2014年5月アーカイブ

締切1日過ぎてましたが何とか。

cal2015bk.jpg

最後の最後でシェフからのダメだし、大幅に顔を整形しました。
自分でも何だかな~と思っていた点でしたが、難しいし時間もないし、で手を出さなかったのですが、シェフに指摘されるとやはり放っておけません。
シェフは批評家としては超一流、感謝してます。

さて、私も来年の△カレンダー、今年は今頃から取りかからねば。


ヤフオクに絵はがきセット、Mysteriousシリーズ、いくつか出品しています。
同じものがアートメーターさんからもお求め頂けますがシステム上値段がちょっと。
将来はアトリエでの直販が底値になりますが、いつになることやら。

商品説明には書いていませんが、秘密のプレゼントが付いてますよ♪
消費税の使用目的は分かったもんじゃありませんが、これは100%、猫の食費の補填になりますので心配ご無用です?


脳の疲労?

| コメント(4)
脳は疲れることはなく、そう感じるのは実は目の疲れだ、とテレビで医者が言っていたのですが。

以下は自分のための覚え書きなので、つまらん内容です。

一昨日23日からイラスト描き始め、疲れたのでその晩早く寝て、昨日は早く目が覚めて昼頃眠くなったのを我慢してイラスト描きながら猫の世話、5時頃夕ご飯を食べた後、眠くてちょっと横になりぐっすり。
1時間ほどしてシェフに起こされたけど何だか寒くて(布団かけずに寝ていた)、今度は布団かけてもう少し寝ると言って眠ったら、何と真夜中の3時半頃まで爆睡してしまった。

チビトラとゴローちゃんが外へ出たまま。
呼びに行くとゴローちゃんが泣きそうな顔でかすれ声で鳴いて出てきたので部屋へ入れて缶詰を。
外にも寝る場所はいっぱい作ってあるのですが、やはり監禁されてても部屋の中の方がいいようです。
チビトラも少し遅れて出てきて、こちらもだっこして猫の館に入れました。


あんなに寝たのにまだ眠いです。

コゲラでした

| コメント(2)
椎葉、鶴富屋敷で見た小鳥はこの動画と同じ、とてもチャーミングな模様の鳥でした。

私たち一行5、6人が縁側の廊下に上がって見学中、係員の方に「ちょっとこっちへ来て見て下さい」と呼ばれて、ドタドタ廊下を走って近づくと、3m程まで近づいても逃げずに柱をチョコマカ上へ下へと移動して鳴いていました。
なので私は何かが引っかかって逃げられないのかと心配したのですが、「たった今飛んできて留まったんです。10年ここにいるけどこんなことは初めて」とのこと。
(今調べて見たら、コゲラは意外と人なつこく、やはり3m位まで近づいても平気なことが結構あるとのことでした。)

コゲラは1分ほど柱をチョコマカ動いて、それから雨の中をパッと飛び立って行きました。
ケータイ持ってたんだから動画撮れば良かった。ん?デジカメでも撮れるか?
だんだん機械オンチになっていくのが悲しい。


椎葉は母方の親族3人が亡くなった地です。
誰かがキツツキになって会いに来てくれたのではないかと思いました。
子孫の中で一番椎葉に来たかったのは多分私だから。


明日締切のイラスト、守れるかどうか微妙...ということで写真を整理してアップする時間ありません。
というか、旅行の荷物もそのまま、食事もシェフ任せ、そのシェフも草刈りなどで忙しく、結局すき家とかスシローという栄養面で首をかしげる食事が続いています。
まともにやってるのは猫たちの世話くらい。
フーちゃんは以下の理由からチビトラに苛められることなく無事猫の館内で自由行動できるようになりました。
ただ今発情中、それで捨てられたようです。
そしてチビトラとカラがフーちゃんの首筋を咬んで組み伏せています。
みんな虚勢してるのに?
その気は失せないようです。


旅行から帰った早々、WiFiの機種変更に行きました。
そしたら新規契約にする方が早い、と言うのでその場で持って帰って繋いだら、またまたネット環境が快適になりました。
ネット閲覧が速いだけじゃなくメニュー画面がとても見やすくPCとの接続も速い。
おまけにカラーをPCとお揃いの赤にしたので感じいいです。
次はタダでもらって長年お世話になったiPadも最新のものに換えようかなと思います。
何しろ薄い、軽い、写真も撮れる、のは魅力です、デザインは古い方が好きだけど。
そう、お月様と交信しているチビトラが持ってる、第1世代のiPadです。

