夜には買い物して来たもので、カボチャの煮物(甘露煮などというしゃれた料理ではありません)と根菜の煮物、ぶり大根と3種類のおかずを作り、頂いた大量のダイコン葉と水菜をゆでて冷凍用に刻み、さらに洗濯、風呂掃除など、ズボラーの身なのに大車輪の活躍、
夜中にゴミを出し終えたら、歩くのもしんどい程ぐったりしてしまいました。
こんなの生まれて初めてのこと、あー、年取ったのかなあ、とガックリ。
で、夕べもすぐ寝てしまいました。今朝の起床は9時。

そしてね、一昨日も夕べもすっごく複雑でリアルで長ーい夢を見たのです。
夢の話なんて本人以外の人にとってはこの世で一番意味のないものでしょうが。

一昨日の夢は仕事がらみのことで、仕事当日早めに現場に着いて自分の席に座り準備して来た資料をおもむろに取り出した私。
そこで初めて気付いたのは、準備しておかねばならない資料の封筒の中に何とCDが一枚入っていた!
何でそれまで気付かなかったのか、準備して来たのは同封のプリントされた僅かな資料だけで、CDの中には今更とっても間に合わない程の膨大な量の文書が入っているに違いない~、一世一代、絶体絶命の大ピンチ!!
せめて現場のパソコンとプリンターを借りてプリントアウトだけでもして、ぶっけつ本番でやるしかない、と腹をくくるも、プリンタが空いてないとか、電気がつかなくて暗いとかトラブル続き、
という地獄のような状況が続き...結局その大ピンチを切り抜けられたのかどうか、結末まで行かないうちに目が覚めて救われました。


夕べの夢はまた変わっていて何故か遠来の親戚と温泉に泊まって、気がつけば夕方近く、明るいうちにどこか観光コースを案内しなければと焦っているかと思えば、
何故かホテルの自室で洗濯してたり生ゴミ整理してたり果ては粗大ゴミ処理場のスクラップの間で働いてたり...という、とにかくしんどい夢でした。

夢を見たと言うことは熟睡したこと、内容をはっきり覚えているということは、きっと脳のデフラグがうまく行ったということなのでしょう。

でも思い出すと寿命が縮む夢なんてのは体に良くないですよね...

験直し(ってこう書くんだ~)に今からイラスト描きます~。

山が冠雪

| コメント(2)
夕べは寒かった~。
夜中、時々広がる雲の切れ目から覗く星と月が冴え渡っていました。
今日昼間は気持ちよい青空で気温も上がり、昨日スパ行きで散歩させてやれなかったリカちゃんとココもゆっくり日向ぼっこをさせてやりました。
そしたら見上げる山脈がかなりくっきりと冠雪しているのを発見。
いつも年末近くにならないとこんな景色は見えないのに、いや、ひょっとして年を越さないとだったかも。
立冬間もない頃にこんなに真っ白になるなんて初めてじゃないかな。

この分じゃ今夜も寒くなりそうなので、大急ぎで隔離部屋とケージの掃除、猫の布団干しなどをして、夏場より随分早い時間に部屋へ戻してやらねばならず、
日中は落ち着いて製作に取りかかれません。
いつか昼間からイラスト描ける身分になりたい、というのが夢...

で、この寒波の中、近頃毎日徹夜が続いています。
昨日は一日出歩いていたというのに何と徹夜ができちゃった。
免疫力アップのために原則0時には寝る、と決心したのですが、色々忙しいことが重なっては仕方ありません。
でも夜中の飲食は何とかセーブして脳より偉いという腸さまのご機嫌は損ねないよう気をつけています。


大発見の「電話してちょおだい」と猫の関係の続編です。

何日か前、ゴローちゃんとシャム兄が裏のお宅の庭でギャオーギャオーと大声でうなり合いをしている時、この歌を歌って仲裁に成功したのです!!
あれは確か先週の土曜か日曜日、なので隣の小学校の生徒はいない、道を通る人の姿もない、ということを確認してから、道路沿いのそのお庭のフェンスの外から
二匹に向かって、「電話してちょおだい~、ケンカ止めてちょおだ~い」と小声で歌った私。
絶対ご近所の誰かに聞かれてるわ。
でもたとえ近所で評判になろうとも、よそのお宅の庭に入るわけにも行かないし、歌の効果も確認したいし、ええい笑わば笑え、と
1、2分くらい歌っていたでしょうか、その間早い段階で2匹はうなるのを止めて、ゴローちゃんがだんだん離れて行き、姿を消しました。
やったー、歌の力だけで二匹のケンカの仲裁に成功しました!!!

後でゴローちゃんを探しに行ったら近くの別のお宅の庭にいて、呼んだらこっちへ来た(ということは機嫌がいい)ので、早々と猫の館に隔離しました。



それから今日、昼間ちょっと車で出かける時、ゴローちゃんを乗せて行ったのですが(放しておくとまたシャム兄とケンカになるので、どちらかを隔離できる場合は出来るだけそうしてます)
車と天敵のゴローちゃん、いつもヒステリックに鳴いて鳴いて、運転に支障が出るほどなのに、発車と同時にこの歌を歌い出すと、何といつになく大人しい。
鳴き声も小さく回数もぐっと少なくなり、リラックス効果は歴然でした。

何だか私も口癖になってしまって、猫がいなくてもつい「電話してちょおーだい」と歌いながら庭を歩いてたりします。病膏肓?
とにかく歌の効果はスゴイです!!
嘘だと思ったらお試し下さい。


料理の開眼?

| コメント(2)
昨日は昼からファミレス、スーパー銭湯、買い物と家族総出で出かけ、帰宅したのはヘッドライトをつける頃。
イラスト描かなきゃ、と気は焦るのですが、猫ばかりじゃなくたまには人間の家族の気晴らしも大事にしないと。
運転できるのは私一人なので、勝手に出かけてちょうだいとは言えないのです。


何が原因か分からないのですが、夕べ、と言っても3時間ほど前、美味しい野菜料理を作ることに生まれて初めて成功♪
血圧の心配なシェフのためにせめて野菜料理だけは担当しようと、カブラ、ブロッコリー、シメジ、マイタケを料理。
いつも野菜の煮付けは自信なく(いや料理全般)、どうやったら同じもの使ってこんなに不味く作れるのかとシェフに首をかしげられる人なのですが、
男ってみんなそうなのか、野菜料理がどうしても少ないシェフの献立、不味くても私が作るしかないじゃありませんか。

ところが今回のはシェフが初めて「美味しいな!」と言って、小鉢に山盛り盛りつけたものをペロリと全部食べてくれました。

最初にシメジとマイタケを油炒めしたところ、不思議なことにまるで肉料理のようないい匂いが立ちこめました。
今までこんな匂いがしたことないのに、何故?
炒め方は今までと同じ、油も鍋も。キノコは洗わずに炒めます。
ただ一つ違ったのは、後でカブラなどと合わせようと、さっと火を通した程度で一旦火を消したこと。
するとその後そのいい匂いが立ちのぼって来たのですよ。
今までは一気に十分しなっとするまで炒めていたのですが、美味しいとは言えない味だったし匂いなんて特になし。


で、そのいい匂いのキノコを是非とも美味しい料理にしてやりたい、という気持ちが芽生えたのですよ。
素材を愛おしく思う気持ち?素材への敬意?とでも言う気持ち。
シェフの口癖、「料理は愛情」というのを、それは食べさせる人、つまり私への?とばかり理解していたのですが、こういう事だったのか!!