ガラケーとiPadをスマホ一本にまとめることも聞いて見ましたが、最新の機種でも画面が小さすぎて今回もパスしました。
みんなよくあんな小さな画面でネットするよー。
私の場合、画面が小さいと大事な情報を見落とす危険が増すので絶対NGです。





旅行中です

| コメント(2)

宮崎県椎葉村へ二泊三日の旅行をしていてただ今帰りのフェリーの中です。
肝心の日はよりによってあいにくの雨、しかも割と結構な雨量T^T
これはもう一度来なさいという天の思し召しかも。


このところ不思議に感動の自然現象続き、今回も2つの珍しく素晴らしい自然の姿を見ました。
一つは小鳥、もう一つは星座に関することです。

小鳥のことはまた次回、画像を載せます。
何の鳥かご存じの方、教えて下さいー。


シェラトングランデオーシャンリゾートに宿泊したのですが、夜中にカーテンを開けてビックリ、真ん前に大きく横たうサソリ座の全体像が目に飛び込んで来ました。
南に高い山のあるところに住んでいるので、いつもシッポが欠けていたりぼやけている事が殆ど、文句なしに水平線上に高く昇った全貌は初めて目にする事ができました。
宮崎県の人はこんなサソリ座が見られるんですねー。

おりしも東の空からオレンジ色の月も昇って来て、波静かな太平洋上に光を落とした光景も見られ、カメラでバチバチ激写、でも夜景をうまく撮れませんでした。

帰ったら猫たちの世話とイラストですーー。

拾った翌朝早速ウイルス検査、結果はFIV、FeLVともにマイナスで一安心でした。
次の日15日はまた大阪へ出かけるので、その間フーちゃんをどこへ置いておくかが頭痛の種、結局猫の館二階のケージへ入れて置くことに。
フーちゃんはとてもお利口にケージの中でじっとして、トイレもきちんと出来ることを確認、ほっとしました。
チビトラやカラたちが外からおしっこをかけて、フーちゃんの食器にかかると可愛そうなので、ケージの半分を遮光ネットで覆いました。
このケージは茶の介が使っていた三階建てのものを横に倒して置いたもので、かなりの広さがあります。

保護猫が1匹増えたので、留守中トッピーを格納する部屋がなくなり、またまた頭が痛い問題。
結局車の中に入れておくしかないので、車を涼しい木陰に停めて、15日朝は高速バス乗り場までバスで行くことにしました。

15日、シェフと二人で高速バスで大阪へ、またまたこぬか雨の1日でした。
留守中外へ出られなくても猫たちの不満が溜まらないのでとても気が楽。
用事だけ済まして、日付が変わらないうちにまた二人で帰宅。シェフは何しに行ったんじゃ~、というと植木の水遣りです。

色々やらないといけない事が山積しているのに春になってからホントに目まぐるしい日程続きです。
あとは19日から2泊3日で宮崎へ出かける予定があって、それが終わればやっと一段落です。


今朝のフーちゃん、猫屋敷前の庭を探検中。

hu-201405161.jpg

hu-201405162.jpg

今は猫屋敷のかごの中でお昼寝中です。
おばちゃん、お姉ちゃんたちも特に排斥する様子もなく、あとはフーちゃんさえ環境に慣れれば無事共存できそうです。
良かった良かった。

久々の拾い猫

| コメント(4)
しちゃいました。
家の前に捨てて行かれるだけでは飽き足らず、自ら進んで拾う処置なしな夫婦。
今夜、すき家に牛丼食べに行った(貧しい食生活)後、スーパーに寄って、車から降りたとたんにかすかな猫の鳴き声が。
見るとすぐ前の宝くじ売り場のところにか細い猫影がウロウロしている。

買い物から猫の救出にあっさり目的変更。
「えさ持って行かんとあかんのちゃうか」(コテコテの大阪弁)というシェフに「取りあえず、寄って来るかどうか見てみる」と言って近づくと、何とまっしぐらに私の方に駆け寄って来ました。
少し痩せた中猫、アメリカンショートヘアっぽい。
私を見て駆け寄って来たのはチビトラに次いで2匹目、得難い子です。
もうこの瞬間にうちの子。