で、固ゆでのブロッコリーと大きめのサイの目に切ったカブラを加えてさっと炒め、味付けはズボラーゆえにいの一番と塩と薄口醤油。
塩を入れたのも初めて。今までは醤油しか使わない人だったのに、この頃ラーメンも塩味の方が好きになったのは、塩の方が素材の味がよく分かるから。

「料理は感激」でもあるんだなあと思いました。
それと味覚だけじゃなく嗅覚を研ぎ澄ますことがすごく大事だと分かりました。


レアものの私の料理ブログでした。 

カブラを炒め物に、とは変だなと思われる方も多いかも知れませんが、その日一番安い緑黄色野菜を買うというのが私の鉄則なだけです。
葉っぱは単独で別に炒めました。食べる時は一緒に盛って食べます。洗い物を少なく、というのも鉄則。


年賀状UPしました

| コメント(4)
loftworkさんへ今年最初の無料DL年賀状をUPしました。

先に作ったものの部分を抜き出して、シンプルな賀状に加工しました。
まだまだ作る予定にはしているのですが、他にも色々詰まっているので無理かも。
デザインの追加は無理だとしても、最低限これの英語バージョンは作ります。

ダウンロードページへは下の画像クリックでどうぞ。


nenga2014lw1bk.jpgのサムネール画像


馬なんて競馬ファンでもない身にはちょっとやそっとで描けるもんやおまへんで。
やっとこさこんなのが出来ましたが、これは無料DLへは回せないのです。(もしボツになったら回せます♪)

2014nengabbbk.jpg

それでも毎年loftworkさんの年賀状を楽しみにしていて下さるありがたーい皆様がおられるので、何とか頑張って作ります。
どういう訳か、私の作品の中での一番人気は年賀状なんですよ。本人は出さない人なのに。

アマゾンで注文したNeko Monという雑誌が届きました。
中古で安くなってから買おうと思いましたが、猫友の皆さんが大挙購入されるので売り切れになるかも、と、大枚はたいて新品買ったのです。
それもこれもかわいいミッチーのメディア初デビューを記念するため。

詳しいことは猫友ネットのブログで。

mitchibk.jpg
100円ショップCanDoで買った可愛いバッグにすっぽり収まるご幼少のミッチー。
この写真を撮ったのはもう13年ほども昔になるでしょうか。
目は上半分がかなり透明になった頃で、これ以上良くはなりませんでしたが、日常生活には不自由はなく、窓ガラスに留まったハエをうまく捕まえることも出来ました。
この後交通事故で足に大ケガ...ミッチーはミッチーオイルをこの世に運んで来てくれた天使です。
粉末茶葉と油で作れる傷薬、美容オイルです。ご存じない方はこちらをご覧下さい。

猫友日めくりカレンダースタッフの皆様、Neko Mon編集部の皆様、ありがとうございました。


 



仕事三昧です

| コメント(2)
暫く更新なくもしかしてご心配おかけしていては、と近況報告です。

5日は家族&トッピーも連れて隣の県の温泉へ一泊旅行して来ました。

人間は2食付き7700円、ペット宿泊料2100円、ケージ付きの部屋でした。
ペットはホントは犬だけだけど、平日の空いてる日なら猫もOKと確認。
何で猫が差別されるのかなあ。
壁やカーペットを傷める可能性は猫の方が高いかも知れませんが。
それと行方不明になる恐れもあるし、宿としても面倒なんでしょうか。


初めてのペット同伴OKのホテルでしたが、とても清潔な部屋で人間もトッピーもくつろいで過ごすことが出来ました。
紅葉はまだまだでしたが、ポプラと銀杏がほんのり黄色くなった景色が部屋からも露天風呂からも見えて、目の保養が出来ました。 
朝、ホテルの周りの緑地でトッピーを放して散歩させてやりました。
帰って来なくなるよ、と言う私にシェフは大丈夫大丈夫と太鼓判押すのですが、私は心配でした。
15分ほどの間に一時姿が見えなくなりましたが、私が呼ぶと返事をして出てきました。
トイレに行って来たのかも。
毎回帰って来てくれると約束してくれれば楽なのですが。