車の中にはトッピーがいるので、咬まれては大変、シェフにトッピーを抱いてもらって、その子を後部のトッピーのご飯のあるところに入れると、お上品に黙々と食べ始め、発車して家に着くまで10分ほどの間、鳴きもせずただひたすら食べ続けていました。

確認すると女の子でした。
さて、どこにかくまえばいいのか。

猫の館に入れたら女の子にきついチビトラとカラが苛めるに違いないし、猫屋敷に連れてきてもクロリーやニコちゃんも結構きつい。
やむを得ず猫の館の二階のケージに入っていてもらうことにしました。

案の定、チビトラ、カラ、トムが取り囲んで、アメショちゃんは「フーッフーッ」
あ、名前は「フーちゃん」にしました。
フジというスーパーで拾ったので。

人間に対してはとってもおとなしい良い子です。


連休も終わり

| コメント(2)
爽やかな五月晴れの連休明けです。
色々がんばらねば。

という気持ちとは裏腹に、いつものように隔離猫さんたちを心地よい木陰に出してやってまったりさせてます。
もう日向ぼっこはほんの1分程度、みんな日陰を求めて潜り込みます。夏は来ぬ、だなあ...
またぞろ猫の館の屋上に遮光シートを敷く段取りをせねばなりません。
冬の間地面に積み上げておいたのですが、チビトラはじめ皆さんがそこで大小やってくれてるので、日向に引きずり出して日光消毒、雨に当てて洗い流しを暫くしてからでないと屋上へ運べません。
逆に考えれば、これは猫トイレアイテムとしてはかなり快適な使い心地のようです。
足は濡れないし、カキカキも思いっきりできるし。
でも人間としては後始末がねえ...


環水平アークの写真をもうちょっと。

ちょうどこの光の中へ飛び込もうとする飛行機がありました。
パイロットは何ともラッキーな人ですね。
20140504arc.jpg

太陽の写っている写真も。
これは目をつぶって撮りました。ケータイのレンズ壊れないかと心配しつつ。

20140504riyun3.jpg


この現象について、とても詳しく分かりやすい説明をしてくれてるブログがありました。
気象予報士&防災士の方のブログです。
その中のこのページ↓

環水平アーク 2004.5.12



猫屋敷の中庭でたくさんのタケノコがまたニョキニョキ出ていたので、ポキポキ折ってバケツいっぱいの収穫になりました。
タケノコ食べ過ぎで何か害がないのか、ちょっと心配です。
食べなくても折っておかないと庭に入れなくなります><
繋いでいる猫のヒモが絡まるし。
竹はきれいだから、とシェフは引越先でも植えたいようですが、竹は地滑り防止にもならないし、私としては却下です。


3日と4日、引越先へ行って来ました。
前回からほぼ一ヶ月、生い茂る雑草から季節の進み具合が...。

20140504sanso.jpg

目的は草刈り。
シェフは刈り払い機で、私は手と鎌で。

そしたら何と今回はいくつもの珍しい自然現象に巡り会うことが出来て感激です。

何と言っても圧巻はこれ、環水平アーク。
残念、出がけにカメラ持って来るの忘れた~。なのでケータイ写真です。

20140504riyun2.jpg

到着した翌日5/4、朝早く目覚めてひとしきり雑草引きをした後、お昼にインスタントラーメン食べてくつろいでいると、シェフの肩越しに窓から見える空にピンクとか黄色の色が見える。
きっと彩雲だ、と二人で外へ飛び出し、見晴らしのいい場所まで出てみると、何と~びっくり!!
シェフも私も何十年も生きてますが、こんなの生まれて初めて見ました。

虹と逆の曲線...こりゃきっともう一つどこかにあるんじゃないか、と探してみると

20140504riyun.jpg

頭の真上、太陽の周りにありました。これは日暈?
暈が現れると強風が吹く、と言いますが、案の定夕方すごい風が吹きました。

その後東の空にはこんな面白い雲が。

20140504yuncai.jpg

まるでイラストみたいです。これは綿雲?羊雲?(羊と言えば来年の猫カレ扉絵にかからねば)

さらに日が落ちると、昇って来た6日の月のそばに小さな星が寄り添ってこれもまた美しい光景でした。

家の方も放っておけないので、この日夜遅く私一人だけ帰宅。
シェフはトッピー、シャム兄と一緒に山ごもりです。

途中コンビニに停まってアイスを食べてトンイを見て(何と最終回、次はイギリスのドラマ?韓国ドラマはもう打ち止め?最近の日韓関係の影響でしょうか)、その後4時間ほど車中で爆睡。