さて、急に色々仕事が出来て猫たちの世話もそこそこにPCに向かっている日々です。

日曜日くらいから寒くなるそうですね。

すでに夜は厚手のダウンコートを来て仕事しています。


主人公の名前

| コメント(4)
絵本「おかあさんのやくそく」を描きながらちょっと思いついたストーリーがあって、やはりウサギが主人公なんですが、今また温め始めています。

当時県庁所在地に仕事で出かけた帰り道、バスの窓からポケーと外を見ていた時、すれ違った営業車のボディに書かれていた社名をチラ見して
即座にはっと「あれっ、今何か可愛い音の並びが聞こえた」と閃いて、それをひねって、そのウサギの名前にしようと決めたのです。


だけど一応商標権に配慮して、よそで使われてないかどうか、ネットで丹念に調べてみると、挙がって来たんですよね、1、2件。 
それも何かセミプロのバンド名のようで、こりゃ将来的に問題になるかも知れないと残念ながら断念。

今回もまたその名前で検索してみると、あちゃー。
前回のバンド名はもう挙がって来ませんでしたが、何と同名のリゾートホテルが出来ていました。
訴えられることはないだろうけど、タダで宣伝してあげることもないわとまた中止。

で、この2、3日夜な夜な色んな文字列を検索していたんですよ。
絶対1件も挙がって来ない文字列で、且つ発音しやすくて可愛いもの。
更に出来れば外国語で変な意味にならないことまで考慮しなければ...と言っても限界がありますが。


外国語は別として、検索で挙がらないものはそれでも何とか12コほど見つかりました。
こんなのないだろうと思う文字列でも意外と存在しているものなんですよ。
ハンドルネームなんかで使われてるケースが多いです。

そもそもmojuniという変な名前だって、結構あるんですよ。
中東の方ではこんな苗字があるみたいですし、中国語では(私としたことが)型枠を製作するためのプラスチック材料みたいなもののようです。
この名前はもう15年程も前に飼っていた黒猫の名前なんですが、その由来というのが説明が長くなるストーリーがあって、
決してよそから文句言われる筋合いのものではありません。



そろそろドングリもう殆ど落ちてしまったようで、朝ウバメガシの下を通る時、そんなに注意しなくても普通に歩けるようになりました。
この頃はまた小振りのものが落ちるようになりましたが、遅くに実ったものはそんなに大きくなる余裕がなかったということでしょうか。

ドングリの背比べをさせて、今年の横綱を決めよう、なんて暇なことを毎年考えるんですが、いつも果たせず。
それにしても年々大きくなっていくドングリ。
親の木もさぞかし嬉しいことでしょう。

dinguri131031.jpg


ドングリは双子でくっついているものばかりだと思っていたら、三つ子もありました。

dongri2131031.jpg

この手はカラです↑ 

前の空き地のビワの大木が枯れて(地主さんが下手な剪定をしたから)、それにカラスウリがびっしり巻き付いて、花が咲いた後ふと気付くと大きな実がいっぱい。
今までこんな大きなカラスウリは見たことありません。種類が違うのか??

karasuri131031.jpg

調べて見たらキカラスウリ(黄色のキ)という種類のようです。そう言えば花もヒゲが短く感じが違うなと思っていました。
生薬、食用になるそうで、抗エイズ薬として研究もされているそうです。スゴイ。

カラスウリの写真を撮っているとクロリー親子がやって来ました。

cloly131031bk.jpg

nico131031.jpg


クロリーの方をちょっと絵本風に。

cloly131031draw2.jpg


そうだ!重大ニュースがあるんだった。

昨日夕方シェフが急にホームセンターへ行くというので、既に車に乗せていたトッピーとシャム兄ともども出発。
走り出してすぐ、シャム兄、例によってまた鳴き始めましたが、すかさず私が「電話してちょーだい」と歌い始めると、シャム兄の鳴き声が見る見る小さく柔和になって行き、しまいにはすっかりおとなしくなりました。
こんなに鳴かずに静かにしているシャム兄は初めて。
トッピーはトッピーでダッシュボードでゴロゴロして手足を伸ばし、いつもよりご機嫌で、しばらくすると目をつぶって寝始めました。
二匹ともとってもリラックスしてご機嫌でした。
不思議ですねえ。




このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261