もう明るくなった5時前に目覚めると雨がポツポツ、ふと地面を見ると小鳥が留まってる。
その周りを二羽のツバメが飛んでいたので、これは子ツバメが地面に落ちたのか、助けねば、と思っていると、子ツバメは飛びたって私の車の真ん前にある巣に飛び戻りました。


20140504yanzi.jpg

子供は3羽いて、次々とお互い誘い合って巣から飛び出し、私の車の周りを回って地面に着地してみたり、また巣へ戻る、を繰り返しました。
見ていると飛行距離がだんだん長くなって行きました。何と、子ツバメはこうやって巣立ちの練習してるのです。

まだ5月になったばかりでもう子ツバメが巣立つ?!
今年は自然界の季節の進み方がすごく早いように感じられるのですが、ツバメの子育ても例年より早いのでは?

この様子を見ている最中に東京方面で震度5弱の地震とのニュース。
環水平アークを見ながらシェフと、まさか地震の前兆じゃないよね等と話し合ったものでしたが。
関東の皆様、お怪我などなかったでしょうか。



気になる結果を

| コメント(2)
公表したからと言っても決してオススメしている訳ではありません。
アレルギーとかもありますから、めったやたらな事を他人様には勧められません。

タケノコの糠汁、何万もする何たらリンクル(サンプルで試したことありな人)よりずっと歴然とした効果ありましたよー。
ミカン皮と並ぶエコロジー&エコノミー美顔術がまた増えました。
ん十年後の結果が楽しみなような、怖いような。


超久々、美容ネタ

| コメント(0)
安くてお手軽な美容法発見!
安いというより、廃棄物有効利用で、手軽とは言え季節限定になりますが。

今年はどういう風の吹き回しか、生まれて初めて自発的に生のタケノコを糠であく抜きして10本ほど食べました。
これまでは家族が買って、私は手伝う程度でしたが、今年はタケノコが安くて、何と一昨日はかなりの大きさの物が一本100円!これはいくらズボラーでも買いでしょ。

幸い大量の皮を捨ててもどうってことない草ボウボウの庭がある。
都会暮らしの人はこれゴミに出すんでしょうが、大変ですね。

大量にゆであげたものを半分は私が市販の出汁でワカメと一緒に煮たけど、味はイマイチ、残りはシェフにおすがりしてプロの味にしてもらいました。
(シェフシェフと呼んでいますが、本職ではないのですよ。習ったりバイトしてたとかいうこともありません。人間、何の才能があるか分からないものですねえ。)

そろそろ察しがついた方もおられるかも知れませんが、そのあく抜きに使った糠水。
これが今回のアイテムです。

これまでは冷めてから庭に肥料として撒くのですが、今回、まてよ、と思って手を浸けてみると、何とヌルヌル、ツルツル。
実はタケノコに付いていた糠だけではあく抜きがイマイチ十分出来ないので、今回は少量の重曹を加えていたのです。

そこで風呂場へ持って行って、両手ですくって顔を洗ってみると、これも見事にスベスベ、しっとり。

これは捨ててたまるものかと、空きペットボトルに全部詰めて、スパに持って行って使いました。
糠よりもタケノコの匂いがプンプンでした^^;;

昔の人は糠袋を使ったんだし何も新発見ではありませんね。
残りは冷凍しておいたので暫く使えます♪

糠はともかく重曹を顔に塗るか、とシェフは賞賛と呆れの混じった「えらいなあ」という感想を述べましたが、重曹の美肌効果はもはや周知の事実?

前にミッチーのケガを治そうとして褥瘡治療用の高価な塗り薬を買ったのですが、その主成分が重曹で、皮膚に良いことは知っていました。
自分で重曹と酢(確かお酢だった)を混ぜて泡立ったところを顔に塗ってみたこともありましたが、これもとても効果ありました。

やってみられる方は自己責任でお願いしますー。
何しろ私の表皮で一番強いのは顔の皮膚ですから。


話は全然変わって。
軽トラダンプ 4WD AT車が欲しいー。予算30万^^;;
ネットで探したら遠方にあることはあるんですが。
引越荷物、細々運ぼうかと思って。
何事も細々としか出来ない定めのようです。





このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261